男性の肌について

【夏の不快なべたつきを改善!】顔、頭皮、体のすべてをサラサラにする方法!


夏場のべたつきは男の敵


べたつきを感じている男性

夏場になってくると少し動いただけで汗が吹き出し、顔や頭皮、体にべたつきがでてきて気持ち悪いと感じることが多くなってきますね。

1日中ベタベタした感じが残ったり、服が張り付いて気持ちが悪かったり、臭いが気になってきたりと嫌な気分がずっと続いてしまうため何とか解決したいものです。

女性よりもべたつきやすい男性にとってべたつきは毎年悩まされる厄介な問題です。

べたつきによりおでこから小鼻にかけてテカリもでてくるため見た目の清潔感も失われます。

今年の夏は去年よりも暑くなりそうな雰囲気なので、快適に過ごせるようにしっかりと対策をしていきましょう。

嫌なべたつきの原因

べたつきの原因になるものとして真っ先に思い浮かぶのは『皮脂』だと思います。

夏場は他の季節よりも皮脂の分泌量が多くなりやすい季節になります。

皮脂分泌量が増えてしまうのは肌が乾燥してしまっていることにも原因があり、夏場は表面が皮脂や汗でうるおっているように見えるのですが、実はエアコンや紫外線の影響を受けて肌の内部が乾燥しやすい季節なのです。

肌が健康な状態の人と比べて普段から肌が乾燥している人や、紫外線対策が充分にできておらず肌内部の水分を保つ機能が破壊されてしまっている人はべたつきがひどくなってしまいます。

さらに夏場のべたつきのもう一つの原因となるのが『汗』になります。

汗にはべたつきやすいものとさらさらのものがあり、これらは普段から汗腺がしっかりと働いているかどうかでどちらの性質を持った汗が多く出るのか分かれます。

汗腺の機能は普段から汗をかく習慣がないとどんどん低下していきます。

そして機能が低下した汗腺は塩分やミネラルを多く含んだ、
べたつく汗を出すようになります。

塩分やミネラルは水分とは違い蒸発しないで肌に残るため1日中べたつきとして残るだけでなく、肌表面に大量の雑菌を発生させ強い臭いやかゆみが発生するようになります。

顔のべたつきを改善するには

顔のべたつきを抑えるためにはスキンケアで肌内部で起こっている乾燥肌を改善するしかありません。

しっかりとした保湿ケアに取り組むことで肌の水分を守ろうと必要以上に分泌されている皮脂を抑えることができるようになり、自然とべたつきの少ない肌へと導くことができます。

夏場に行うスキンケアの注意点は洗顔をしっかりとすることと、化粧水だけでスキンケアを終わらせないことです。

洗顔は大量に分泌された皮脂や汗をしっかり落とし、その後の保湿ケアの妨げにならないようにします。

夏の洗顔では水を使ってしまいがちですが、冷たい水が肌に触れてしまうと毛穴が閉じてしまい、奥に残ってしまっている皮脂汚れを落としきれなくなってしまいます。

最初はぬるめのお湯で毛穴をしっかりと開き、しっかり洗顔をした後に水で毛穴を引き締めると効果的です。

またべたつきが気になるから洗顔回数を増やしてしまうとより乾燥が悪化してしまい、皮脂分泌量を増やすことになってしまうので絶対にやめましょう。

正しい洗顔をすればニキビや肌荒れといった肌トラブルは防げる!

