男性の肌について

そのニキビ対策間違っていませんか?


ニキビができる原因

ニキビができる原因は毛穴のつまりです。

思春期の毛穴のつまりと大人ニキビになる毛穴のつまりは異なる原因があります。

思春期にできるニキビの原因は過剰に分泌された皮脂が原因となって毛穴がつまりギトギトした脂っぽいニキビができてしまいます。

それに対して大人ニキビの原因は古い角質が蓄積し毛穴を塞いでしまいそこでアクネ菌が繁殖してできてしまいます。

肌の乾燥や代謝が落ちてくることでターンオーバーが遅くなり古い角質が蓄積していきます。

ニキビを作ってしまう生活習慣

ストレスをため込む生活をしているとホルモンバランスの乱れが出てきてニキビが発生しやすい環境ができてしまいます。

ストレスにより睡眠不足や暴飲暴食などを続けているといつまでたっても治らないようになってしまいます。

また男性の場合はストレスの他にも、肌に関する知識が乏しいため、洗顔のし過ぎで皮脂の過剰分泌を引き起こし毛穴のつまりを誘発したり、ヒゲソリの際に衛生環境が悪く菌が入ってしまったり、ヒゲソリ後の保湿ができておらず乾燥してしまい古い角質がたまってしまうために大人ニキビができてしまいます。

アゴ付近や口周りにだけ大人ニキビが発生してしまう人はヒゲソリが原因となっているのですぐに保湿に取り組みましょう。

間違ったニキビ対策

よく聞く話ですがニキビをつぶしてしまうのは絶対にいけません。

跡が残るのと炎症がひどくなってしまうためよりひどくなってしまいます。

また洗いすぎも皮脂がより分泌されるようになってしまうため症状が悪化します。

そのため洗顔回数を増やすことやスクラブ入りの洗顔料で刺激を与えてしまうこともよくありません。

洗顔後の流し残しも当然よくありません。

さらにシャンプーやトリートメントの流し残しの場合は背中ニキビの原因にもつながります。

ニキビ対策に必要なこと

ニキビ対策として最も効果的なものは正しい洗顔と保湿です。

過剰に分泌した皮脂や古い角質を落とし、保湿することが重要です。

皮脂が過剰に出ている状態や古い角質がたまっている状態のときは肌が乾燥しているために起こる現象なのです。

注意点としてニキビのある肌にはなるべく刺激を与えてはいけません。

なので洗顔のときに刺激を与えてしまったり、アルコールが入っている化粧水は絶対にNGです。

次に食事に気を付けることも大きな効果をもたらします。

食事の中でも特にビタミンCは過剰な皮脂を抑える効果や抗炎症作用があるためニキビを治すためには最適です。

正しい習慣を身に着けて素早くニキビを治しましょう。