全記事一覧男性の肌についてニキビ・毛穴

【毛穴の黒ずみを徹底解消!】毛穴が黒ずむ原因と本当に効果的な改善方法

男の毛穴の黒ずみの原因

汚く見えてしまい気になってしまう「毛穴の黒ずみ」。

毛穴が大きく見えてしまうことで「老けた印象」を与えてしまうこともあるため悩ましい問題です。

特に鼻の毛穴が黒ずんでしまって「いちご鼻」になってしまったり、頬がぶつぶつに見えてしまうことが多く、目立ってしまう上に、なかなか治らないので非常に厄介です。

毛穴の黒ずみが起こってしまう原因は

  • 毛穴に汚れや角栓がつまっている
  • 毛穴にメラニン色素がたまっている
  • 毛穴の産毛が濃くなっている

この3種類に分類されます。

自分の毛穴がなぜ詰まっているのかを確認し、それぞれの原因にあわせた「毛穴ケア」を行うことで、毛穴の黒ずみを効果的に解消することが出来ます。

それではそれぞれの「毛穴の黒ずみを起こしてしまう原因」を詳しくみていきましょう。

毛穴に汚れや角栓が詰まっている場合

毛穴に詰まってしまった汚れは、そのまま放置してしまうと酸化して黒っぽく変色します。

この毛穴の汚れになってしまうものは「皮脂や古い角質」が原因です。

そのため皮脂の分泌量が多くなる夏場に、洗顔が充分ではなく「汚れ」と「皮脂」が肌に残ってしまうと、毛穴にどんどん溜まってしまい、皮脂と汚れや古い角質が混ざり合って角栓ができてしまいます。

さらに毛穴に角栓が詰まってくると、毛穴をどんどん押し広げていってしまうので、毛穴が大きく開いてしまい、より黒ずみが目立ってしまうようになります。

毛穴の黒ずみに悩んでいる人は「角栓のつまり」が原因のものが最も多く、黒ずんでいる部分を触るとザラザラしている特徴があります。

角栓のつまりは、そのまま放置してしまうとニキビになりやすいという特徴もあります。

毛穴にメラニン色素がたまっている場合

メラニンと紫外線

メラニン色素が原因になっている毛穴の黒ずみは、「紫外線」「強い摩擦」「刺激」によって毛穴の部分に色素沈着が起こってしまい、シミができている状態です。

角栓のつまりによるものとは異なり、さわってもざらつきは感じません。

汚れの蓄積ではなく「メラニンによるシミ」が原因になっているので、他の毛穴の黒ずみと比べると治すまでに時間がかかってしまいます。

毛穴の産毛が濃くなっている場合

毛穴から生える産毛が濃くなってきた場合や、皮膚の中で埋没してしまっている場合は、毛穴が黒ずんで見えてしまうことがあります。

産毛による黒ずみは、鏡に近づいてよく見てみると毛穴から出ている毛や、埋まっている毛を目で確認することができます。

毛穴の黒ずみを消す方法

毛穴の黒ずみには3種類の原因があるため、それぞれの原因にあわせたケアをしなくてはいけません。

黒ずみの原因に対して異なったケア方法を選んでしまうと「余計に黒ずみをひどくしてしまう」ので、まずは自分の黒ずみの原因を確認してください。

黒ずんでいる部分にざらつきがある場合は角栓のつまりによるもの。

ざらつきがない場合はメラニンによるもの。

少しざらつきがあって、よく見てみると毛がある場合は産毛によるものです。

角栓による黒ずみを消す方法

洗顔と角栓

角栓のつまりによる黒ずみを消すのに効果的な方法は

  • ピーリングをする
  • アルカリ性や酵素系の洗顔料を使う
  • 角栓がつまらないスキンケアをする

この3つがあります。

角栓は「皮脂」と「古い角質」が混ざって出来たものですが、ほとんどが角質による「タンパク質」なので、オリーブオイルなどの脂で溶かしだすことにはあまり効果が期待がもてないので、注意しましょう。

「ピーリング」による黒ずみの除去は、すでに毛穴につまっている角栓を取り除くだけでなく、定期的に行うことで「角栓を毛穴にたまりにくくすること」が出来ます。

さらにピーリングには「肌のコラーゲン生成を促す効果」もあるため、角栓のつまりによって広がってしまった毛穴を再び引き締めるのにも効果的です。

ただし、こすりながら古い角質をボロボロ落とすタイプのピーリング剤を使用する場合は、強くこすりすぎると摩擦により黒ずみをひどくしてしまうこともあるので、正しい方法で使いましょう。

次に「アルカリ性や酵素系の洗顔料」を使うことで、角栓のほとんどを占めるタンパク質を溶かすことが出来ます。

通常の洗顔料では「角栓の表面」しか洗えないため、角栓を無くすことは出来ません。

角栓や古い角質を落とすためには、アルカリや酵素のパワーが必要になります。

「弱酸性」の優しいものばかりでなく、週に1回程度「アルカリや酵素」のものを使用することで、汚れや黒ずみをしっかりとリセットしてあげましょう。

最後に「角栓がつまりにくいスキンケア」を普段から心がけることで、黒ずみができるのを防ぐことも大切です。

毛穴を角栓がつまりにくい状態にするためには「洗顔で毎日の汚れをためないようにすること」と「皮脂が過剰に分泌される状況をつくらないこと」が重要です。

しっかりと毎日の汚れを落とすためには「毛穴が開いた状態で洗顔料を良く泡立てて使うこと」が大切です。

また、洗顔前に冷水で顔を洗ってしまうと、毛穴が閉じてしまい、毛穴の中をしっかりと洗えずに汚れが蓄積していってしまうので注意しましょう。

さらに、手を洗わずに洗顔を始めてしまうと、角栓をエサにして雑菌が繁殖してしまい、ニキビが出来てしまう原因になってしまうので、正しい洗顔方法で汚れをしっかりと落とすようにしましょう。

