ライフスタイル男性の肌について

【20代が老化の分かれ目!】老けない男になるためのアンチエイジング


人が老化していくスピードには個人差があります。

見た目や身体能力の差は年を重ねるにつれて、同じ年齢の人でも大きな差がつきます。

これは若いうちから老化防止のために様々な取り組みをしてきた人と、老化について何も対策しなかった人に確実に生まれます。

何歳になっても若々しく自分を保つためには若くて健康的な20代のころからしっかりと老化を予防するために規則正しく健康的な生活を送り、充分なケアに取り組むことが欠かせないのです。





20代から老化予防(アンチエイジング)に取り組む必要性

若々しい見た目を保ち続けるには20代のころから老化予防(アンチエイジング)取り組むことが重要になります。

20代に蓄積した紫外線による肌ダメージは30~40代にかけてシミやくすみとなって必ず現れます。

また20代のうちから規則正しい生活、スキンケアに取り組む習慣ができていると30代や40代から表面化してくるエイジング現象(老化現象)を抑えることができます。

30~40代から老化防止に取り組むことは20代から取り組むのと比べて続けるのにかなり本人の強い意思と根気が必要になってきます。

20代のころに少し無理をすればできていたことが老化による衰えを感じる30~40代になるとキツく感じるようになります。

今まで送ってきた生活習慣を変えたり、新しい習慣を取り入れることには大きなエネルギーが必要になります。

そのため若ければ若いほど老化を予防するための生活を身に着けやすく、続けやすいメリットがあるのです。

20代から始めておきたい老化予防(アンチエイジング)のための習慣

20代のうちから取り組んでおくべき老化予防(アンチエイジング)は

  • スキンケアをする習慣を身に着けること
  • 健康的な食生活を意識すること
  • 紫外線を予防すること
  • 運動する習慣を身に着けておくこと

これらを自分の中で当たり前の習慣として身につけられていれば、30代を迎えたときに周りと圧倒的な差を作ることができます。

20代からのスキンケアに必要なのは正しい方法で行うこと

うるおいもハリもある20代の肌であっても、早ければ20代後半に差し掛かってくると今まで肌に負担をかけていた行動や習慣が肌のカサツキやオイリー肌、シワ、シミ、たるみ、くすみとして出てきます。

20代のうちから正しい方法でスキンケアを行う習慣ができていればこれらの老化現象の発生を抑えることができます。

一度出てしまった老化現象を治すことは非常に難しいため、こういった変化がまだ起こっていない20代のうちから予防をしておくことがより効果的な老化予防(アンチエイジング)になるのです。

しかしスキンケアを始めてすぐの男性がよく陥ってしまう肌に逆効果になってしまう誤ったスキンケア方法には注意が必要です。

  • 洗顔、タオルドライの際に顔を強くこすりすぎてしまう
  • スキンケア用品をつける時の力が強すぎる
  • 化粧水だけでスキンケアを終えてしまう
  • 顔の皮脂が気になって洗顔を何回もしてしまう

この4つは男性がスキンケアを始めた時に知識が偏ってしまっていたり、不十分であったりするとよくやってしまいがちなミスです。

これらはすべて肌にダメージを与えてより老化スピードを加速させてしまう原因になります。

スキンケアをこれから始める人はぜひ一度スキンケア初心者の男性が最低限知っておくべき肌のことをご覧ください。

健康的な食生活は20代から始めておかないと後から改善が辛い

健康的な食生活を送ることもやはり若いうちから心がけておいたほうが良いでしょう。

20代でまだまだ基礎代謝も高く、健康的な男性は今は何を食べても影響は少ないのですが食生活はなかなか簡単に変えられないものであり30代に入った途端に急激に太り始めてしまったり、栄養バランスの偏りが肌、髪の毛、爪に大きなダメージとして現れることになります。

1人暮らしであったり、仕事が遅くまであり外食になりがちでどうしても食生活が乱れがちな年代ですが

  • 意識して野菜を取る
  • 暴飲暴食はやめる
  • 脂っこいものばかり食べない

この3つはしっかり改善しておきましょう。

これらの習慣が20代のうちに身につけられていれば、年を重ねるにつれて失われやすくなる栄養素を取るように心がけるだけで今後ずっと健康的な食生活を送り続けることができるだけでなく、生活習慣病の予防や体系の維持もできます。