次に洗顔後の保湿ケアを化粧水だけで終わらせてしまうこともより乾燥肌が悪化してしまう原因になってしまいます。

化粧水のほとんどは水で作られているため、化粧水をぬって放置していれば水分が肌にもともとあった水分まで一緒に蒸発してしまいます。

しっかりと乳液、クリーム、美容液を使用して充分な保湿を肌に与えなくてはべたつきを改善することはできません。

クリームや油分のべたつきがどうしても我慢できないのであればジェルタイプのオールインワンを使用すればべたつきが少なく快適に使用することができます。

保湿ケアは洗顔後すぐに取り組み、肌に水分がある柔らかい間にしましょう。

頭皮のべたつきはシャンプーの仕方を再確認

頭皮のべたつきが起こっている人の多くはきちんと頭を洗えていないことが原因の人が多くを占めます。

汗や皮脂だけでなく、シャンプーやトリートメント、スタイリング剤が頭皮に残ってしまいべたついた状態になってしまいます。

これらは主にシャンプーでしっかりと地肌を洗えていないことと、すすぎが不十分で汚れを流しきれずに残ってしまうことが原因になります。

落としきれずに残ってしまった油分は酸化し、雑菌を繁殖させるとともに臭いが発生するだけでなく、ベッタリとこびりついてなかなか洗い落とすことが難しくなります。

頭皮のべたつきを改善するにはまずシャンプーを正しく行うことが先決です。

まずシャンプー前の流しを入念に行う必要があります。

シャンプー前の流しで汚れのうちの8割を落とすことができると言われています。

軽く水分を含ませるくらいに流すのではなく、最低でも3分ほどはこすりながらしっかりと流しましょう。

次にシャンプーをつけ、頭皮を意識して洗っていきます。

皮脂をはじめとした油性の汚れはシャンプーを使わなければ完全には落ちません。

シャンプーをしっかりと泡だてて地肌を指の腹でこするイメージで全体を洗いましょう。

30~40代の男性に発生するミドル脂臭は後頭部から最も強い臭いを出すので特に念入りに洗いましょう。

最後にシャンプーやトリートメントを流していきます。

この最後の流しが充分にできていないことで頭皮がべたつく原因になっていることが最も多いので1番注意すべきポイントになります。

最後の流しにあてる時間が短すぎて流せていないことと、上からシャワーを当てて頭頂部から流すことで、後頭部から襟足付近にかけてシャンプーやトリートメントが残ってしまいやすくなることがべたつきの原因です。

流し残しを少なくするためにはまず時間をかけること、そして下を向きながら襟足から流すことが効果的です。

シャンプー後の流しにかける時間はシャンプーにかけた時間の2倍ほどが目安になります。

そしてシャワーを上からでなく下を向いて襟足からあてることで流し残しやすくなる場所がなくなると同時に翌日の皮脂分泌量が少なくなりやすいといったデータも出ています。

汗によるべたつきは体の不調に注意

夏場に汗を抑える対策ではべたつきを抑えきれないため、汗をべたつきにくいものに変えることが現実的な解決方法となります。

べたつく汗は汗腺の機能が衰えていることが原因なので汗腺の機能を回復させる必要があります。

汗腺機能はエアコンなどで簡単に温度を管理できる現代では何も工夫をしていないと自然に衰えていきます。

べたつきにくい汗に変えるには日ごろから汗をかく習慣を身に着けることで解決できます。

普段の生活に少し工夫を加えることや、運動することで汗をかく習慣は簡単に作れます。

効果的な汗腺機能を改善する方法には

  • 半身浴
  • エアコンの温度設定を上げる
  • 辛いものを食べる
  • ジョギングやウォーキング

これらのものがあります。

まず半身浴はぬるめのお湯でじっくりと温めていくので汗だけでなく毛穴の汚れや余分な脂質も流すことができます。

またじっくりとつかることで自律神経を整える効果もあるため、過剰に分泌されてしまっている皮脂を抑える効果も期待できます。

次にエアコンの温度設定をあげておくことで汗腺の機能低下を防ぐことができます。

外気と室内の温度差が5℃程度で収まるようにするのが理想です。

最後に運動をする習慣はクサい汗が出ないようにするための根本的な解決法になります。

運動不足の人の汗は刺激臭を放つアンモニアやアルデヒド系の物質を多く含み、非常に臭いの強いべたつく汗が出てしまいます。

このクサい汗は運動を習慣にして、筋肉をつけて代謝をあげ、老廃物をため込まない体を作れば改善されるためその後悩まされることがなくなります。

まとめ

べたつきは健康状態や肌の状態の影響を大きく受けるため、自分の衰えや異常を感じ取る一種のバロメーターのような役割も果たします。

例年に比べて、べたつきがあまりにもひどくなったり、年々状態が悪化してしまっている場合は自分自身の状態を一度確認してみましょう。

不愉快なべたつきのない夏場を過ごせるように肌や体を整えていきましょう。