ライフスタイル

【男の魅力を最大化】自分磨きで理想の未来を手に入れよう


男の自分磨きとは

スキルアップのため、夢のため、婚活のため、給料アップのためなど様々理由で今よりももっといい自分になろうとしたことはありませんか?

自分磨きとは内面や外見を今の自分より向上させることを目標に努力することを言います。

外見と内面を磨くことで新たに知識や経験を手に入れて「できる男」、周りから一目置かれる存在になることができます。

より魅力的な自分を実現するために自分磨きに取り組んでいきましょう。

より魅力的な自分になるために必要な要素

女性の中ではもうすでに自分磨きは「女子力アップ」として文化が定着してきていますが、男性にはスキルアップや筋トレなどの個別の分野に特化した自分磨きはあるものの男性の総合的な魅力を磨くための言葉や文化はまだまだ定着していません。

魅力を表現する要素は外見、内面、社会的地位の3つからなります。

外見の魅力をあらわすものは

  • 顔だち
  • 体型
  • 清潔感
  • 雰囲気

などが代表的です。

次に内面の魅力をあらわすものは

  • 性格
  • 決断力
  • ユーモア
  • 精神力

などがあげられます。

最後に社会的地位の魅力は

  • 肩書
  • 経済力
  • 学歴

などがあります。

これらの魅力を手に入れると収入のアップにつながったり、一生のパートナーと出会えたり、たくさんの人とのつながりを得ることができたりとより充実感のある生活を送ることができます。

男が取り組む外見の自分磨き


男性の身だしなみ

男性の外見を磨く際に最も重要なポイントは清潔感です。

清潔感を出すために気をつけなくてはならない場所は肌、歯、髪、服装、臭いです。

この5つのポイントは周りからよくチェックされる場所なのでしっかりとケアしておく必要があります。

顔に自信がなかったり、ファッションセンスに自信がなくても清潔感のある見た目、服装をしていれば充分すぎるほど魅力的な外見になります。

清潔感を出すことで恋愛、婚活に取り組もうと思っている人は慣れるまでは自分が思っている以上に細かいところまでチェックすることをおススメします。

これは男性よりも女性のほうが細かいところに気が付きやすく、細かいところだけ汚いと詰めが甘い印象を与えてしまうので注意しましょう。

スキンケアで清潔感のある肌をつくる





清潔感のある肌の条件は

  • 肌荒れがないこと
  • うるおいがあってみずみずしいこと
  • きめが細かくハリ、ツヤがあること

この3つの条件がそろうときれいな清潔感のある肌ができます。

肌荒れが起こってしまう原因は大きく分けると皮脂の分泌が過剰になっているものと乾燥によるものがあります。

ニキビや吹き出物は皮脂のつまりが原因となってできます。

洗顔のし過ぎや脂っこいものを食べ過ぎると皮脂を過剰に分泌するようになってしまいます。

皮脂量が多くなってしまっている状態を改善するには脂っこいものを控えながら毎日洗顔で余分な皮脂を落とし、その後充分な保湿をすることが効果的です。

男性の肌は女性の肌と比べてもともと水分量が少ないうえに水分を肌に保つ力も弱いため、皮脂を多く分泌して水分を保とうとします。

肌を保湿し充分な水分量を保つことができれば必要以上に分泌されてしまっている皮脂はおさまり、ニキビや吹き出物だけでなく皮脂によるテカリやベタつきも改善することができるため清潔感のある肌を作ることができます。

次に肌が粉をふいてしまったり、ザラザラした触感になってしまうのは乾燥による肌荒れです。

コチラも洗顔のし過ぎが原因になったり、ヒゲソリ、栄養不足、老化が原因となり発生します。

肌荒れのないうるおいのある肌、きめが細かくハリ、ツヤのある肌を作るには正しいスキンケアが欠かせません。

年齢とともに不摂生をすると肌荒れが起こりやすくなってきたり、肌の水分を保つコラーゲンやセラミドが減少していくため自分の年齢、肌の状態に合わせたスキンケアが必要になります。

