男性の肌について

【ついに解決】肌のくすみを消す方法!


くすみができてしまう原因

肌が黒ずんでしまい汚く見えてしまったり、顔色が悪く見えてしまう原因になってしまう「くすみ」。

若いころは全く気にしたことがなかったのに、30代を超えたあたりから急に顔色が悪くなったように見えてきたり、部分的に黒ずんでしまったり、目の下のクマが消えなくなってきたりすることで「肌のくすみ」が出来るようになってきます。

「くすみ」や「クマ」が出来てしまうと、見た目年齢が一気に老けた印象になってしまうので、早く改善したい問題です。

「くすみ」が出来る原因には

  • メラニンによるもの
  • 血行不良によるもの
  • 糖化による黄ぐすみ
  • 汚れの蓄積によるもの

この4種類の原因があり、それぞれの「くすみ」が出来るまでの原因や、効果的な「くすみ」の治し方も異なる部分があるので、1つ1つ分けて説明をしていきます。

クマについての詳しい説明は【顔の印象を大きく変える!】目元のクマを消す方法をご覧ください。

メラニンによるくすみ


紫外線

メラニンによる「くすみ」を作ってしまう原因は「紫外線」です。

日焼けをしたときに肌の細胞を守るために、人間は大量のメラニンを生成します。

この大量に発生したメラニンが、肌の内部に残ってしまうことで「くすみ」が出来てしまいます。

年を重ねるにつれてターンオーバーが乱れてくるので、肌の新陳代謝が悪くなっていき、メラニン色素が残っている細胞が排出されなくなってしまうので、年々紫外線による「くすみ」が出来やすくなってきます。

紫外線については【必見!】日焼け後の正しいケアで老化を防ぐでも詳しく説明しています。

血行不良によるくすみ

血行不良による「くすみ」には、細胞に充分な栄養が届かなくなってしまい、ターンオーバーが正常に行われなくなって、古い角質が残ってしまうことであらわれる「くすみ」と、血流が悪くなり血管の赤みが失われて、肌が黄色みを帯びてしまう「くすみ」があります。

