全記事一覧男性の肌について化粧水・乳液・オールインワン

【乳液で肌の乾燥を防ぐ!】乳液が肌に与える効果とは?

みなさん「乳液」は使っていますか?

化粧水は使っていても、乳液は使っていないという方が多いのではないでしょうか。

べたべたするし、別に使わなくてもスキンケアにおいてそんなに大きな変化が無いのではないかというイメージがありますよね。

そもそも乳液って何なのかという疑問すらあります。

乳液は使った方が良いのか?

乳液の効果って何なのか?

今回はそんな「乳液」についてご説明したいと思います。

乳液の効果と種類

乳液には油分が15%~20%ほど含まれており、「肌表面に水分の蒸発を防ぐ膜を作る効果」があります。

主に化粧水や美容液で、水分や栄養を肌に補充した後に使用し「水分を閉じ込める効果」や「肌を柔らかくし、栄養分が肌に浸透し易くする効果」などもあります。

また保湿効果だけでなく、外部からの刺激や異物が入り込まないようにする「バリア機能」としての役割も果たしてくれます。

要は乳液に含まれる「油分」によって、肌を美しく保つ為に必要な作業が行われるという訳です。

ということは、肌を美しく保つには「油分」が必要で、その油分を含む「乳液」はスキンケアに必要ということになります。

また、乳液には油分以外にも肌を美しく保つ為に必要な成分が含まれており、その役割によって乳液にも様々な種類が存在します。

代表的なものをご紹介すると、保湿効果を高めてくれる「保湿乳液」、紫外線をカットしてくれる「UV乳液」、色素が含まれ化粧下地などに使われる「ティント乳液」などがあります。

乳液の正しい使い方

乳液がスキンケアにおいて必要であることは先程ご説明させていただきました。

しかし乳液は油分を多く含むため、間違った使い方をしてしまうと逆に肌荒れを招くおそれがあります。

ですので、乳液の正しい使い方をマスターして、肌トラブルを回避するよう心掛けましょう。

「乳液」は基本的に「化粧水」「美容液」の塗布後、最後に使用します。

「おでこ」「頬」「アゴ」の3か所にのせてから、優しく指の腹で顔の中心から外側へ、下から上へと伸ばしていき、全体にいきわたらせます。

この際に自分の肌の中で「特に乾燥している場所」に多めに塗っておくと、より効果が発揮されます。

ウォータータイプの液状のものを使用する場合は、コットンになじませてから使用します。

コットンを優しく肌にあて、手で塗る時と同じように顔の中心から外側へ、下から上へと塗っていきます。

鼻は脂っぽくなりやすくテカりやすいため、最後に塗るのが望ましいでしょう。

乳液の肌質別の選び方

肌質によっては、乳液のもつ「成分」や「油分量」の違いにより、自分の肌に合わないものが存在するので、自分の肌質に合う乳液を選ぶようにしましょう。

「敏感肌」の人は、「添加物」「着色料」「鉱物油」「アルコール」など、刺激の強いもので肌荒れやかぶれを引き起こしてしまう可能性があるため、すべて無配合、フリーと明記されたものを選ぶ。

「脂性肌」の人は、油分が控えめの「サラッとしたタイプ」のものを選びましょう。

「乾燥肌」の人は、多少油分があり「セラミドなどの保湿成分」が多く含まれるものを選びましょう。

肌質やメンズコスメの選び方については、こちらの記事を参考にしてみてください。

【本当に良い化粧水の選び方】おすすめランキングサイトの真実は実は、、、

乳液は絶対に必要なのか?

ここまで「乳液」についてご紹介させていただきましたが、結論「乳液は絶対に必要なのか?」というと、絶対ではありません。

途中でお話しさせていただきましたが、肌を美しく保つ為に必要なものは「油分」であり、「乳液」ではありません。

「乳液」以外でも「油分」を含むものであれば、それで代用が可能ということです。

世の中には様々なスキンケア用品が存在し、「乳液」というカテゴリーでなくても、「乳液」と同じ効果をするものも多くあります。

重要なことは、自分の肌を理解し「自分の肌を美しく保つ為に必要な成分を補充をすること」です。

効果的なスキンケアを行うために、自分の肌ともう一度向き合ってみてはいかがでしょうか?