肌は外見の印象を大きく左右するので清潔感のある肌を手に入れることは外見を磨くうえで最も重要です。

きれいな肌を手に入れるための詳しい説明は肌が汚い男はもう卒業!きれいな肌で清潔感のあるモテ男になる方法をご覧ください。

歯をきれいにして清潔感のある男になる

歯が汚いと不潔な印象を与えてしまいます。

歯の白さと歯並びは印象に大きな影響を与えます。

特に海外の先進国では歯並びに対する意識が非常に高く、欧米では教養のよさや身だしなみをはかるものであるため口元はとても重要視されています。

口元は笑顔を作るときの印象に大きく関係するのできれいにしておくことが望ましいです。

定期的にホワイトニングに通って歯の黄ばみや汚れを落としたり、歯並びを矯正したりと歯にも意識を向けることは外見を磨くのに忘れてはなりません。

最近ではホームホワイトニングのように自宅で手軽にできるケアもでてきているので取り組みやすい環境も整ってきています。

歯に汚れが付きやすいタバコやコーヒー、ワインを毎日吸ったり飲んだりする人は特に念入りに歯のケアに取り組みましょう。

清潔感のある髪型で男の魅力を最大化

髪型で清潔感を出すために簡単な方法は

  • 前髪をあげる
  • もみあげや耳周りをスッキリさせる
  • 髪の毛が傷んでおらずツヤがある

この3つでスッキリとした清潔感のある髪型になります。

男性の場合はショートスタイルであれば、さわやかで清潔感のある印象を与えることができます。

しかし短い髪型が嫌いな人や前髪をあげるのが嫌いな人はぼさぼさに伸ばすのではなくきちんとスタイリングをすること、髪の毛を傷ませないこと、目が隠れないようにすることなど、髪型にメリハリをつけることで清潔感を演出することができます。

またスタイリングも重要でサイドにボリュームを出してしまうとシルエットが四角くなってしまい一気に老けた印象を与えてしまうので、トップにしっかりとボリュームを持たせたひし形のシルエットを狙ってスタイリングすることを心がけましょう。

スタイリングをする前は一度髪の毛をしっかりと濡らし、ドライヤーで形を整えてからスタイリングをすると思い通りにスタイリングしやすくなります。

これは寝癖を一度リセットしたり、髪の根元を起こすためです。

トップにボリュームが出にくい人やくせ毛の人は特に一度濡らしてからのスタイリングがおススメです。

清潔感を出すためにはスタイリングは必須になるので、ワックスなどを使ったスタイリングに慣れていない人は練習することから始めましょう。

ワックスをつける際は手のひら全体に薄く伸ばした後、髪全体になじむようにもみ込んでいきます。

このときにワックスがまばらについてしまうとスタイリングがうまくいかなくなるのでシャンプーをするときと同じくらい豪快につけていき、爆発したように大きくなった状態から抑えて形を作っていくことがスタイリングのコツになります。

ただし前髪を下したスタイリングをする場合はワックスを前髪以外になじませた後、少し手に残ったワックスでスタイリングをしないと束で固まってしまい思い通りにいかなくなることが多いので注意しましょう。

わからないことがあれば担当の美容師さんに相談すれば丁寧に教えてもらえるので相談してみるのもいいと思います。

服装は清潔感がありサイズを間違えなければオシャレに見える

清潔感のある服装で注意しなくてはいけないのはスーツやシャツのシワ、靴の汚れです。

スーツやシャツにシワがあるとだらしない印象を与えてしまいます。

またオシャレは足元からと言われるように靴は意外と周りの人からチェックされています。

オシャレにお金をかけなくても、シワや汚れさえなければ清潔感を出せます。

次に重要なのが体系にあった服のサイズ感です。

自分をオシャレに見せるために最も重要なポイントです。

自分の体系にぴったりのサイズの服を着ていればTシャツにデニムだけでも見違えるほどオシャレに見えます。

服装がダサく見えてしまう原因でよくあるのが大きめのサイズの服を着ていることです。

ストリート系の服装をするのであればわざと大きめのサイズを選ぶのですが、それ以外の系統の人が大きめの服を着てしまうと一気にダサくなってしまいます。

着丈、袖の長さ、肩幅、ウエストを自分にあわせたものを選ぶことで小奇麗さを演出することができます。

着丈の長さはベルトの位置に少しかかる程度、袖の長さは手首の位置にあること、肩幅に無駄な余裕が出ないようにすること、ウエストはピッタリしすぎずダボダボになりすぎずに着ることが大切です。

ボトムスはベルトがなくてもずり落ちないくらいのサイズで幅が太すぎず、スソを引きずらないこと、これらに気を付けて服を選ぶことでダボダボでダサくなることはなくなります。

