洗顔男性の肌について

メンズにおススメ!肌質に合わせた洗顔料の選び方!

洗顔は1日で顔についた汚れや余分な皮脂を落とすのに必要なスキンケアです。

顔を汚れや皮脂、汗が残ったまま放置し続けると毛穴に汚れがつまってしまったり、皮脂や汗が酸化してしまったり、角栓がつまってしまったりと様々な肌トラブルに悩まされることになります。

お湯だけでも充分汚れが落ちているように感じますが毛穴の奥に詰まった汚れや酸化した皮脂や汗、角栓はお湯だけだでは落とすことができません。

特に皮脂量の多くベタつきやテカリの出やすい男性にとっては洗顔で顔の汚れを毎日落とすことは見た目を清潔に保つためにも、若々しい顔を保つためにも欠かすことができないスキンケアになるのです。

男性のスキンケアに洗顔は欠かせない

男性の肌は女性と比べておよそ3倍の皮脂分泌量があり、毛穴も大きいため汚れがたまりやすくニキビや吹き出物といった肌トラブルになりやすい特徴があります。

水やお湯だけで洗顔に取り組むことも乾燥肌や、敏感肌で皮脂量が少ない肌質でなければ肌トラブルにつながります。

分泌された皮脂は空気中の酸素によって酸化という反応をおこし過酸化脂質という物質に変化します。

過酸化脂質に変化してしまった汚れを水やお湯だけの洗顔で充分に落としきることは難しく、顔に残り続けてしまうとニキビの原因となるアクネ菌が繁殖してしまうエサとなるためニキビができやすい環境につながります。

さらに酸化した皮脂や汗を菌がエサとして分解する際に強い臭いが発生します。

この強い臭いの正体はオジサン臭や加齢臭であり、本人が気づきにくいが周りの人には強い不快感を与える臭いになります。

特に30~40代になるとこのタイプの臭いが発生しやすくなります。

男性にとって洗顔は見た目を清潔に保つためのスキンケアとしてだけでなく、スメルハラスメントが問題になっている昨今ではマナーとしても取り組まなくてはならないものなのです。

正しい方法で洗顔に取り組もう

男性はゴシゴシと洗ってしまいがちですが正しい方法で取り組まなければ肌トラブルにつながってしまいます。

肌を傷つけてしまうと見た目の老化を推し進めてしまうことにもつながるため正しい洗顔方法で取り組んでいきましょう。

まず手を清潔にした後、30~35℃ほどのぬるま湯で顔全体を優しく洗います。

手に汚れが残ったままだと泡がたちにくいのと、手には雑菌が多く生息しているためニキビや吹き出物を予防するためにも手は事前に清潔にしておく必要があります。

またぬるま湯で洗う際に温度が低いと毛穴が閉じてしまって毛穴の奥の汚れが残ってしまい、反対に温度が高くなってしまうと肌がもともと持つ保湿成分まで洗い流してしまうため、ぬるま湯が洗顔に最適になります。