目の下にできるクマは、血行不良による「くすみ」の代表的なものであり、目の周りは皮膚が薄く、流れが悪くなった血管の色がそのまま見えてしまうようになります。

冷え性、喫煙、慢性疲労、寝不足が続いてしまうと、血流が悪くなりやすく「くすみ」が出来やすくなります。

また血行不良による「くすみ」が症状としてあらわれているときには、自律神経にも乱れが出ていることが考えられます。

自律神経が乱れて交感神経が優位になると血管を縮ませてしまうので、血流が悪くなりやすくこちらの改善も必要になります。

糖化によるくすみ

糖化は「くすみ」を生み出すだけでなく、老化を早めてしまう厄介な現象です。

糖化とは、肌をはじめとした体のほとんどを構成するタンパク質に糖質が結びついてしまい、タンパク質が劣化し「AGEs」という物質に変化してしまう現象です。

この劣化したタンパク質が体内に蓄積されていくと、肌全体が黄色くくすんだ色に変化してしまいます。

また肌のハリを作るコラーゲンを破壊してしまい、弾力のない肌、しわやたるみ、潤いのない肌、これら全ての現象が起こりやすくなってしまいます。

糖化をはじめとした老化現象については【老化を感じるようになったあなたへ】周りと差がつくアンチエイジング法をご覧ください。

汚れの蓄積によるくすみ

毛穴に汚れが詰まることで「くすみ」が出来てしまいます。

毛穴の奥に詰まってしまった汚れや皮脂が酸化すると、黒ずんでしまい、この汚れが増えてしまうと、顔全体がくすんで見えるようになります。

この汚れが詰まってしまう原因は「毎日の洗顔で充分に汚れを落としきれていない」ことです。

特に夏場は、汗や皮脂が大量に分泌されやすいため、汚れがたまりやすいので「くすみ」が出来やすい季節として注意が必要です。

詳しい洗顔方法については【徹底解説!肌に優しい洗顔方法】洗顔方法が変われば肌が変わるをご覧ください。

基本的なくすみの改善方法

肌の「くすみ」を落とすためには、肌の新陳代謝が正常に行われることが重要です。

古くなって色がくすんでしまっている細胞を、外に排出して新しい細胞を作ることで「くすみ」の原因になっていた部分をなくしてしまうのです。

また肌の調子が乱れて「くすみ」が出来ているので、整えるためにスキンケアをすることも効果的です。

基本的な「くすみ」の改善は、肌の新陳代謝であるターンオーバーを、いかに正常に戻すがカギになります。

メラニンによるくすみを治すポイント

メラニンによる「くすみ」は、まず紫外線を防いで予防を始めることが大切です。

日焼け止めで紫外線対策をすることで、メラニンが肌の中に作られる量を減らすことが出来るので「くすみ」が出来ないようにすることが出来ます。

では、メラニンによる「くすみ」がすでに出来てしまっている場合の改善方法とは、ターンオーバーを早めてメラニン色素を排出すること、美白効果のある食べ物やスキンケア用品でメラニンの生成を抑えること、肌に潤いを与えることの3つがあります。

ターンオーバーは、基本的な「くすみ」の改善で説明した通り、過剰に生成されたメラニンを外に排出することで「くすみ」をなくします。

年齢とともにターンオーバーのペースが遅くなって、40代のころには20代のころの倍ほどの期間がかかるようになってしまうので、年齢にあわせたスキンケアで、正しい周期のターンオーバーを目指しましょう。

次に、美白効果でメラニン色素の生成を抑えることで「くすみ」が出来にくい肌を作ります。

スキンケア用品に含まれる美白効果のある成分には

  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン
  • プラセンタ
  • アルブチン
  • トラネキサム酸

などがあります。

この中でも「ビタミンC誘導体」と「ハイドロキノン」はメラニンの生成を抑えるだけでなく、すでに出来てしまったメラニン色素を薄くする効果もあるため、メラニン色素による「くすみ」に対する効果が高い成分です。

