ライフスタイル

【何もせずに諦めてませんか?】誰でもカッコいい男になれる方法

Pocket
LINEで送る

カッコいい男性とは

いつの時代においてもカッコいい男性(イケメン)は周りから憧れの対象になります。

カッコいい男性を表す言葉はイケメン、ハンサム、男前、美男子など様々なものがあります。

ネット上では「※ただしイケメンに限る」という言葉もよく使われることからもわかるように、一般の男性と比べて圧倒的に魅力的に見えます。

最近では雰囲気イケメンをはじめとして、かっこいい男性像は多様化しており、自分の頑張り次第で誰にでも魅力的になるチャンスがあります。

カッコいい男性になるためにはどのような努力が必要なのか、どのような工夫が効果的なのか見ていきましょう。

清潔感のあるカッコいい顔は努力次第で誰でもなれる

やはりカッコいい印象を与えるのに最も重要なのは顔になります。

顔を変えるのは整形をする以外にも実はできることがたくさんあります。

どのジャンルのカッコいい男性にも共通するのは清潔感があるということです。

清潔感のある顔になることは誰にでも可能で、手入れをすることが重要です。

魅力的で清潔感のある顔を作るために必要なのは肌、眉毛、ヒゲをしっかりケアすることです。

この3つが変わることであなたの顔の印象を大きく変えることができます。

肌は顔の清潔感を印象付ける最も重要なポイント


NOTOMANIA8でスキンケア

ベタツキやテカリ、肌荒れ、シワ、たるみなどの肌トラブルや老化の目立つ顔よりも透明感と潤いのある若々しい肌のほうが当然清潔感にあふれて魅力的であり、これらはスキンケアに取り組むことで手に入れることができます。

若い世代だけでなく、30~40代の男性でもスキンケアに取り組んでいる人が年々増加しているため、今後顔の若々しさには個人差が大きく表れてくるかもしれません。

男性の肌は脂性の部分と乾燥している部分がもともと混在していているうえに、水分量が女性の半分以下とかなりデリケートです。

さらに肌に関する知識も女性と比べると圧倒的に劣るため、紫外線をはじめとした外部からの刺激、とにかく洗浄力が強くメントールやアルコールによるさっぱり感の強い洗顔料でゴシゴシと洗って肌を傷つけ乾燥や炎症を悪化させてしまったりと、知らず知らずのうちに肌の状態をどんどん悪くしてしまっていることが多いのです。