ぬるま湯で顔を洗ったら次に洗顔料をよく泡立てます。

洗顔料は泡に汚れを吸着させて洗い流すメカニズムなのでしっかりと泡立てないと汚れを落とすことができません。

きめの細かい泡を作ることで汚れを吸着する力が上がるため毛穴の奥につまった汚れを落とすためにはしっかりと泡立てをしましょう。

手で泡立てることがうまくいかない人は泡立てネットを使うと簡単にきめ細かな泡を作ることができます。

泡立てが終わったら顔全体を泡で優しく洗っていきます。

このときに手でゴシゴシと洗ってしまうと肌にダメージを与えてしまうことになるので気をつけましょう。

泡は皮脂量の多いTゾーン(おでこから小鼻にかけて)からのせていき最後に皮脂量の少なく乾燥しやすい口元、目元にのせて洗っていきます。

長時間泡をのせていると肌に負担がかかってしまうため注意してください。

顔を洗い終えたら流し残しがないように全体を洗い流していきます。

洗顔料が顔に残ってしまうと肌荒れやニキビ、吹き出物の原因になってしまいます。

雑に流さず全体に流し残しがないことが確認できるまでしっかりと取り組みましょう。

洗顔料の種類

洗顔料は成分や作り方、目的によって形状が異なります。

それぞれ肌質や目的があって作られているため自分の肌にとって最適なものを自分で選ぶ必要があります。

今ある洗顔料の種類は

  • フォームタイプ
  • 石鹸
  • スクラブタイプ
  • 泡タイプ
  • ジェルタイプ
  • 泡立たないタイプ

などがあります。

それぞれの洗顔料の特徴を知り自分にあった洗顔料を選びができるようになりましょう。

洗顔料の主流であるフォームタイプの特徴

現在販売されている洗顔料の多くがこのフォームタイプと言われるチューブから出して使うクリーム状のものです。

泡立ちがよく保湿成分が配合されていることもあり、洗い上りがしっとりとする特徴があります。

また高価な美容成分を配合しているものもあります。

メーカーによって特徴が出てくるため、様々な選択肢があり多くの肌質、悩みに対応することができます。

ただ数多くの商品が存在するため自分の肌質と悩みにあうものを見つけるのに選択肢が多すぎて迷ってしまうかもしれません。

洗浄力も強いものから弱いもの、保湿力の高いものから低いものまで幅広く存在しているため商品によってとても差がある洗顔料のタイプです。

天然成分がメインの石鹸タイプの特徴

天然成分がベースとなって作られているのが石鹸タイプの最大の特徴です。

基本的には洗浄力が強くシンプルな配合で作られているものが多いのですが、最近では洗浄力の弱いものや保湿成分を多く配合する高価なものも出てきており肌質に合わせて選択できる幅が広がってきています。

また洗顔石鹸には泡切れがよく、流し残しが出にくいためすすぎにあまり時間をかけない人が多い男性にとっては相性が良いと言えるでしょう。

ただし天然成分を多く含んでいるためアレルギー体質の人には注意が必要です。

数年前に社会問題になった洗顔石鹸によって深刻な小麦アレルギーが発症したケースもありました。

一般の人には肌にいい成分で効果があってもアレルギー体質の人には深刻な症状を引き起こす場合があるため、原材料に注意して選ぶ必要があります。

ガッツリ汚れを落とすスクラブタイプの特徴

スクラブタイプは通常の洗顔で取り切れない毛穴の奥に詰まった汚れによる黒ずみやターンオーバーの乱れによって自然に剥がれ落ちなくなってしまった古い角質を落とすことができる強力な洗浄力を持つ洗顔料になります。

そのため肌質によって大きな効果を感じる人と肌の乾燥が進んで肌トラブルを起こしてしまう人が出たりといった風に極端に分かれてしまいます。

肌のザラツキが気になる人や皮脂が多く毛穴に汚れがつまりやすい人には最適な洗顔料で古い角質を落とすことで肌がすべすべになったり、肌のくすみが消え肌の色が明るくなったり、毛穴の黒ずみや角栓のつまりを取り除くことができたりと肌の悩みを大きく改善することができます。

しかし敏感肌や乾燥肌の人には洗浄力と肌に与える刺激が強すぎて敏感肌の症状が悪化してしまったり、乾燥肌がより悪化してしまったりと肌トラブルを引き起こす原因にもなってしまいます。

