【ヒゲソリを見直そう!】男性肌を傷つけないヒゲソリのやり方

男性の肌は「ヒゲソリ」で毎日傷ついている

一般的に男性は毎朝ヒゲを剃る人がほとんどでしょう。

その際に肌を切ってしまい「血が出たこと」や、「ヒリヒリして赤くなってしまった」経験はありませんか?

これは、肌の「角質層」がヒゲと一緒にそり落とされてしまい、傷ついてしまったことが原因です。

このヒゲソリにより、男性のアゴや口周りは非常にデリケートで「吹き出物が出来やすい」「粉をふきやすい」「乾燥しやすい」といった特徴があります。

そのため、おでこから小鼻にかけては脂っぽいのに、あごや口周りが乾燥しやすい「混合肌である」という事が「男性の肌の最大の特徴」でしょう。

 

敏感肌で肌トラブルが起きやすいという人はこちらの記事も参考にしてみてください。

【肌が弱い人必見】敏感肌になる原因と効果的な改善法!

電気シェーバーとカミソリの違い

 


ひげそり
「電気シェーバー」と「カミソリ」では、肌へのダメージは大きく異なります。

電気シェーバーは、肌への負担が圧倒的に少なく、うっかり肌を切ってしまうことがないのです。

これは、電気シェーバーの剃り方の特徴であり、ヒゲを切断するための刃が肌に直接触れることがない設計になっているため「角質層」をヒゲと一緒に剃り落としてしまうことがない為です。

ただし、細い毛を剃り残したり、ウエット状態で剃れるタイプのものでないと、剃った後でもざらつきを感じることもあるため「深く剃りたい人」や「ヒゲが濃い人」は、ハイスペックなものを選ばないと物足りなさを感じることもあります。

対してカミソリは、肌に直接ヒゲを切断するための刃が触れるため、肌への負担はどうしても大きくなってしまいます。

刃の枚数が多ければ多いほど、刃にかかる圧力が分散されるため負担が和らぎますが、それでも電気シェーバーよりダメージを受けてしまいます。

「ヒゲの濃い人」「伸びるペースが速い人」「剃り残しがないようにしたい人」は、カミソリのほうがキレイに剃りやすいというメリットがあります。

細かい部分を剃りたいときも小回りが利くため、カミソリのほうが向いていると言えるでしょう。

ヒゲソリを行う際に注意するべきポイント

電気シェーバーは「肌に対して直角にあてる」こと、カミソリでは最初は「毛流れにそって剃る」ほうが効果的です。

また、どちらも刃の交換を定期的にしなくては、肌にひっかかり傷つけてしまう危険性が上がります。

そしてヒゲを剃る際には、事前に水分を含ませておいたほうが良いでしょう。

毛は水分を含むと膨潤し柔らかくなる性質があるため、切断しやすくひっかかりも少なくできます。

ヒゲを剃る前は「プレシェーブローション」、剃った後は「アフターシェーブローション」などの化粧水を使用することで、肌への負担を減らすことも当然重要です。

 

化粧水の選び方についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

【本当に良い化粧水の選び方】おすすめランキングサイトの真実は実は、、、

毎日の「ヒゲソリ」を見直そう

何気ない毎日のヒゲソリで、男性の肌はいつも傷ついています。

カミソリ負けや乾燥を防ぐために「正しい方法」「正しいメンテナンス」を行いましょう。

またヒゲソリ後の「保湿ケア」をしっかりとする事。

これなくしては清潔感のある肌の実現は難しいです。

毎日の積み重ねで「キレイな肌」を手に入れましょう。

>NOTOMANIA8(ノトマニア8) メンズオールインワン美容液

NOTOMANIA8(ノトマニア8) メンズオールインワン美容液

辛口批評で有名な本格検証雑誌「MONOQLO」でベストバイ獲得!!
計375時間にわたる専門家による成分や保湿力の検証を経て
圧倒的1位に輝く!!
男性肌の特徴・生活習慣による肌ダメージを徹底的に研究し
【使用感・原料・容器】
すべてにこだわりぬいた結果
たどり着いた答えがNOTOMANIA8(ノトマニア8)
プラセンタ・EGF・FGFなど40種類以上の保湿美容液成分を
たっぷりと配合する事により、男性肌に必要不可欠な
【保湿・ハリツヤ補給・整肌・エイジングケア】
これらを1本で全てカバー!!
濃密な成分がたっぷりと入った保湿美容液なのに
付け心地の良いサラサラの使用感で
ベタつかずにしっとり長持ち!

CTR IMG