健康的な食生活を送ることで老化を防ぐとともに危険な病気のリスクも大幅に減らすことができるので早めから取り組んでいきましょう。

紫外線によるダメージは取り返しがつかないので要注意

紫外線が肌に与えるダメージは日焼けによるやけどだけでなく、肌内部の組織やDNAまで破壊してしまうため一気に老化するスピードを早める怖さがあります。

さらに紫外線によって傷ついた肌内部のダメージはすぐには肌表面には現れず、30代から40代になってから現れ、急激に見た目が老け込んでしまう原因になります。

紫外線に当たり続ければその分いつか年を重ねたときに急激に老化が加速することを覚悟しておかなければなりません。

そうなってしまわないように20代のうちから日焼け止めを使い予防をしておくことが重要です。

また日焼けをしてしまった後にしっかりとアフターケアに取り組むことで少しでもダメージを和らげておくことも、数年後に大きな違いを生むことになります。

紫外線のダメージの恐ろしさと、日焼けをした時のアフターケアについては【必見!】日焼け後の正しいケアで老化を防ぐを一度ご覧ください。

若いうちに身に着けた運動習慣は大きな財産になる

20歳以上で週に1~2回運動をする習慣のある人とない人では体力年齢に10歳程度の差がつくことがわかっています。

つまり若いうちから運動をする習慣を続けていれば40代になっても20代のころと同じレベルの体力をキープし続けることが可能になります。

さらに運動をすることで体型の維持、細胞や組織の老化予防、血流の向上により老廃物が排出される、筋肉が鍛えられて肌のたるみを防ぐなど若々しい見た目と体の内部を保つために運動習慣は欠かせないものになります。

また肌のハリやツヤに大きく関係する成長ホルモンの分泌を促進する効果もあり、20代中盤から減少する成長ホルモンを増やして肌の老化の改善にも高い効果を期待できます。

年を重ねてから運動を始めるとケガのリスクがあったり、思っていたよりも体がついてこなくてしんどくなりすぐにやめてしまうことにつながりやすいのですが、体力のある20代のうちから運動習慣を身につけておけば何歳になっても健康的で若い自分を保ち続けることができます。

スキンケアをする男性と全くしなかった男性に生まれる差

最近の若い男性にとっては男性もスキンケアに取り組むことは当たり前になりつつありますが、まだまだ30代以上の男性でスキンケアに取り組んでいる人は半分程度です。

男性の肌は毎日ヒゲソリによってダメージを受け続けていることや女性と比べて半分以下の水分量、3倍以上の皮脂分泌量、毛穴も大きいことからニキビや肌荒れなどの肌トラブルが起きやすく、何もケアをしなければ清潔感が失われやすい特徴があります。

清潔感のない肌は相手に不快な印象を与えるだけでなく老けた印象を与えることにもつながります。

さらに肌が乾燥している状態が続くとシワができやすくなり、見た目年齢を一気に引き上げてしまうことになります。

毎日肌を保湿し、ケアを続けた男性の肌とダメージを受け続けた男性の肌では年齢が上がるにつれて見た目年齢に大きな差が生まれてしまうのは当然のことなのです。

見た目以外にもある20代から始まる老化現象

肌の老化が20代から始まることは「25歳は肌の曲がり角」とよく言われることから有名ですが、見た目の老化以外にも20歳以降は成長を終えて身体全体の機能が年々衰えていきます。

20代から始まる老化現象には脳の老化による記憶力の低下、筋肉が老化により減少し始めることがあります。

人間も成長は20代でピークを迎えるものが多いため、それ以降は個人の生活習慣によって緩やかに老化していく人と急激に老化が進んでいく人に分かれていきます。

見た目だけでなく身体全体の老化の分かれ目は20代にどういった習慣を身に着けたかで今後大きな差を作っていくことになるのです。

20歳からは脳を使わないと一気に能力が低下していく

脳の老化は20歳ごろから脳細胞が減少していくことで始まります。

脳細胞の減少による老化は普段から脳に刺激を与えるような生活をしているかで大きく老化スピードが変わります。

20代であれば新しい経験や知識を取り入れ脳を刺激し続ければ、むしろ脳が発達して活性化することも可能な期間です。

20代のうちに脳をよく使った人と使わなかった人で大きな差が生まれてしまい、加齢とともに脳の機能が低下するスピードが上がっていくと将来的に認知症のリスクも高くなってしまいます。

既に言葉が出てきにくくなり、よく「あれ」「これ」「それ」を使うようになってしまっている人は記憶力の低下が始まってしまっているのですぐにでも老化対策を始めなくてはどんどん能力が低下していきます。

