男性の肌について

【徹底解説!肌に優しい洗顔方法】洗顔方法が変われば肌が変わる

Pocket
LINEで送る


洗顔はスキンケアの基本
良いスキンケア用品を使っているのに効果が分からない。。。

色々なスキンケア方法を実践しているのになかなか効果に繋がらない。。。

とお悩みの方、もしかすると肌の状態が良くならない原因は、スキンケア用品を使用する前の「洗顔方法」が間違えているかもしれません。

「洗顔方法」を間違えてしまうと、肌を傷つけてしまい「脂性肌」もしくは「乾燥肌」に悩まされることになってしまいます。

スキンケアの基礎である「肌に優しい洗顔方法」を身に着ければ「いちご鼻」や「ニキビ肌の改善」も夢ではありません。

「本当に肌に優しい洗顔の方法」を学んで、最高の肌を手に入れましょう。

なぜ人は洗顔をするのか


洗顔
毎日の生活の中で、何気なく取り組んでいる洗顔ですが、洗顔という行為には「酸化した皮脂を落とす」事と「汗やほこりといった汚れを落とす」といった目的があります。

我々が生活している間に顔から皮脂が分泌されます。

すると、汗やほこりのような汚れが付着して「毛穴」が詰まってしまい、菌が増殖しやすい環境が出来てしまいます。

このまま顔を洗わずに放置してしまうと「ニキビ」や「吹き出物」が出来てしまったり、ターンオーバーが正常に行われなくなってしまい「肌荒れ」が起こってしまうのです。

ニキビについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

ニキビ跡を完全に消す!今日からできるたった1つの方法!

男性にありがちな間違った洗顔方法

「肌に優しい洗顔方法」でなくては、逆に肌を傷つけたり、さらに調子が悪くなってしまいます。

よくある間違った洗顔方法の中でも、特に男性にありがちな「間違った洗顔方法」をあげてみましょう。

  • ゴシゴシと力強く洗ってしまう
  • 熱いお湯もしくは冷水で洗っている
  • タオルでゴシゴシとふいてしまう
  • 刺激の強いスクラブ入りの洗顔料をしっかりと泡立てないで使っている
  • 1日何回も洗顔をしてしまう

これらの方法で洗顔をしてしまうと、肌が傷ついてしまったり「脂性肌」や「乾燥肌」がひどくなってしまう可能性があります。

洗顔に強い摩擦は絶対にダメ


摩擦はダメ
洗顔時やタオルドライの時に、力強くゴシゴシと摩擦を与えてしまうと、肌の表面にある「角質層」に大きなダメージを与えてしまいます。

角質層が傷ついてしまうと「乾燥肌」になってしまうだけでなく「敏感肌」になってしまうリスクも出てきます。

刺激の強いスクラブ入りの洗顔料は、通常の洗顔料よりもしっかりと泡立てて「優しく泡で洗うようなイメージ」でないと、スクラブにより角質層が大きく傷つけられてしまいます。

角質層が傷ついてしまう事で、そこから菌が侵入し「肌荒れ」や「ニキビの原因」になってしまう事もある為、注意が必要です。

敏感肌についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

【肌が弱い人必見】敏感肌になる原因と効果的な改善法!

熱いお湯や冷水での洗顔もダメ


水やお湯
熱いお湯で洗顔をしてしまうと、過剰に皮脂を落としてしまう事になり「乾燥肌や脂性肌の原因」になってしまいます。

皮脂は「約30℃程度のお湯」であれば、浮かして洗い流すことが可能だと言われています。

必要以上に熱い「40℃以上のお湯」で洗顔してしまうと、皮脂の取りすぎによる乾燥や、皮脂の過剰分泌を誘発してしまいます。

逆に「冷たい冷水」で洗顔をした場合は、皮脂汚れが浮き上がりにくく「細菌の増殖による肌トラブル」が起こってしまう可能性があります。

さらに冷水には「毛穴を引き締める効果」があるため、洗顔前に冷水で顔を洗ってしまうと、毛穴が閉じてしまって、毛穴に詰まった汚れを充分に洗い流すことも出来なくなってしまいます。

洗顔回数を増やすのもダメ


洗顔回数を増やすのはダメ
皮脂の量が気になるからといって「洗顔の回数」を増やす事は良くありません。

肌は皮脂がある事で、外部からの刺激から肌を守ったり、水分の蒸発を防いでいます。

洗顔を何度もする事により、皮脂を落とし過ぎてしまうと、肌は皮脂が足りていないと勘違いして、より皮脂を分泌するようになってしまいます。

つまり「余計に脂性肌がひどくなってしまう」悪循環を起こしてしまいます。

脂性肌についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

【ベタつき、テカリはもういらない!】男の脂性肌を治す方法!