洗顔料においても「自分の肌質に対して合わないもの」を使用していると、皮脂が過剰に分泌されるなど角栓がつまる原因となります。

自分の肌質に対して皮脂を取り過ぎた場合は、肌の乾燥が原因で皮脂を過剰に分泌するようになってしまいますし、逆に皮脂が残り過ぎる洗顔料を使うと、どんどん皮脂がたまってしまいます。

自分の肌質を理解して、「自分の肌質にあう洗顔料」を使うようにしましょう。

最後に「洗顔後の保湿」にも注意が必要です。

洗顔後に化粧水などで保湿をせずにそのまま放置してしまうと、一気に肌が乾燥してしまい、皮脂が過剰に分泌されてしまうので、洗顔後に適切な保湿を行うようにましょう。

正しい保湿への取り組み方はこちらをご覧ください。

【男の肌も保湿ケアが最重要!!】老けない男のエイジングケア

このように「汚れが充分に落とせていない状態」「皮脂が過剰に分泌される状態」で肌を放置していると、角栓がつまって「毛穴の黒ずみ」が出来てしまいます。

「ピーリング」や「アルカリ、酵素の洗顔料」で出来てしまった角栓を落とし、「正しい洗顔」や「保湿ケア」で新しい角栓を作らないようにしましょう。

間違った角栓ケアは大惨事を招く

角栓ケアは「正しい方法」で行わないと、取り返しがつかないことになってしまいます。

まず第一に、毛穴パックなどで「毛穴の角栓を物理的にとる行為」は絶対にやめましょう。

もちろん、無理やり毛穴を広げて「角栓を絞り出す行為」もいけません。

このように無理やり毛穴を広げて角栓を取り出してしまうと、毛穴がぽっかりと開いてしまって「汚れがたまりやすくなる」だけでなく、角質層が傷ついてしまい「水分保持力の低下による皮脂の過剰分泌」が起こってしまいます。

さらには「ターンオーバーも乱れてしまう」ので、外部の刺激から肌を守ることも出来なくなってしまいます。

こうなってしまうと「紫外線のダメージを直接受けてしまう」ため、メラニンによる毛穴の黒ずみが出来たり、雑菌の侵入による「ニキビ」や「吹き出物」に繋がります。

このように「間違った角栓ケア」をしていると、大きなトラブルにつながるので絶対にやめましょう。

メラニンによる毛穴の黒ずみを消す方法

メラニンによる黒ずみは「シミ」に属するため、ターンオーバーで沈着してしまったメラニン色素を排出する方法が効果的です。

しかし、ターンオーバーには最低でも28日かかるため、それまでの期間に「正常なターンオーバー」が行われるように心掛けることが重要です。

正常なターンオーバーを実現するためには

  • バランスの良い食事
  • 6時間以上の睡眠
  • ストレスをため込まない
  • 正しいスキンケア
  • 適度なピーリング

この5つを心掛けましょう。

 少しでも早く「メラニンによる毛穴の黒ずみ」を治したい場合は、ビタミンC誘導体やハイドロキノンの含まれるスキンケア用品を使用することや、食事でビタミンCを意識して摂取するようにしましょう。

これらの成分には、メラニン色素によって出来てしまった「くすみやシミを薄くする効果」があります。

メラニンによる毛穴の黒ずみは予防が重要

メラニンによる黒ずみが出来る前、もしくは出来てしまった後も「予防すること」がとても重要です。

黒ずみが出来ないように予防することはもちろんですが、出来てしまった後、今以上にメラニン色素が沈着してしまうと、今後黒ずみを完全に消すことがどんどん難しくなっていくからです。

紫外線から守ることだけでなく、強い摩擦などの刺激でも体内でメラニン色素が発生するので、洗顔のときにゴシゴシと洗ってしまったり、気にして頻繁に触るなどの行為は控えましょう。

産毛による毛穴の黒ずみを消す方法

産毛による黒ずみを消すには、産毛を処理してしまえばすぐに治ります。

ただし、自分で毛抜きで抜いてしまうのはやめておきましょう。

毛を抜いてしまうと雑菌が入ってしまい炎症を起こしやすいので、カミソリやシェーバーで処理をする方が、まだ肌や毛穴へのダメージが少なく安全です。

しかし、カミソリでは皮膚に完全に埋まってしまった「埋没毛」には対応が出来ません。

毛が完全に埋まってしまった場合は、無理にほじくり出さないで、ピーリングで古い角質を取り除き、産毛が自然に出てくるのを待ちましょう。

剃ることで黒ずみを無くすことは出来ますが、再び同じ箇所に産毛が生えてくるため、継続的にケアをすることが必要になります。

継続的に産毛ケアを行うことが面倒な人は、費用はかかりますが脱毛で産毛をなくしてしまうと、もう黒ずみに悩むことは無くなります。

まとめ

目立って気になってしまう「毛穴の黒ずみ」が無くなれば、見た目も若く、清潔感のあるモテ顔になります。

黒ずみの原因にあわせたケアを行うことで、だんだんと黒ずみは薄くなり消えていきます。

完全に消えるまで少し時間がかかるので、毎日のケアを続けるよう心掛けましょう。