自分の肌質を理解したうえで使用するか判断が必要な洗顔料です。

めんどくさい泡立てがいらない泡タイプの洗顔料の特徴

最近増えてきたポンプを押すと泡が出てくるタイプの洗顔料になります。

自分で泡立てる必要がなく手軽に洗顔に取り組めるメリットがあります。

しかし洗顔フォームや石鹸などの泡とは異なり、泡でポンプから出てくる作りの都合上水分の多い泡になってしまいすぐに泡がへたってしまいやすくなります。

またメーカーごとに泡の質感、中身の成分が大きく異なるため自分の肌に最適なものを選ぶには成分の特徴を見て選ぶのが良いでしょう。

泡立てが簡単なジェルタイプの特徴

ジェルタイプの洗顔料は水分が多く含まれており泡立てがしやすい特徴があります

洗浄力と保湿力ともに高い商品が多い傾向があり脂性肌の人向けに作られているものが多いです。

洗顔後のすすぎが不十分だと顔にヌルヌルした感触が残るためすすぎ残しがあるとわかりやすいのもジェルタイプだけの特徴になります。

特殊な泡立たないタイプの洗顔料の特徴

泡立たないタイプの洗顔料は他のタイプと比べてかなり特殊な洗顔料になります。

洗浄力が非常に低いのが特徴であり、肌が弱い人や乾燥肌の人には最適ですが脂性肌の人には余分な皮脂が残ってしまう可能性が高く不向きなものになります。

他の洗顔料よりも美容成分を多く含む作りのものが多くスキンケアをしながら洗顔に取り組むことができます。

泡を使わない新しい方法での洗顔なので最初は違和感を感じるかもしれません。

肌質、悩みにあわせた洗顔料の選び方

様々な種類がある洗顔料の中から自分に最適なものを選ぶためには肌質、生活環境、季節と商品の特徴、どのような肌質向けに作られているものなのかを理解する必要があります。

乾燥肌の人と脂性肌の人では当然最適な洗顔料は変わってきますし、室内で働いている人と外で働いている人では1日で顔に付着する汚れの量も違います。

様々な違いがあるため1人1人肌の状態も当然違います。

自分の肌の状態を理解し、最適な洗顔料を見つけていきましょう。

乾燥肌の人が洗顔料を選ぶ時のポイント

乾燥肌の特徴は水分と油分が健康な状態に比べて不足していることです。

それに対して洗顔料は皮脂や汚れを落とすことが目的に作られています。

なのでノーマルな肌質に合わせた洗顔料では皮脂を過剰に落としすぎてしまうことになるので乾燥肌の症状を悪化させてしまうことになります。

乾燥肌の人が洗顔料を選ぶ時のポイントになるのは洗浄力が優しいもの、保湿効果のあるものが最も良い選択肢になります。

具体的にはマイルドな作りをしているフォームタイプ、石鹸タイプ、乾燥肌の症状が重ければ泡立たないタイプの洗顔料が良いでしょう。

ただしどんなに成分が優しい作りであってもゴシゴシと摩擦を与えながら洗ってしまうと乾燥肌の症状が悪化してしまいます。

せっかく自分の肌に合った商品を選んでいても正しい方法で洗顔しないと全く意味がなくなってしまうので注意してください。

脂性肌の人が洗顔料を選ぶ時のポイント

脂性肌は皮脂が健康な状態よりも多く分泌されている状態であり、男性はもともと皮脂分泌量が多いため脂性肌、インナードライ肌(皮脂分泌量が多く内部が乾燥した状態)の人がとても多いです。

過剰に分泌された皮脂はニキビ、吹き出物、毛穴のつまり、黒ずみ、臭いといった多くの男性が悩まされるトラブルの原因になります。

そのため男性にとって洗顔で皮脂や汚れを落とすことは絶対に欠かすことができないのです。

一般的に女性の3倍と言われている男性の皮脂をしっかりと落とすためには洗顔料もある程度の洗浄力を持ったものでなければいけません。

しかし皮脂を単純に全て落としただけでは肌が皮脂が不足していると判断しより多くの皮脂を分泌するようになってしまいます。

そのため必要な分は残しながら過剰に分泌された分の皮脂を落とすのが理想的な脂性肌に対する洗顔になります。

ただし毛穴のつまりや黒ずみが気になる場合はしっかり落としきらないと一向に改善されないので改善できるまで徹底的に洗うのが良いでしょう。

ガッツリと毛穴のつまりを落としたい人はスクラブタイプのものやジェルタイプのもの、皮脂量が多いだけの人はフォームタイプや石鹸タイプで余分な皮脂をしっかり落とす洗浄力があり、保湿効果も持つものが最適でしょう。