間違った洗顔による肌トラブル

間違った洗顔方法を続けてしまうと「ターンオーバーの乱れ」を引き起こします。

ターンオーバーの乱れは、

  • シミ
  • しわ
  • くすみ
  • 敏感肌・乾燥肌

これらの肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。

ターンオーバーは加齢とともに周期が長くなっていくため、間違った洗顔を続けていると、年々肌トラブルが解消されにくくなっていってしまいます。

そのため、早めに「洗顔の改善」に取り組む必要があります。

肌に優しい洗顔方法とは

本当に肌に優しい洗顔の方法は、

  • ①手を洗う
  • ②ぬるま湯で顔を洗う
  • ③洗顔料をよく泡立てる
  • ④おでこから小鼻までのTゾーンを洗う
  • ⑤頬を洗う
  • ⑥目の周りや口などの皮膚の薄い部分を洗う
  • ⑦タオルで優しく拭く

以上のステップになります。

さらにこだわって洗顔に取り組みたい場合は「顔に蒸しタオルを載せて30秒ほど置く」と、より毛穴を開くことができ、毛穴の汚れをキレイに落とす事が出来ます。

時間が空いてしまうと、せっかく開いた毛穴が閉じていってしまうため、洗顔を行う直前に蒸しタオルを使いましょう。

洗顔前に手を洗う理由


洗顔前の手洗い
洗顔前に「手を洗うこと」は洗顔の効果を上げる為に必要です。

手にはたくさんの雑菌がいます。

体の中で「最も色々な所に触れる部分」であるため、手には様々な種類の雑菌が付いており、トイレの床よりも汚いのです。

この大量の雑菌が顔に付いてしまうと、せっかく洗顔をしても「ニキビや吹き出物」「肌荒れ」を起こす原因になってしまいます。

洗顔前にしっかり手を洗うことは「洗顔の基本」と言えるでしょう。

ぬるま湯で顔を洗う


ぬるま湯で顔を洗う
「32℃~35℃くらいのぬるま湯」が洗顔には最適とされています。

この時に顔についたホコリなどを落とし、毛穴を開いて洗顔の効果を上げる準備をしています。

そのため、サッと濡らすだけでは「毛穴を充分に開く事が出来ない」ので注意してください。

また40℃以上の高温のお湯で洗ってしまうと、必要以上に皮脂を取りすぎてしまうため「乾燥肌の原因」になるので注意しましょう。

毛穴の開きについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

毛穴の開きに要注意!毛穴のトラブルを解決する方法!

洗顔料をよく泡立てるためのポイント


洗顔料の泡立ち
洗顔料をよく泡立てることで「肌への摩擦」が軽減できます。

泡立てがしっかりと出来ていないと、肌の角質層を傷めてしまい「敏感肌」や「肌荒れ」といった「肌トラブルの原因」につながります。

泡立てのコツは「水と洗顔料のバランス」と「空気を入れるように泡立てること」です。

「水と洗顔料のバランス」は、水が多すぎるとシャバシャバになり、少なすぎるとねっとり感が残ってしまうので、徐々に水を足していくことで「最適な状態」が作り易くなります。

そして、洗顔料を出した方の手のひらを「器状」に軽く曲げておき、反対側の指の腹で「空気を入れる様に細かく泡立てる」ことで、モコモコとした細かい泡を作ることが出来ます。