毎日同じ事の繰り返しのような生活にならないように若いうちから新しい刺激を受け続けるようにしておきましょう。

20歳からの筋力低下は体型維持を難しくする

20代以降は普通に生活をしているだけだと筋肉はどんどん減少していきます。

老化による筋肉の減少は下半身から始まり、足の能力の低下を自分でも感じるようになります。

さらに筋肉量の低下は身体に様々な症状をもたらします。

具体的な例として

  • 血流の悪化
  • 代謝の低下
  • 疲れが取れにくくなる
  • 腰痛
  • 関節痛

などは筋肉の衰えが原因となって発生します。

これら筋肉の衰えによる症状が合わさると太りやすくなったり、肌が荒れてしまったりと見た目にも影響が出てきます。

さらに筋肉の衰えを運動でカバーしなかった場合は将来的にロコモティブシンドローム(運動器症候群)と言われる骨、関節、筋肉、神経などが衰えにより寝たきりの生活になるリスクも必然的に高まります。

筋肉は使わなければすさまじい勢いで減少していきます。

病気などで1日中ベットの上から動かずに安静にしていると、たった1日でも1%以上の筋肉が失われると言われています。

体型などの見た目以外に身体の機能を若く保つためにも筋肉を落とさないようにするために若いうちから運動をする習慣は欠かすことができないのです。

男性は20代のうちから体臭に予防に気を使っておくべき

男性は10代の中盤以降から年代ごとに異なる体臭が発生します。

10~30代はワキから発生する汗臭、30~50代は後頭部から発生し最も臭いが強いとされるミドル脂臭、50代以降は胸や背中を中心に発生する加齢臭といったように常に体臭ケアに気を付けておく必要があります。

若いうちから取り組んで最も効果のある体臭対策は「清潔な状態を保ち続けること」です。

体臭が発生する原因は汗や皮脂です。

10~30代で発生する汗臭は汗と皮脂を常在菌がエサとして代謝、分解することで発生します。

30~50代のミドル脂臭は汗に含まれる乳酸を常在菌のブドウ球菌が分解し、ジアセチルという臭いの原因物質が発生し、この物質が皮脂と混ざり合うことでより強烈な臭いを発生させるミドル脂臭になります。

50代以降の加齢臭は皮脂が空気中の酸素によって酸化することで発生します。

つまり汗をかいたら放置せずにしっかりとふき取ること、皮脂が必要以上に残らないようにシャンプーを頭皮全体をしっかりと洗うこと、体も洗い残しがないようにすみずみまでしっかりと洗うことなど体を清潔に保つようにすれば体臭が強くなるのを防ぐことができます。

体臭ケアを始める時はまず体を清潔に保つこと、それから3種類の体臭にあわせて対策をしていくことで周りに不快感を与えるほどの臭いを発することはなくなります。

男性であれば誰にでも体臭は発生するので常にエチケットとして臭いのケアに取り組んでおきましょう。

アンチエイジングについて正しい認識と早めの取り組みが1番効果的な理由

最近では認知度も高くなってきた「アンチエイジング」ですがあくまでも老化が進むことで見た目や体の機能が衰えていくスピードを緩やかにするものです。

老化スピードを遅らせ、将来の自分を健康的で若々しい状態で保ち続けることでより充実した人生を送ることができます。

緩やかにしても老化を止めることはできないため、アンチエイジングに取り組み始める年齢が早ければ早いほどより若く健康的な状態で自分を保つことが可能になり、遅ければ遅いほど得られる効果は少なくなってしまいます。

アンチエイジングに取り組むということはより若く魅力的で健康な自分を保ち続けるという人生の送り方です。

年齢が上がっていくにつれてアンチエイジングに取り組んできた人とそうでない人の見た目や身体能力、健康状態の差は確実に大きく開いていきます。

中でも身体能力と健康状態の差は高齢になった時に病気や体力など寿命にも関係する差として出てくることになる可能性があります。

健康的な生活を送ることで生活習慣病や高血圧などを予防できれば心筋梗塞、脳卒中などの大きな病を防ぐことにもつながりますし、身体能力を保つことで寝たきりの生活を回避できたり、大きな病にかかったとしても回復力に大きな違いが生まれます。

アンチエイジングとは見た目を若く保つことだけでなく、将来の自分のQOL(人生の質)を向上させることにもつながるのです。

まとめ

健康で何も大きな変化を感じていない20代のうちにどういった生活を送ったのかで30代以降の自分の見た目や身体能力、健康状態は変わっていきます。

まだ若いから大丈夫と思っていても、老化による変化は積み重なったものが急激に現れる時がくるので気が付いた時には老化を強く感じるようになってしまいます。

20代が今後の老化スピードを変える大きな境目になることを覚えておきましょう。