ただし洗顔で皮脂を落とした後スキンケアに取り組まないと皮脂量が多いのに肌の内部が乾燥してしまいインナードライ肌になってしまう可能性が高いので保湿ケアは絶対に必要になります。

敏感肌の人が洗顔料を選ぶ時のポイント

敏感肌は肌のバリア機能が正常に働いていない状態であるため普通肌の人には全く影響のない刺激でもヒリヒリしたり炎症をおこしてしまいます。

そのため洗顔料は刺激の弱いものでなければいけません。

洗顔料を選ぶときに最も注意しなくてはいけないのは洗浄力の強さです。

洗浄力の話になると界面活性剤は天然のものが優しくて非常に良いという話を耳にすることが多いのですが、洗浄力の強さと天然、石油系の違いは関係ありません。

天然成分でも洗浄力が強いものはありますし、石油成分でも洗浄力の弱いものがあります。

界面活性剤を正しく理解するには膨大な量の専門的な知識が必要であり、専門的な職業についている人でないと複数の界面活性剤が異なる分量で混ざり合ってできている洗顔料やシャンプー、ボディーソープ、石鹸などの洗浄力の強さを正確に判断することは絶対にできません。

そのため敏感肌の人の肌にあわせて洗浄力が弱く作られている敏感肌用の商品以外は選ばないようにしたほうがよいでしょう。

また敏感肌用でも刺激を感じたら使用をやめたり、洗顔に1分以上時間をかけないこと、肌をこすらないようにしっかり泡立てることに注意しながら洗顔に取り組みましょう。

ニキビに悩む人が洗顔料を選ぶ時のポイント

ニキビ肌に対する洗顔料の選び方はニキビの状態によって最適なものが変わってきます。

洗顔料は既にニキビができている場合はニキビに効果のある成分が配合されているもので炎症をおこしている部分への刺激が優しいものが最適になります。

またニキビができていない、もしくは初期症状の段階ではニキビの原因になっている毛穴に詰まった汚れを取り除くことに力を入れたほうが良いのでスクラブタイプなどのしっかりと毛穴のつまりを改善できるものが最適になります。

既にニキビができている場合に強い洗浄力を持つものや刺激が強いものを使用してしまうと炎症が悪化してしまいニキビを悪化させてしまう可能性が高くなります。

そのため抗炎症作用のあるものや抗菌作用のあるニキビ用として作られた洗顔料を使いましょう。

ただしそれでもニキビの症状がおさまらなかったり、悪化する場合は自分で行うケアだけで治すのはかなり難しいので皮膚科で薬をもらって治療していくようにしましょう。

悪化したニキビは自己判断でケアすると大きなニキビ跡ができてしまう可能性が非常に高いので絶対にやめましょう。

ニキビを繰り返すが今はニキビができていない状態であったり、白ニキビや黒ニキビといった赤くなっていない状態の初期症状の場合はニキビを作るアクネ菌のエサにして繁殖する原因になる毛穴につまった皮脂などの汚れを取り除かなくてはなりません。

なので毛穴の汚れをしっかりと落とすことができるスクラブタイプが向いているということになります。

状態に合わせてしっかり洗顔やスキンケアに取り組まなければ一生残ってしまうニキビ跡ができてしまいます。

一向に改善しなかったり繰り返しニキビができてしまう場合は迷わず皮膚科で診察を受けましょう。

まとめ

様々な特徴を持つ洗顔料がある中で自分の肌に最適なものを選ぶためには自分の肌と洗顔料の特徴をある程度理解していないと不可能です。

自分の肌質と全く合わない洗顔料を選んでしまうと見た目の老化を加速させることになったり、肌トラブルを引き起こしてしまうことになります。

清潔感を手に入れ若々しい見た目を保つためにも洗顔にしっかり注目してみましょう。