男性の肌について

【必見!】日焼け後の正しいケアで老化を防ぐ


日焼けは肌に大ダメージを与える

夏の日差しの強い日に外出すると日焼けで顔が真っ赤になったことは誰もが経験したことがあると思います。

日焼けは紫外線が肌の防御機能の限界を超えてしまったときに起こる現象です。

肌表面に痛みを伴う炎症が起こったり、色素が沈着してシミやそばかすができたり、皮がはがれ落ちてしまったりと肌へのダメージはかなり大きく、肌内部の組織やDNAにも大きなダメージを与えるため老化を一気に加速させたり、白内障や皮膚がんのリスクを跳ね上げる危険な症状です。

日焼けは熱傷(やけど)の一種で水ぶくれや強い痛み、吐き気、発熱が出ることもあり体調まで悪くしてしまうことがあります。

アウトドアで遊ぶことが増えてくる春から夏にかけては充分注意したい日焼けとその後のケアの重要性について詳しく解説していきます。

紫外線を含む、すべての老化現象については【老化を感じるようになったあなたへ】周りと差がつくアンチエイジング法にて解説しています。

日焼けしやすい人としにくい人の違い

人によって日焼けをしやすく、すぐに黒くなってしまうタイプと赤くなってあまり黒くならずにすぐに白く戻ってしまうタイプに分かれます。

すぐに黒くなってしまうタイプの人は日焼けに対する抵抗力が強く、赤くなってすぐ戻るタイプの人は日焼けに対する抵抗力が弱いのです。

メラニンを作るメラノサイトという部分の遺伝により日焼けへの抵抗力の強さは決まるので、生まれつき日焼けしやすいか、しにくいのかは決まっています。

白い肌の人は生まれつき紫外線から身を守るためのメラニンを作る力が弱いので日焼けによる炎症を起こしやすく、シミやそばかすができやすい特徴があります。

肌が白い人はすぐに黒くなる人に比べると、紫外線により「光老化」しやすく、皮膚がんになるリスクも高くなることがわかっています。

中でも白人は特に紫外線に弱い人種であり、皮膚がんの発症率が日本人の100~150倍にも及ぶことがわかっています。

そのため日焼けしてもすぐに戻ってしまう、白い肌の人は若いうちから紫外線対策を始めておかないとシミやそばかす、シワに早い時期から悩まされることになってしまいます。

紫外線の種類


紫外線の種類

紫外線にはUVAUVB、UVCの3種類があります。

日焼けの原因となってしまうのはUVAUVBであり、UVCはオゾン層で吸収されてしまうため地上には届かず今のところ影響はあまりないと言われています。

UVAによる日焼けは主に「サンタン」と言われ肌が黒くなる日焼けの原因になります。

UVAUVBと比べて肌の奥深くまで届いたり、窓ガラスを通り抜けたりと貫通する力が強い特徴があり、真皮内部の組織を壊してしまいシミやしわができるのに大きく影響します。

これに対してUVBによる日焼けは主に「サンバーン」と言われ肌が赤くなったり、ヒリヒリとした痛みが出たりといった炎症や水ぶくれができる日焼けの原因になります。

UVBUVAに比べてエネルギーが強く肌表面の細胞を大きく傷つけ炎症をおこしたり、皮膚がんの原因になったりと肌へのダメージが強い特徴があります。

UVAと比べると貫通する力は弱く、日傘や衣服を通り抜けることはできません。

しかし肌をすぐに黒くする力はないのですが時間がたって炎症がおさまってくると肌が黒くなってしまう作用があったり、肌細胞を破壊して角化のリズムを乱すため、肌荒れや乾燥肌が起こりやすくなってしまいます。