しっかりとした保湿ケアに取り組むこと、衰えが気になってきたらアンチエイジングにしっかり取り組むことで周りの男性とは圧倒的な差を生むことができます。

スキンケアに取り組んだことがない方はぜひ一度これらの記事を読んでみてください。

眉毛で顔の印象は大きく変わる


眉毛と顔の印象

眉毛は男性の顔の印象を大きく変えるほど影響力があります。

形を整えず生えてきたまま伸ばしっぱなしにしていてきれいな形になる人はごく少数なので、きちんと整える必要があります。

眉毛の生え方と量、顔だちによって個人個人にとってのベストな眉毛の形は多少異なりますが、理想的とされる眉頭、眉山、眉尻の位置があります。

まず眉毛の起点になる眉頭は鼻の始点と目頭のちょうど中間が理想で、それよりも内にはいればキツイ印象を、離れれば間の抜けた印象を与えます。

次に眉毛の頂点になる眉山は黒目の外側から目尻の間までにおさまることがベストです。

ただし眉頭から眉山にかけての角度が急に上がりすぎてしまうと不自然になってしまうので注意しましょう。

最後に眉尻は小鼻から目尻にかけての延長線上の内側に収まるようにし、眉頭よりも少し高い位置で終わるようにします。

さらに眉毛の太さを変えることでも印象が変わり、太いとワイルドな印象になり、細いと中性的な印象が強くなります。

ただし太すぎると野暮ったく、細すぎると昔のヤンキーみたいになってしまうのでやりすぎには充分注意しましょう。

清潔感のある男になるにはヒゲの処理も完璧に


清潔感とヒゲの処理

ヒゲをきちんと剃って、肌がつるつるしていると清潔感があり、自己管理ができる印象を与えることができます。

しかしカミソリ負けで肌が荒れてしまっていたり、剃り残しがあったり、青くなってしまうと大きく清潔感を損なうことになります。

カミソリ負けによる肌荒れはプレシェーブローションやアフターシェーブローションを使って肌の負担を減らすことと剃った後にしっかりと保湿することで防ぐことができます。

またカミソリでなくて電気シェーバーを使うと刃が皮膚に直接触れることが少ないのでより肌荒れが起こるリスクを減らすことができます。

次に剃り残しを防ぐためのコツはカミソリの刃の切れ味が落ちていないこと、シェービング剤を使ってヒゲを水分に含ませ、柔らかく剃りやすい状態にしておくことです。

ヒゲが硬いままだったり歯の切れ味が悪いことが原因で剃り残しがでることが多いので、シェービング剤を使うこと、こまめに刃を変えることを忘れずにしましょう。

最後に青くなってしまうのは肌が白いこととヒゲが濃いことが原因です。

青ひげを改善するには日焼けやコンシーラーでごまかすか、レーザーや光脱毛で薄くしてしまう方法があります。

日焼けやコンシーラーでごまかすのは根本的な解決にはなりませんが手軽に解決することができます。

レーザーや光脱毛によって薄くしてしまう方法は値段が非常に高くなってしまいますが、今後の青ひげになることがなくなるため、悩みからほぼ永久に解放されることになります。

男性のカッコよさは髪型も大切


髪型とカッコよさ

髪型は顔と同じくらい男性の見た目に大きく影響します。

男性は髪型次第でいくらでもカッコよくなることができますし、反対にどれだけ顔が整っていようが髪型がダメであれば一気にかっこ悪くなってしまうほど重要なポイントになります。

顔の形、髪質、服装などによってベストな髪型は異なりますが、女性が男性の髪型に求めているのは『清潔感』と『爽やかさ』が最も多く、ショートスタイルが人気の傾向にあります。

そのため伸ばしっぱなしのボサボサの髪やワックスでスタイリングされていないぺたんこの髪型のまま放置してしまうのはマイナスイメージにつながってしまいます。

ショートスタイルは月に1回を目安に、ミディアムスタイルであれば2か月に1回くらいのペースでカットを入れることが理想です。

またワックスなどのスタイリング剤だけでスタイルを作るのではなく、ドライヤーをしている時点である程度形を作ってしまうことも重要です。

根元の動きは髪が乾いていく過程で決まるため、ドライヤーでしかスタイリングをすることができません。

動きが出にくかったり、くせで抑えたい部分も広がってしまう場合、パーマのような動きを出したい場合はヘアアイロンを使ってスタイリングをすると思い通りにいくことが多いです。

ヘアアイロンを使ってもうまくスタイリングができない場合は髪をはさむ量が多すぎて熱がうまく伝わっていないことが原因のことが多いのでしっかり分け取ってアイロンを使用しましょう。