汚れやシワがなく、自分の体系にピッタリとあったものを選びましょう。

臭いに気を遣うのは大切なマナーの1つ

体臭に気を付けることは清潔感をだすためだけではなく、マナーとして当然しなくてはならないことになってきています。

スメルハラスメントという言葉が生まれたこともあり、男性は特に気をつけなくてはならない部分です。

男性の体臭は10代中盤から発生し、30~40代のころがもっとも強くなると言われています。

これはミドル脂臭と言われる臭いが発生するのがこの年代であり、体臭の中でも拡散力が非常に強いうえ、女性が特に不快に感じやすい臭いをしているためです。

ミドル脂臭は後頭部から最も臭いが発生する特徴があるので自分で気が付きにくいという特徴がある厄介な体臭です。

この臭いを抑えるためには皮脂を過剰に分泌させないことと、常に体を清潔に保つことが大切です。

過剰に分泌された皮脂と汗に含まれる乳酸を餌にして雑菌が繁殖することでこの臭いが発生します。

そのため脂っこいものを多くとる食事、洗浄力の強いシャンプーで逆に皮脂分泌量が過剰になってしまう、シャンプーやスタイリング剤をしっかり洗い流せていないなどの理由で皮脂の過剰分泌が起こるのでこれらを見直すことで改善が見込めます。

また臭いを発生させないために汗をこまめにふくこと、運動をする習慣を身に着けて汗腺を活性化させることも有効です。

そしてもうすでに体臭が気になっている場合は、朝出かける前に1分ほどシャワーを浴びることでその日1日の皮脂分泌量が低下するので即効性もあり有効です。

男性の体臭は10代中盤以降汗と皮脂が原因となりずっと発生し続けるため常に身体を清潔に保ちながら、臭いケアに注意を払い続けることが必要です。

内面の自分磨きで自分の価値をあげる



男性の内面的な魅力

自分の内面を磨くことで交友関係が広がったり、スキルアップができたり、モノのとらえ方が変わったりと今後の人生を大きく変えることになります。

また婚活や恋愛面では男女ともに相手に求めるものは「優しさ」「思いやり」といった内面的な部分が常に上位にきます。

内面とはつまり人間力をあらわすものであるためこれを磨くことで

  • 社会性
  • 共感力
  • 知性
  • 精神力

を向上させることができます。

これらの能力が向上することでこれからの人生の送り方の選択肢が大きく広がることになります。

外見を磨くことと同様に内面にもしっかりと力を入れましょう。

読書をする習慣を身に着けよう

読書は偉大な先人が残した知恵に触れることができるツールです。

自分以外の価値観やモノの見方を簡単に手に入れることができるため、内面を磨くうえで読書ほど効率がよく、お金のかからない自分磨きはありません。

読書をすることでまず知識量が増え、会話の幅が広がるためコミュニケーション能力が大きく向上します。

またいろんな角度からモノを見る力が養われるようになるため共感力も身につくでしょう。

さらに読書量と年収は比例するともいわれており、年収が多い層になればなるほど1か月で書籍代にかける金額が増えることがデータとして2009年に日経新聞により発表されていたり、アメリカでは1日の読書時間が30分以上あるかという調査で、年収が300万円以上の層が88%に対して300万円以下の層が2%と収入と読書をする習慣に関係があることがわかっています。

つまり読書をする習慣を身に着けることは思考力や視野の広さなどの能力を高めることが可能なのです。

趣味の幅を広げて人間としての幅を広げる

趣味を作りその幅を広げることで知識が増えたり、交友関係が広がったりと社会性や共感力を磨くことができます。

スポーツや複数でする趣味であれば社会性や精神力を向上させることができたり、頭を使う趣味であれば知性を磨くことにつながります。

1つの趣味に集中して打ち込むか広く趣味を作り様々な知識を身に着けるかは自分にあった方法で苦にならないほうを選びましょう。

また趣味を広げることで周りの環境が変化し自身のライフスタイルにも大きく変化します。

今まで自分のいた環境から異なる環境へ踏み出すことになり、新たな感性を磨くことにもつながります。

趣味を持つことで共感力、雑談力などコミュニケーション能力を向上させることが可能になります。

いろんな職種、考え方の人と話す

自分の仕事と全く違う職種の人や、考え方、価値観の異なる人との会話は学ぶことが多く自分磨きに最適です。

他の業種では当たり前の成功モデルを知ることができたり、一般にはまだ広まっていない最新の業界情報を知れることで知識を増やすことができたり、1つのことに対して異なる価値観を持つ人の考え方を理解できるようになることができます。

内面を磨き、変えるためには自分1人では考え方や今まで生きてきた中で作られた価値観があるため難しい部分があります。

内面を磨くには他人の力を借りたほうが効果が出やすいでしょう。

またいつも一緒にいる友人、職場の人以外からのほうが今まで思いつきもしなかった話や考え方が聞けて新鮮かもしれません。

まとめ

自分磨きをすることで今まで手が届かなかったものが得られるようになったり、生活を豊かになったりと様々なことが変わる可能性があります。

婚活をするため、恋人を作るため、社会的な地位を手に入れるためなど目標があれば継続しやすくなります。

より楽しい人生を送るために自分磨きを始めてみてはいかがでしょうか?