紫外線対策で日焼けを予防

日焼けを予防するための対策は紫外線が直接肌に当たらないようにすることが重要です。

効果的な紫外線対策には

  • 日焼け止め
  • 日傘
  • サングラス
  • 帽子
  • UVカットガラス
  • UVカットスプレー

といった様々なものがあります。

これらを使うことで100%とまではいきませんが、ほとんど紫外線をカットすることができます。

また服の色でも紫外線がカットされる割合が変わってきて、濃い色の服のほうが紫外線をカットする力が強く、黒い服が最も紫外線をカットしてくれます。

逆に最も紫外線対策に向かないのは白い服で、黒い服の半分ほどしか紫外線をカットできません。

日々の小さな積み重ねで紫外線の予防は大きな効果を生むので日焼け対策を習慣づけてしまいましょう。

特に紫外線が強い5月から9月までの間は特に念入りに紫外線に対して予防をしなくてはいけません。

紫外線は曇りの日でも60~80%は地上まで届いているため安心はできません。

紫外線の強い季節は常に紫外線対策を忘れないように心がけましょう。

日焼け止めを選ぶ時の注意

日焼け止めのSPFは主にUVBを防ぐ力でPAはUVAを防ぐ力のことを表します。

日焼け止めを選ぶ際にSPFやPAが高いものをつい選びがちですがこの方法はあまり正しいとは言えません。

普段から使う分にはSPF10~30、PA++ほどのもので充分紫外線から肌を守ることができます。

常に炎天下の中1日を過ごす場合や紫外線が強い地域の人以外はSPF50+やPA++++といったパワーの強い日焼け止めは必要ありません。

SPFの値が高い日焼け止めは肌に負担を与えるため、日焼け止めをぬった後は乾燥したり、吹き出物ができて肌の調子が悪くなってしまう場合はパワーを抑えた日焼け止めに変えたり、肌を守る成分の入った日焼け止めに変えるなどの対策をしないといけません。

日焼け止めが紫外線から肌を守る方式は2種類あり紫外線を反射させ、肌に紫外線が侵入するのを防ぐ「紫外線散乱材」と紫外線を吸収して熱などに変化させる「紫外線吸収剤」があります。

紫外線散乱材は肌への負担が少ないメリットがありますが白く浮いてしまいやすい特徴があり、紫外線吸収剤には肌になじみやすいが肌への負担が大きいといった特徴があります。

最近では紫外線吸収剤の与える肌への負担がシミやシワの原因となるためあまり使われなくなってきましたが、肌の弱い人には刺激が強くあわないことが多いので注意してください。

紫外線に強い体をつくる

紫外線対策は体の外だけでなく体内でもできます。

食事によって取り入れる栄養によっては日焼けを抑えることができるものがあります。

  • リコピン
  • βカロチン
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE


これらを含む食べ物を食べることで日焼けによる炎症を抑え、日焼けの症状を和らげることができます。

リコピンは赤い野菜や果物に含まれます。

これは植物が太陽から自分を守るために発生させる赤い色素がリコピンであるからです。

リコピンが豊富に含まれる食べ物にはトマトやスイカ、柿などがあり紫外線による日焼けを和らげるだけでなく、紫外線によるシミを予防する効果もあるので日焼けのケアには必須の栄養素です。

βカロチンはリコピンと同じく植物が太陽から身を守るために発生させる色素の1つです。

リコピンが赤い色素なのに対してβカロチンはオレンジの色素です。

βカロチンにも紫外線による肌のダメージを軽減させる効果があり、シミやくすみを大幅に改善する効果があります。

βカロチンを多く含む食べ物にはサツマイモやニンジンに多く含まれ、特にサツマイモはUVケア用品にも有効成分として含まれるほど優秀な働きをします。

ビタミンA、C、Eにはこれらには抗酸化作用があり紫外線による肌の老化を予防する効果があります。

この3つは一緒に取ることで効果が上がるのでバランスよく取りましょう。

3種類のビタミンをバランスよく含む食べ物にはカボチャやピーマンがあります。

これらの栄養素をすべてバランスよく取るには冷しゃぶがおススメです。

日焼けはアフターケアが大切


日焼けのアフターケア

日焼けは予防していても完全に防ぎきることができません。

1日中炎天下の中で外にいれば日焼け止めをしていてもどこかしら日焼けしてしまいます。

日焼けをしてしまった場合はその後のケアをするのとしないのでは全くその後の肌の状態が変わってしまうのです。

日焼けの症状をそのまま放置してしまうとシミ、くすみ、シワができてしまったり、季節的に冷房によって肌が乾燥しやすい季節なので肌荒れをおこしてしまいます。

アフターケアは日焼けをした当日中にしなくてはいけません。

では日焼けをしてしまったときにするべきアフターケアの方法を説明していきましょう。

日焼けをした肌を冷やす

日焼けは症状が軽かったとしても肌がやけどをおこしている状態なので冷やすことがまず大切です。

皮膚の中にこもった熱を冷やすことで肌が落ち着き、肌が修復されやすくなります。

日焼けは広範囲にわたることが多いのでシャワーや水風呂で全体を冷やしたり、保冷材をくるんだタオルを日焼けした場所にあてて冷やしましょう。

日焼け後の保湿は超重要!

