【なぜ自分だけ太るのか!?】簡単に痩せやすい体になる方法

太りやすい人と太りにくい人

 

同じくらいの量を食べているのに、なぜか「自分だけ太ってしまう」と疑問に思ったことはありませんか?

そういった方は、少し食べる量が増えた時期があると、すぐに顔やおなかに肉がついてしまいます。

このように「太りやすい人」と「太りにくい人」の違いは、体質と環境に原因があると言われています。

自分は本当に太りやすい体質なのか?

それとも自分が無意識に続けている習慣が原因になっているのか?

これらは調べるとすぐにわかることなのです。

肥満は親から遺伝する

 

太りやすい体質は遺伝することがすでに分かっています。

太りやすくなってしまう原因の3割は、「遺伝により親から肥満遺伝子を引き継いでしまうこと」にあると言われています。

肥満遺伝子は、食べ物から取り入れるエネルギーを体内に蓄える能力が高く、基礎代謝を低下させる力があります。

この肥満遺伝子は現在50種類以上あることが確認されています。

しかし肥満遺伝子を持っているからといって、絶対に太ってしまうというわけではありません。

太りやすい原因の3割は遺伝によるものですが、残りの7割は環境によるものなのです。

太りやすい体質は今までの生活習慣によって作られる

 

太りやすい生活習慣
親子で同じような体型になりやすいのは遺伝の影響もありますが、実は同じ食生活や生活習慣を続けることが肥満につながっているのです。

親が太りやすい「食事」「生活」をしていれば、当然子供も同じような体型になりますし、その環境が普通であり、当たり前だと思うようになってしまいます。

そのため太りやすい体質は、自分が今まで送ってきた生活習慣による影響が大きく、食べ過ぎにより常に栄養が過剰に余っている状態になり、余った栄養を運動で燃焼させることも出来ないため、内臓にずっと負担がかかってしまうのです。

そうなると、内臓で栄養を充分に分解することができなくなり、脂肪として体につきやすくなっていくのです。

通常の体質であれば、食事で取り入れた栄養はそれぞれ分解されて、必要なところに必要なだけ送られ、余った分は排出されます。

つまり「太りやすい体質」「太りにくい体質」を分けるのは、内臓をはじめとした健康状態の差と、それを作る習慣の差が大きいのです。

自分が太りやすい遺伝子を持っているか確かめよう

 

太りやすい生活習慣を改善する前に、自分が太りやすい遺伝子を持っているか、それとも痩せやすい遺伝子を持っているかを大まかにですが確認していきましょう。

まず「おなかがポッコリと出てしまうタイプ」は、男性に多くβ3ARという肥満遺伝子によるもので、血糖値が高くなりやすく、内臓脂肪がたまりやすい、基礎代謝が一般的な人よりも低いといった特徴があり、糖尿病や脂肪肝、脳梗塞、高血圧になるリスクが他の遺伝子よりも高い特徴があります。

しかし「ダイエットの効果が一番出やすく痩せやすい」のもこのタイプになります。

次に「下半身に脂肪がついてしまいやすいタイプ」は、女性に多くUCP1という肥満遺伝子によるもので、脂肪を燃焼する能力が低く、皮下脂肪がたまりやすい、運動や食事制限によるダイエットの効果が出にくいといった特徴があり、子宮関係の病気のリスクが高く、セルライトも出来やすい特徴があります。

最後に「太りにくく痩せやすい人」にも特別な遺伝子があり、β2ARという手足が長く筋肉がつきにくい体質の人に多くみられるのが特徴です。

この遺伝子を持っている人は太りにくく、代謝も高い、ほっそりとしてスタイルがよい反面、胃腸が弱い、体力が低く免疫力が弱い、低血圧といった特徴があるのと、筋肉が少ないため一番痩せにくいというデメリットがあります。

日本人はほぼ確実にこの遺伝子のどれか1つを持っています。

自分がどのタイプに当てはまるか確かめてみましょう。

太りやすい生活を改善しよう

 

太りやすい体質を改善するためには、環境を変化させて痩せやすい体を作っていきましょう。

今の生活習慣を変えることなく、ダイエット食品やサプリメントだけで痩せることは不可能です。

基礎代謝の向上、内臓へ負担を軽減、食生活の改善、たまった脂肪を燃やすための運動が必要です。

基礎代謝の向上や余った脂肪を燃やすためには、運動によって筋肉をつけることと、筋肉を動かすことで解決することができます。

筋肉をつけることで基礎代謝が向上し、何もしていない時でもカロリーを消費しやすい状態になるだけでなく、筋肉が動いたときに消費されるエネルギーが増えるため、痩せやすい体質に変わることができます。