細く引き締まった体を作り上げる


細マッチョ

カッコいい見た目を作るためには細く引き締まった体系を作ることも必要です。

身長を伸ばすことや、足を長くすることはできませんが、細マッチョになることは努力次第で誰にで可能です。

生まれつき筋肉のついた引き締まった体の人は当然いないため、生活習慣や食生活、トレーニングなどの努力が必要です。

細マッチョになるとスタイルがよくなり、仕事時のスーツやプライベートでのファッションが劇的にカッコよくなります。

細マッチョというくらいなので必要とされるのは筋肉と細身の体を作ることです。

そのため太っている人と痩せている人ではするべきことが変わってきます。

実は太っている人は細マッチョになりやすい

現在太っている人は第一に痩せることから始めます。

太っている人は重い身体を動かすためにある程度筋肉がついている状態なので細マッチョを目指すには意外と痩せている人よりも太っている人のほうが簡単になります。

痩せるために必要なのは食事制限と運動です。

現在の食生活が原因で太ってしまっているため、大幅に改善する必要があります。

太ってしまう原因となる脂質や糖質の取りすぎをまず抑えます。

痩せるために食べるのを控えたいのが揚げ物やジャンクフードをはじめとした脂っこいものと米や麺類などの炭水化物です。

これらの食べる量を減らして別のものを多くとるようにするだけで、月に数キロ体重を落とすことも可能です。

脂質と糖質の代わりに鶏肉などでタンパク質を多くしたり、野菜類を多くとって健康状態をよくし、きれいな肌が作れるようにすることが望ましいです。

食事制限に加えて運動にも取り組めばさらに痩せていくスピードが上がります。

運動の中でもランニングやウォーキングのような有酸素運動は脂肪を燃焼する効果が高くおススメです。

そして体重と体脂肪率が落ちてきてから筋トレに取り組み始めます。

ただし痩せるための有酸素運動も、筋肉をつけるためのトレーニングも急に始めてしまうとケガにつながりやすいため体を慣らしていきながらゆっくり取り組んでいきましょう。

太っている人が細マッチョになるために最も重要になるのは食事の改善で、これさえできれば自然と体重が落ちていくようになります。

最初はきつくない程度から始めて、嫌にならず続けられるペースで取り組んでいきましょう。

細い人が筋肉をつけるために必要なこと

細い人はもともと遺伝的に筋肉が付きにくい人が多いので、実は太っている人よりも細マッチョになるのが意外と難しい場合があります。

細い人が筋肉をつけるために必要なのは食事量を増やすこととトレーニングです。

まず細い人は食事量が少ないか、栄養を吸収する能力が低いので筋トレをしても充分な栄養が筋肉を大きくするために足りず、頑張って筋トレをしても効果を感じられないことが多いのです。

効率よく筋肉をつけるためには原料となるタンパク質を取る必要があります。

しかし普通の人でも食事で筋肉をつけるために充分な量を取ることがかなり難しいため、細い人はプロテインを使用しなければ不可能だと思います。

そして筋肉をつけるためのトレーニングはバランスよく全体を鍛えていきます。

細マッチョになるためには筋肉で体を大きくしすぎないことも大切で、肩幅や腕周りや胸筋を大きくしてしまうとゴリゴリに大きな体になってしまい、細マッチョではなくなってしまいます。

目標は体脂肪率が低く、筋肉量が多めの肉体を作ることです。

細マッチョを作るのにおススメの筋トレは

  • スクワット
  • 懸垂
  • 腕立て
  • 腹筋

これらの基本的な誰でも知っている方法で全身の筋肉をバランスよく鍛えることができます。

自分にとって負荷が足りないと感じるようであれば、ダンベルや腹筋ローラーなどの器具を使用するとより効果的です。

匂いを味方につければ強力な武器になる


香りをまとって匂いを味方にする

カッコいい男性やモテる男性に近づいたときにいい匂いがすると感じたことはありませんか。

男性にとって匂いは味方につければ大きな武器になります。

いい香りをまとうために注意するべきポイントは

  • キツくならないようにする
  • 混ざらないようにする
  • 清潔であること

この3つが大切です。

まずキツすぎる匂いは女性に特に不快感を与えてしまうことになります。

男性よりも女性のほうが嗅覚が強いので、自分がいい匂いと感じるよりも少し抑えめくらいがちょうどよくなります。

特に香水を使うときは香りが強いため他のものよりも注意が必要です。

次に匂いが混ざってしまうと他人に強い不快感を与えてしまうことがあります。

電車内やエレベーターに複数人、香水や柔軟剤の香りが強い人が乗っていて気分が悪くなってしまったことがある人にはわかりやすいと思いますが、あのいろんなものが混ざり合った独特の不快感のある臭いが自分の体から出てしまっていたとしたら大きなマイナスイメージを与えることになるのは想像できると思います。

よくやってしまいがちなのが、服についている柔軟剤の匂いと香水の匂いが全く別系統のもので香り同士がケンカしてしまっているのに本人が気づかないというパターンです。

香りの強いものを使うときは1つだけにして、他の香りはほぼ無臭くらいまで抑えましょう。

最後に清潔に保つことは体臭が強くなってしまいやすい男性にとって必要最低限のマナーです。

男性は若いころは汗の臭いが強く、30~40代ごろで『ミドル脂臭』と言われる最も臭いと拡散力が強く、遺伝子的に女性が嫌がる臭い、それ以降には加齢臭といった風に何歳になってもその年代特有の体臭があります。