日焼けをしてしまった肌からは急激に水分が失われて乾燥してしまいます。

乾燥したまま放置すると色素沈着が起こりやすくなりシミができやすくなったり、シワやたるみができたりと様々な老化現象に悩まされることになってしまいます。

そのため日焼けをした直後はいつもより念入りにスキンケアに取り組み、保湿をしてあげる必要があります。

日焼けをした時のスキンケアには注意すべき点があります。

まずは日焼けした直後は肌が非常にデリケートな状態なので敏感肌用などの低刺激な化粧水を使いましょう。

痛みがひどい強い時は化粧水もしみてしまうので使わないようにして、軟膏をぬって皮膚を保護しましょう。

ヒリヒリした痛みのある日焼け直後の肌にはなるべく刺激を与えずに保湿しないと美容成分に反応して炎症をおこしてしまうことがあります。

そのため美白成分が含まれるものや美容成分がたっぷりと含まれるものは痛みや火照りが収まってから使用を開始してください。

痛みがおさまったら美白ケア

日焼けによる痛みがおさまったら美白ケアをしていきます。

メラニン色素が生成されるのを防がないと色素沈着が起こってしまい、シミができる原因になってしまいます。

外側からはスキンケアで美白効果のあるもの、内側からは抗酸化作用のある栄養素をしっかりと摂取してメラニン色素をブロックします。

スキンケアではビタミンC誘導体をはじめとした過剰に作られたメラニン色素を薄くする成分の含まれたものを使用してケアをします。

内側からは先ほど日焼け予防の説明であげたリコピン、βカロチン、ビタミンA、C、EのほかにL-システインやアスタキサンチンなどのメラニンを抑制する作用のあるものを意識して取り入れることでシミを防ぐことができます。

日焼け後のケアは生活習慣も大切

日焼けをしてしまったとは意識して生活習慣を少し変えることで日焼け後のケアは格段に良くなります。

日焼け後にすべきことは

  • 水をよく飲む
  • しっかりと睡眠時間をとる
  • 今以上に日焼けをしないように気を付ける
  • 洗顔、ボディーソープをマイルドなものにする

これらの注意が必要です。

日焼け後の肌は非常に乾燥している状態なので体内からもしっかりと水分補給をしてあげないといけません。

肌の保湿だけでなく体内からもうるおいを与えてあげましょう。

次にしっかりとした睡眠時間を確保することも日焼けのケアには重要です。

しっかりとした睡眠時間をとることで肌のターンオーバーを促進して新しい肌細胞をつくることで赤くなってしまった肌を治すことができます。

日焼けは肌だけでなく身体にも大きなダメージを与えているので早く寝ることでゆっくり休めてあげましょう。

そして日焼けをしてしまった部分が今以上に日焼けしてしまわないように保護することがとても重要です。

すでに日焼けしてしまった肌に紫外線があたるといつも以上に肌がダメージを受けてしまうようになります。

日傘や服、帽子、サングラスなどを駆使して紫外線を防ぎましょう。

日焼け止めも効果的なのですが、日焼けのダメージが大きいと肌への刺激が強く痛みがでてしまったりと負担をかけてしまうこともあるので肌の調子に合わせて使用するかやめておくべきか判断しましょう。

最後に洗顔料やボディーソープは日焼けで少しでも痛みがある間は洗浄力の弱いものを使ってなるべく肌への刺激を抑えましょう。

そして洗う時のお湯の温度はなるべくぬるめで、日焼けによる乾燥をこれ以上ひどくしないように注意しましょう。

まとめ

日焼けした後にケアをするのとしないのとでは大きな違いができてしまいます。

将来シミやシワなどの老化に早い年齢から悩まされることになりたくないなら、若い時からしっかりとした紫外線対策、日焼け後のケアを始めておく必要があります。

夏場のアウトドアを楽しむときも日焼け予防とアフターケアを忘れずにしましょう。

男性の肌について徹底的に研究し
「保湿」「整肌」「エモリエント」「エイジングケア」に特化した「40種類以上の保湿美容液成分」をたっぷりと配合!!一本完結の【メンズオールインワン化粧水NOTOMANIA8(ノトマニア8)】を是非一度お試し下さい。