手で洗顔料を泡立てる事が苦手な方は「泡立てネット」を使用すると、簡単に上質な泡を作る事が出来るので、おすすめです。

「泡立てネット」で泡を作る場合も「泡立てネット」に水を含ませて、泡が零れ落ちないように両手で優しく包み込みながら泡立てます。

なかなか泡立ちが悪いと感じた場合は「水が足りていない」ので、少しずつ水を足していきましょう。

Tゾーンから顔を洗う理由

おでこから小鼻にかけての「Tゾーン」は、顔の中でも「最も皮脂が分泌されている部分」であるため、最初に洗います。

頬などの他の部分に比べて「皮脂の分泌量は約2倍」ほどもあり、「テカリ」「いちご鼻」「ニキビ」など、皮脂によるトラブルが多くみられる部分です。

特に「黒ずみ」が残りやすい小鼻の部分は、たっぷりのきめ細やかな泡で、こすりすぎないように優しく洗いましょう。

この時に、ぬるま湯で毛穴をしっかりと開けていなかった場合は、汚れをしっかりと落とす事が出来ないので、注意しましょう。

毛穴の黒ずみについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

【しつこい毛穴の黒ずみを消す】3つの原因と効果的なケア方法とは!

頬を洗う時の注意点


頬を洗う際の注意
頬はTゾーンと比べて「皮脂分泌量が少ない」ため、Tゾーンよりも優しく洗う必要があります。

さらに頬の毛穴は、乾燥してくると、より目立つようになってしまうので「皮脂を取り過ぎない」ように心がけましょう。

しかし、洗い残しにより「毛穴に汚れが詰まっている」と、毛穴が黒ずんで、より目立ってしまうので「きめ細かい泡で優しく洗ってあげる事」「事前に毛穴をしっかり開いてあげる事」は、Tゾーンと同じく重要です。

目元や口元はデリケートな部分なので注意


目元の洗顔
「目元」や「口元」は、他の部分と比べて「皮膚が薄くデリケートな部分」です。

特に「目元」は、頬と比べて皮膚の薄さが「約10分の1ほど」なので、強くこすって洗ってしまうと「しわ」や「たるみ」の原因となってしまうため、優しく洗ってあげることが必須です。

また、皮脂の分泌量も非常に少なく乾燥しやすいため、注意しましょう。

洗顔後のタオルドライは優しく丁寧に


正しいタオルドライ
洗顔後のタオルは「清潔なもの」を使わないと、せっかくきれいに洗った顔に雑菌が大量についてしまいます。

さらに、硬くゴワゴワしたタオルを使って顔を拭いてしまうと「角質層のダメージ」につながってしまうため「柔らかいタオル」を使うこともポイントです。

柔らかさが長持ちするタオルで、おススメの物は「レーヨン」「ピコマットン」「エジプト綿」などを使用したタオルです。

また、タオルを強く絞ってから干している人は、生地が固まって「硬くゴワゴワしたタオル」になってしまうので注意しましょう。

肌に優しい洗顔方法で肌トラブルを解決

「肌に優しい洗顔方法」を日ごろから行うことで「ターンオーバーが正常化」する事や「洗顔後のスキンケアの効果を最大限に引き出す事」が出来るようになります。

逆に洗顔をすることなく「汚れ」や「老廃物」が肌に残ったまま放置していると、古くなった角質がたまっていって「くすみ」の原因になったり、毛穴に汚れが詰まって、そこで雑菌が繁殖してしまうと「ニキビ」や「肌トラブル」を引き起こす原因になってしまいます。

「肌に優しい洗顔方法」が出来ていると「汚れ」や「老廃物」「皮脂」がなくなるため、化粧水や乳液といったスキンケア用品が、肌の奥までしっかりと浸透しやすくなります。

このため「ニキビ」や「アンチエイジング」といった、悩みに合わせたスキンケア用品の効果を「最大限に引き出す事」が出来るのです。

アンチエイジングについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

【20代が老化の分かれ目!】老けない男になるためのアンチエイジング

肌に優しい洗顔方法のまとめ

スキンケアのファーストステップとなる「洗顔」には「スキンケア用品の効果を最大化させる役割」「皮脂や汚れが原因となって起こる肌トラブルを予防する効果」があります。

間違った洗顔方法のままだと、肌を傷つけることになり、肌トラブルの原因となってしまっている事もあります。

「本当に肌に優しい洗顔方法」を心がけて、肌トラブルの無い、キレイな肌を手に入れましょう。

Pocket
LINEで送る