これらの体臭は不潔であることや生活習慣が乱れてしまっていることが原因で発生しています。

毎日のお風呂で体、頭ともにしっかりと洗い、清潔感に気を使っていて、めちゃくちゃな生活習慣や食生活を送っていなければ未然に防ぐことができます。

体臭には健康状態を判断するための情報が含まれており、健康であればいい匂いに感じ、不健康であれば不快に感じるような能力が人には備わっています。

そのため体臭がクサくなってしまうと他の男性よりも女性とコミュニケーションを取るときに圧倒的に不利な状況になってしまいます。

香水や柔軟剤、シャンプーなどの香りを以上のことに気を付けて、匂いと上手に付き合っていきましょう。

体臭にお悩みの方は男の臭いに関するマナーと対策を考えるもご覧ください。

カッコいい男性は内面にも違いがある

カッコいい男性は外見だけでなく内面も魅力的でなくてはなりません。

一緒にいて楽しい人、面白い人、優しい人など女性の求める理想的な男性像には内面的な魅力を表す言葉が多く出てきます。

つまり外見だけカッコよくても、内面に魅力を感じないのであれば女性にとって真にカッコいい男性とは言えないのです。

性格や趣味嗜好も男性にとって自分をより魅力的に見せるための大きな武器となるのです。

性格は自分らしさを大切にしよう


魅力的な性格

内面の中で1番カッコよさに影響するのは性格です。

人によって魅力的に感じる部分に細かい差がありますが、ざっくりと見たときに『爽やかさ』のある男性にカッコよさを感じない人はいないでしょう。

明るさと優しさがあり、常に自然体でいることができる人であれば万人受けすることが可能でしょう。

しかし性格は生まれ持ったものと、その後の環境によって形成されるため当然1人1人違います。

あなたの性格で周りが魅力的だと感じている部分や自分が自信を持っている部分を前面に押し出すことがより自分だけの魅力を引き出す最適な方法だと思います。

自分らしさを大切にし、魅力を最大限に引き出しましょう。

趣味はより自分を魅力的に見せる


料理を趣味にする

初対面の時に相手をより知るため、よく趣味について話になることがあると思います。

趣味の種類や性質によってモテるものと拒絶されてしまいやすいものがあるのは既にご存知でしょう。

スポーツやアウトドア系のものは受けがよく、インドアで女性でそれが趣味の人が少ないジャンルは受けが悪いことが多いです。

中でも最近男性でも広い世代で取り組んでいる人が多く、女性受けが抜群に良いとされているのが料理です。

料理ができる男性は様々なメディアでもピックアップされており、若い男性で趣味として料理ができる人がものすごく多いことや、定年してから料理教室に通い始めてセカンドライフを楽しんでいる人が急増していたりと、今最も話題の趣味と言えるでしょう。

また家庭的な面もアピールすることができるため、女性が魅力的に感じるのは当然なのかもしれません。

料理以外の趣味でも、一緒に連れて行ってもらって楽しそうと感じることができる趣味であったり、一緒に取り組むことができる趣味は好感を持たれやすく、

  • スポーツ
  • 旅行
  • DIY
  • ドライブ
  • 映画鑑賞

なども高い人気があります。

無趣味な人やインドアで自分1人で没頭してしまう趣味が多い人は周りと共有、共感できる趣味を1つ作るのがおススメです。

カッコいい男性は会話力が高い


会話力

面白い男性や一緒にいて楽しいと感じる男性は周りから魅力的に見えます。

会話には人を楽しませるだけでなく、その人の持つ知性が見えます。

同じ内容の話であっても話し手が変わるとすごく面白く聞こえたり、反対にすごくつまらなくなってしまうことがあります。

この差は話し方やボキャブラリーの量、切り返しのうまさなどその人の持つ技術による違いによって生まれています。

うまく話す人の特徴には

  • 話題選びがうまい
  • 例えがわかりやすい
  • 言葉選びが秀逸
  • 声のトーンや話すスピードを変える
  • 聞き上手

これらのどれか、もしくはすべてが身についているため、話が面白くて引き込まれるのです。

会話力を向上させるためには相手をよく観察すること、読書をするか文章を書くことでボキャブラリーを増やすこと、常に色んなジャンルの情報に触れて幅広い知識を持つこと、これら3つに取り組めば自然とうまく話す力が身につくのと会話の引き出しが多くなります。

後は実際に会話をする機会を持つことで実践的に使えるようになってきます。

まとめ

カッコいい男性になるには努力や工夫が必要ですが、誰にでも平等にチャンスが与えられています。

外見や内面を磨くことを続けている人と、何もしていない人では男性としての魅力に埋まらない差ができます。

自分自身の決断でいつまでも魅力的な男性でいられるか、それとも魅力を失っていくのか選ぶことになります。

カッコいい自分であり続け、いつまでも成長を続ける男性であり続けましょう。

Pocket
LINEで送る