ただし、この2種類は敏感肌や乾燥肌で肌トラブルが起こっている人には刺激が強く、肌に合わないこともあるので注意してください。


リコピン

食べ物で美白効果のある栄養素は

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 鉄分
  • リコピン

などが効果的です。

ビタミンCはスキンケア用品に含まれるビタミンC誘導体と同じく、メラニンの生成を抑えるとともにすでに出来たメラニン色素を薄くしてくれる効果があります。

ただしビタミンCは、ストレスや運動でも消費される栄養素なので、ストレスがたまっている人や運動をする習慣のある人は、少し多めに摂取する必要があります。

ビタミンCが多く含まれる食べ物には「パプリカ」や「レモン」「ゆず」などがあります。

次にビタミンEには、メラニンの出来る原因になる活性酸素を抑える役割があります。

またビタミンEは、ビタミンCと一緒に摂取することで活性酸素を抑える力が高まります。

ビタミンEが多く含まれる食べ物にはアーモンドをはじめとしたナッツ類、マーガリンやオリーブオイルなどの油脂類があります。

次に鉄分には、活性酸素を除去するために必要なカタラーゼという酵素を体内で作る働きがあります。

鉄分は食事からでしか摂取することが出来ないうえに、現代人が不足しがちな栄養素の1つです。

鉄分が多く含まれるものには、レバーをはじめとした肉類や煮干しなどがあります。

最後にリコピンは、メラニンが過剰に生成されるのを防ぐ役割があります。

リコピンは紫外線によるダメージに対する効果が非常に高く、食べる日焼け止めとまで言われることがあります。

リコピンを多く含むものは「トマト」「スイカ」「ピンクグレープフルーツ」などがあります。

食事に気を遣うことで、メラニンによる「くすみ」を大きく改善できます。

血行不良によるくすみを治すポイント

血行不良による「くすみ」を改善するには、血流を良くすることが一番効果的です。

血流を良くするために重要なことは、体を温めることです。

具体的な方法としては

  • 運動をする
  • お風呂にゆっくりつかる
  • 血行を良くする食べ物を取る

これらの方法があげられます。

運動をすることで心拍数が上がり、血流が良くなる効果と体温を上昇させる効果が期待できます。

また筋肉が鍛えられることで、血を送り出す力が強くなります。

次にお風呂につかることで、血管が拡張され血液の循環がスムーズになります。

お風呂の効果を最大化するためには、少しぬるめのお湯に長時間入ること、炭酸ガスを含む入浴剤を使用することがおススメです。

血行を良くする食べ物は「生姜」「ニンジン」「玉ねぎ」などが有名です。

生姜には血管を拡張する効果と体を芯から温める効果があるので、血流を良くするのに効果的です。

ニンジンや玉ねぎのような根菜類には食物繊維が多く含まれ、血液をサラサラにして血流を良くする効果があります。

寒い地方の地中で育つ根菜類には、体を温めてくれるものが多いので、積極的に食べることをおススメします。

糖化によるくすみを治すポイント

糖化による「くすみ」はメラニンと同じく、原因となる劣化したタンパク質が出来ないように予防することが大切です。

糖化が起こってしまうのは、体内に糖が多すぎて余っていることが原因です。

具体的な糖化を予防をする方法は

  • 糖分が多い菓子類を取りすぎないこと
  • 体内で糖に変化する米やパンなどの炭水化物を取りすぎないこと
  • 炭水化物を食べる前に食物繊維を含むものを食べる
  • 運動をする習慣をつける
  • 1日6時間以上の睡眠をとる

これらの方法を用いて糖化を防ぐことができます。

体内に余ってしまう糖を減らすためには、GI値が低い食べ物を普段の食事に取り入れることで改善できます。

GI値が低い食べ物は体内に糖が吸収されにくいため、余分な糖が体内に残りにくくなります。

そして、食物繊維を含むものを炭水化物などの糖に変化する食べ物の前に食べると、糖の吸収を抑えることができます。

さらに糖は体を動かすために必要なエネルギーなので、適度な運動をして糖を消費することで、余分な糖が体内に蓄積されにくくなります。

最後に、睡眠時間を6時間以上とることで肌の代謝があがり、タンパク質が糖化してしまった「AGEs」が含まれる肌を排出することが出来ます。

質の良い睡眠をとることで、糖化を予防することも改善することも可能です。

これらの習慣を身につけて、糖化を予防していくことが大切です。

すでに糖化をしてしまっている場合の改善は、タンパク質が別の物質に変化している状態なのでかなり難しいです。

なので、糖化した肌をターンオーバーで排出できるように糖化を抑えることを心がけましょう。

汚れの蓄積によるくすみを治すポイント

汚れによるくすみを治す際に一番重要なのは、正しい洗顔方法で汚れを落とすことです。

洗顔をやり過ぎて皮脂を落とし過ぎることも、乾燥肌をひきおこすためよくないのですが、普段の汚れが毛穴に残ってしまい酸化すると「くすみ」の原因になる頑固な汚れになってしまうので、落としにくくなります。

詳しくは【絶対にあなどってはいけない!】洗顔の見直しから始まるスキンケアで説明しているので一度ご覧ください。

また、古い角質による汚れた「くすみ」はピーリングで落とすことが可能です。

ピーリングは、古い角質をフルーツ酸などの優しい酸で溶かしてしまうものです。

古い角質が取り除かれることで、ターンオーバーを正常にすることを助けることが出来ます。

また、古い角質を落とすことで角栓や毛穴の黒ずみを防ぐことにもつながるので、予防にも役立ちます。

ただし、ピーリングのやり過ぎは逆にターンオーバーを早め過ぎてしまい、乾燥肌や敏感肌になってしまうので、週に1回以上は行わないでください。

まとめ

4種類の「くすみ」をの原因と改善方法を説明しましたが、いかがだったでしょうか?

自分のくすみにあわせた対策ポイントを抑えながら「くすみ」を消していきましょう。

間違えたケアをしてしまうと「くすみ」がひどくなってしまうことや、シミが出来てしまうことにもつながってしまうので、気をつけましょう。

男性の肌について徹底的に研究し
「保湿」「整肌」「エモリエント」「エイジングケア」に特化した「40種類以上の保湿美容液成分」をたっぷりと配合!!一本完結の【メンズオールインワン化粧水NOTOMANIA8(ノトマニア8)】を是非一度お試し下さい。