さらに筋肉を動かすことでしか「リンパ管に詰まっている老廃物」は流すことが出来ないので、むくみで太っている場合にも、運動をする習慣は効果的です。

そして内臓に負担をかけない食生活を送ることで、カロリーが常に過剰に余っている状態から抜け出します。

太る原因になってしまう食品は、脂質を多く含む揚げ物やスナック菓子と、体内で糖質に変わる米やパン、麺類などの炭水化物があります。

これらの摂取量が多いとカロリーも多くなるため、かなりハードな運動をしないと消費しきれなくなってしまいます。

全く食べないようにする必要はありませんが、太りやすい体質を改善するためには、今の食べる頻度や量を大幅に減らす必要があります。

体内に脂肪として蓄えられている原因は「過剰に摂取され余っている脂質や糖質」なので、ここを改善しないことには何も変わりません。

最初は空腹感が辛いこともありますが、低カロリーのものを食べてカバーするなどの工夫をすることで、かなり楽になります。

さらに「食べる時間帯」や「食べ方」でも、太りやすさは大きく変わります。

例えば早食いをする人が太りやすいというのは、耳にしたことがあるかもしれません。

これは食べ始めて20分以上たたないと満腹中枢が働かないため、満腹感が得られず必要以上に食べすぎてしまうためです。

 

太りやすい生活習慣
そのほかにも

  • 寝る前に食事をとる
  • 飲みに行くことが多い
  • あまり噛まないで食べてしまう

これらの行為も太りやすい習慣になってしまいます。

まず消化機能は夜のほうが働きが鈍くなるため、寝る直前に食事をとってしまうと、寝ているあいだも内臓は消化のために働き続けることになってしまい、代謝能力が低下して太りやすい体質になります。

飲みに行く機会が多かったり、毎日お酒を飲んでいることも太ってしまう原因になってしまいます。

お酒はアルコール度数が高いほどカロリーが高かったり、糖類が多くふくまれているものが多いため太りやすく、さらにつまみ類も高カロリーなものがほとんどなので、より太ってしまう原因となってしまうのです。

ビールをジョッキで1杯飲むだけでも「お茶碗1杯分のカロリー」になるため、お酒を飲む機会の多い人はその分のカロリーを消費しなくてはすぐに太ってしまいます。

最後に、あまり噛まないで食べることも太りやすくなってしまいます。

噛むことによって満腹中枢は刺激されるので、噛まずに飲み込んでしまうと食べる量が自然と多くなってしまいます。

さらに大きいまま消化器官に回されるため、内臓に大きな負担を与えることになります。

これらの習慣をすぐにでもやめることで、太りやすい体質を作る環境から痩せやすい体質を作る環境へと変えることが出来ます。

本気でダイエットや体系を変えたいと考えている人は、すべて改善してしまえば今後「痩せたいという悩み」を持つことはなくなります。

まとめ

 

太りやすい体質は遺伝だからと諦めることはありません。

習慣と食生活次第で痩せやすい体質は作ることが出来るのです。

自分が今まで送ってきた生活が太りやすいものではなかったか確認し、それらを見直す事で、理想的な体型に近づけることが出来ます。

最初の辛さを乗り越えて、モテモテの未来を手に入れましょう。

>NOTOMANIA8(ノトマニア8) メンズオールインワン美容液

NOTOMANIA8(ノトマニア8) メンズオールインワン美容液

辛口批評で有名な本格検証雑誌「MONOQLO」でベストバイ獲得!!
計375時間にわたる専門家による成分や保湿力の検証を経て
圧倒的1位に輝く!!
男性肌の特徴・生活習慣による肌ダメージを徹底的に研究し
【使用感・原料・容器】
すべてにこだわりぬいた結果
たどり着いた答えがNOTOMANIA8(ノトマニア8)
プラセンタ・EGF・FGFなど40種類以上の保湿美容液成分を
たっぷりと配合する事により、男性肌に必要不可欠な
【保湿・ハリツヤ補給・整肌・エイジングケア】
これらを1本で全てカバー!!
濃密な成分がたっぷりと入った保湿美容液なのに
付け心地の良いサラサラの使用感で
ベタつかずにしっとり長持ち!

CTR IMG