ライフスタイル食事・お酒

【やっぱり日本酒はスゴかった!】日本酒を飲んで肌をキレイにする!!

みなさん日本酒はお好きですか?

ビールやハイボールは飲むけれど、日本酒はあまり飲まない人も多いのではないでしょうか。

しかし、日本酒を飲む事によって肌がキレイになるのであればどうですか?

お酒を飲んで肌がきれいになるなんて、ちょっとウソみたいは話ですよね。

でも、日本酒には肌をきれいにする成分が豊富に含まれていて、日本酒を飲むことで肌がきれいになる効果が科学的に発見されているのです。

お酒は肌に悪い?

お酒を飲みすぎた次の日、朝起きて鏡を見たらまるで別人のように顔が老けて見えた…。

なんていう経験は多くの人にあるのではないでしょうか。

実際、アルコールを摂取すると肌は衰えます。

というのも、アルコールは体内に入った瞬間からどんどん分解されているのですが、その過程で多くの水分が必要になるのです。

もちろん、その水分は臓器からまかなわれることが多いのですが、肌から水分を持っていかれることもあるのです。

つまり、「アルコールを分解するために肌の水分が奪われている」んですね。

その結果、肌の潤いはなくなり、ハリのないたるんだ肌になり、歳をとったような印象になってしまうのです。

お酒が肌に及ぼす影響についてもっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

【えっ!本当に?】お酒の飲みすぎはあなたの肌をダメにする!?

日本酒は肌に良い

日本酒には旨みが多いという話を聞いたことはあるでしょうか?

日本酒は醸造酒で、原料である米を発酵させる事でアルコールが生成されて酒になるのです。

発酵した食品というのは、ほかに例を挙げるとチーズや納豆があるように旨みが詰まった食品になるのです。

旨みは「アミノ酸」が作り出すもの。

そして、この「アミノ酸」が肌にうれしい効果をもたらしてくれるのです。

「アミノ酸」は水分をつなぎとめる効果があるので、肌の内側をしっかりと保湿してくれるのです。

しかも、ほかの種類のお酒と比べると、日本酒のアミノ酸含有量はとても高いのです。

その量、実にビールの約2倍、ワインの約5倍です。

ワインもポリフェノールや抗酸化物質が豊富で健康に良いと言われてブームになりましたが、日本酒も負けていません。

杜氏の手は白い


手

日本酒を作る職人のことを杜氏と言います。

この杜氏さんたちの手は白くてすべすべだという話を聞いたことがあるでしょうか。

彼らは日々日本酒のもとを手で触って仕事をしているので、手が白くすべすべになっているのだそうです。

具体的には、日本酒に含まれる「麹酸」という成分がメラニンの生成と沈着を防ぐのです。

これによって、肌のくすみやホクロ・シミから肌を守り、白く輝く肌を手に入れることができるのです。

肌のくすみについてもっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

【ついに解決】肌のくすみを消す方法!

日本酒は肌にうれしいビタミンB6が豊富

ビタミンB6はタンパク質の代謝を促進するので、肌細胞の再生を促します。

新しい細胞が多く作られれば、その分肌が若返るということなので、ぜひ毎日とり続けたい栄養素です。

日本酒には、このビタミンB6が多く含まれているので、飲んで体内に吸収されれば肌への効果が期待できます。

また、ビタミンB6は水溶性ビタミンの一種で、必要以上は尿と一緒に体外に排泄されてしまうので、摂りすぎる心配がありません。

また、若さを保って老化を防止する成分として、「フェルラ酸」という物質も日本酒には含まれています。

これらの成分により、日本酒はアンチエイジングにも効果のある飲み物だといえます。

日本酒にはストレスを和らげる効果もある

なんといってもアルコールの効果と言えばこれです。

日本酒に含まれるアルコールでほろ酔い気分になれば、ストレスが解消されて体の緊張がほぐれます。

しかし、これはアルコールだけの効果ではありません。

日本酒に含まれる「アデノシン」も、血行促進をする成分なので、筋肉の緊張をときほぐしてくれるのです。

血行促進は疲れをとるだけでなく、体のいたるところのコリも解消してくれます。

お酒はほどほどに飲んで、はじめて百薬の長

これだけ良いことづくしの日本酒ですが、

だからと言って日本酒を飲みすぎるようなことはしないようにしましょう。

お酒を飲みすぎることによって、肌の水分が奪われるほか、生活リズムと睡眠の乱れから臓器の機能に支障をきたし、栄養の補給がスムーズに行かなくなる恐れがあります。

また、アルコールは人によっては意識障害などを引き起こす恐れがあるので、やはりほどほどの量に抑えておくべきです。

日本酒協会によると、1日の日本酒消費量の適量は2~3合だそうです。

しかし、実際に飲んでみるとわかると思いますが、この量は決して少なくはない量で、人によっては3合飲み終わる前に酔いが回ってしまう人も多いかと思います。

現在、日本酒アドバイザーや利き酒師の勧める、毎日飲む場合の日本酒量は約1合、もしくはワイングラス1杯分だそうですので、この量を目安に肌や健康のために日本酒を飲むといいかと思います。