全記事一覧ライフスタイル食事・お酒

【えっ!本当に?】お酒の飲みすぎはあなたの肌をダメにする!?

「酒は百薬の長」なんてよく言いますが、この言葉はお酒を適量嗜むという大前提があっての言葉です。

ストレスを緩和してコミュニケーションを円滑にしてくれるお酒は、精神面では良いかもしれませんが、体内ではいろいろな部分がアルコールの影響を受けて大変なダメージを受けているのです。

体内がダメージを受けるという事は、もちろん肌もダメージを受けることになります。

ではお酒を飲みすぎると、体内ではいったいどのようなダメージを受けるのでしょうか?

お酒を飲んでるのに脱水症状

お酒をたくさん飲んだ次の日の朝、のどがカラカラに乾いて起きたという経験はないでしょうか。

アルコールは体内に入った後、いくつかの過程を経て順番に分解されてゆくのですが、この分解の過程で「多量の水分」が必要となるのです。

ここで必要になる水分は、体内から集められるので、寝ている間にアルコール分解のために水分を失った体は、朝起きたときにのどが渇くというシグナルを送って水分を補給しているのです。

ここで重要なのは、実はアルコールを分解するために肌からも多量の水分が奪われてしまっているということです。

肌の渇きは、のどの渇きのようにわかりやいすいシグナルを発することができないので気づきにくいのですが、飲み会の翌日の肌は確実に「砂漠状態」になっているのです。

肌の脱水症状を防ぐにはどうしたらいいのか。

1杯の酒に対して1杯の水を飲め、という言葉があるように、飲酒の最中にその後必要になる水分を摂取するという方法があります。

しかし、アルコールの分解よりも早く、水の一部は尿となって体外に排泄されてしまうので、残念ながらこれは完ぺきな手段ではないのですが、なにも飲まないよりはマシです。

また、飲み会の後に帰宅して意識がまともな状態であれば、しっかりと「洗顔」「保湿」をすることも大切です。

内部で脱水症状が起きているのに「洗顔」「保湿」もしないまま寝てしまうと、肌の外側でも水分不足が起きてしまいます。

飲んで帰った後にそのまま寝てしまう気持ちもわかりますが、肌のために「洗顔」「保湿」を心がけましょう。

肌の保湿についてもっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

保湿なしではアンチエイジングはできないわけ!

アルコール分解により肌が老化する

アルコールの分解で失うものは水分だけではありません。

実は「ビタミンB」も犠牲となるのです。

「ビタミンB」は肌の代謝に欠かせない栄養素。

若々しいハリのある肌を望むなら、なくてはならないものなのですが、これがアルコールの分解で奪われてしまうと、待ち構えているのは若さの対極にある「肌の老化現象」です。

連日の暴飲は、ビタミンB不足を慢性化させるため、ハリのないたるんだ毛穴の目立つ肌になってしまうのです。

肌の老化についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

【老化を感じるようになったあなたへ】周りと差がつくアンチエイジング法

肌荒れが起こる原因が勢揃い


二日酔い

お酒を飲みすぎた後、顔に「吹き出物」ができた経験はないでしょうか。

アルコールは刺激物なので、飲みすぎると胃に負担がかかります。

口の周りにできる吹き出物は胃の調子が良くない証拠。

体が悲鳴を上げているのです。

また、お酒を飲むと味の濃いものが食べたくなります。

飲み会の後にラーメンを食べたくなるのは、この塩分の欲求によるものなのです。

塩分の取りすぎは、これも肌には好ましくない結果をもたらします。

また、人によってはお酒を飲むと甘いスイーツが食べたくなる人がいます。

糖質・脂質をとればニキビをはじめとする数多くの肌トラブルを招くということは誰しもが経験から学んでいる事実。

しかし、お酒を飲んで判断力が鈍ると、ついついラーメンやスイーツに手が伸びてしまうのです。

また、お酒の席では意外と多くの汗をかきます。

男性は女性よりも顔に皮脂腺が多くあるので、汗と一緒に皮脂も多く分泌されます。

それから、近くにタバコを吸う人がいればタバコの煙も汚れとなって顔に付着します。

自分が喫煙者であればなおのこと。

これら様々な汚れが、飲酒で体温が上がり開いた毛穴に詰まるのです。

毛穴に詰まった汚れは肌荒れを引き起こしますし、そのまま詰まっているだけでも肌の見た目の印象を悪くさせてしまいます。

喫煙が肌に与える影響についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

喫煙者こそスキンケアが必要な理由!タバコが与える肌への影響!

目の下のくま、肌のくすみまで引き起こす

一般的にお酒を飲む時間帯というのは夜でしょう。

仕事の後の飲み会となると、その日の就寝時間は遅くなってしまうと思います。

さらに、睡眠時に身体は眠っていても内臓はアルコールを分解するために活動しているので、しっかりとした睡眠はとれていません。

健康な肌の維持には良質な睡眠は必要不可欠です。

飲み会で崩された睡眠のリズムは、翌日目の下のくまや冴えない顔色となって如実に表れます。

帰宅後、余力があれば顔の血行やリンパを強制的に流すマッサージをしたり、目のストレッチをするなどしてから寝るようにしましょう。

リンパや顔のマッサージについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

【リンパって知ってる?】男が知らないワンランク上のスキンケア!

まとめ

お酒は凝り固まった気持ちをほぐして、コミュニケーションを円滑にしてくれる魔法のような飲み物ですが、肌にかかる代償は意外と大きいのです。

そうはいっても、男性であれば仕事上お酒を飲まないわけにはいきません。

まずは同量の水を飲んだり、顔の血行を良くするマッサージをするなどして、小さなことからコツコツ、自分の肌を守るように心がけましょう。

10年後の自分の肌を作るのは、今の生活スタイルであるという事を忘れてはいけません。