ライフスタイル

ストレスとの上手な付き合い方!


ストレスの多い現代社会

今年から常時50名以上の従業員がいる会社はストレスチェックが義務化されるなど、社会の抱える大きな問題であるストレス。
ストレスによる労災認定の増加により労働安全衛生法が改正され、年に1度労基署への報告義務が課されるようになりストレスへの対策も急がれています。

軽視しがちですがため込んでしまうと精神的、肉体的な不調をもたらします。

長時間の労働、人間関係の希薄化など様々な要因でストレスは発生します。

ストレスと上手な付き合い方をするスキルは現代人にとって楽しく生きるには必須なものへとなってきています。

ストレスが与える影響

科学的な証明はまだされていませんが老化のスピードが加速するのはよく言われています。

白髪が急激に増えたり、疲れ切った顔になってしまったり、例を挙げると橋下前大阪市長やオバマ大統領など責任感の大きい政治家になった人物はほんの数年で顔が大きく変化したり、白髪が急激に増えることがあります。

ほかにも肩こり、疲れ目、不眠、肌荒れ、自律神経の乱れなど様々な症状を引き起こし、そのままうまく解消できないと胃や腸、心臓、脳などの病気を引き起こしたり、鬱やアルコールなどへの依存症、自律神経失調症など様々な影響を体に与えます。

うまくストレスと付き合っていくには

ストレスのない生活は不可能であり、人にはストレスが必要とされています。

人間が自分で気がつき、身を守るためにはストレスがないといけません。

例えば、疲れというストレスを感じなければ過労死につながったり、暑さや寒さを感じるストレスがなければ体温調節ができず体を壊してしまいます。

ただしこのストレスが許容範囲を超えるほどになってしまえば体を蝕み大きな病気や精神状態の悪化を引き起こします。

ストレスと上手に付き合っていくにはストレスに対するとらえ方を変えることが効果的です。

ストレスを健康の害だと感じている人よりも多少のストレスは生きる上で必要だと考えている人のほうが死亡リスクが下がるのです。

もちろん過度なストレスは肉体や精神に多大なる悪影響を与えますが、うまく対処しストレスを解消することでこれらの悪影響はある程度回避することができます。

効果的なストレスの解消法

個人によってストレスの解消法は異なりますが、よくあげられる効果的なストレス解消法を紹介します。

「大きな声を出す」「運動をする」「掃除、模様替えをする」これらは気分転換に最適なためストレスを解消する効果を見込めます。

またお酒を飲むことやおいしい食事をとることは、脳内で心の安らぎを感じるセロトニンというホルモンが分泌されるため効果が高いです。

なかでも最も効果的なストレス解消法は考え方を変えることです。

ストレスを受けやすい性格、考え方というものが存在し、完璧主義、感情を抑え受け身の人、気配りができ真面目な人、理想が高い人、マイナス思考、これらの特徴を持つ人は考えかたを変えたほうが今後長くストレスを軽減していくことができるでしょう。