ライフスタイル

男の臭いに関するマナーと対策を考える


男性の臭い問題


スメルハラスメントと言われる言葉も一般化し、臭いに関する注目度が上がってきている昨今。

職場内での臭いのマナーにも気を使わなくてはいけません。

自分の臭いは自分自身では気づきにくいが周りには大きなストレスや不快感を与えてしまうやっかいな問題です。

男性は皮脂量が多いことや、汗による雑菌の増殖により臭いが発生しやすい特徴があります。

年齢とともに臭いの発生する場所が移動していく


男性の臭いの原因となる場所や発生原因は年齢とともに変化していきます。

20代のころはワキの下から発生する臭いが最も強く、30代から40代ごろは頭、50代以降は背中付近が臭いが最も発生すると言われています。

それぞれの臭いの原因も異なり、ワキの下から発生する臭いはアポクリン腺から発生する汗、頭から汗が分解された雑菌と皮脂が混ざり合ったもの、背中からは皮脂が酸化したものがそれぞれの臭いの原因となっています。

最も臭いが強くなってしまうのは30代から40代のころ


pexels-photo-60069_mini

男性の臭いが最も強くなるのは30代から40代のころと言われています。

これは頭から発生する雑菌と皮脂が混ざり合った臭いが他の臭いよりも強く、臭いの拡散力がとても強いことが原因です。

また古い脂のような特徴のある臭いがするのと後頭部から最も強い臭いが発生するため自分で気が付きにくいこと、女性が特に不快感を感じやすい臭いをしているので周りへ与えるストレスが大きいことがこの臭いの難しい問題です。

臭いを改善するための方法

臭いの問題を解決するには生活習慣を改善する消臭グッズを使用することが必須です。

食生活の乱れ、ストレス、睡眠不足、運動不足などの生活習慣の乱れは皮脂の過剰分泌、多汗症、汗腺の機能低下、内臓の不調をひきおこすため体臭がキツくなってしまう原因になってしまいます。

理想的な生活習慣を送らないことには根本的な解決は難しい部分があります。

またアルコールやたばこは体臭をより強めるため控えることが望ましいです。

週に2日ほど30分程度の運動を始めることや肉類中心の生活をやめる、ストレスをためないなど生活習慣の改善は大きな効果を見込めます。

しかし時間がない、ストレスを回避できる状態にない場合は難しいため、お風呂をシャワーで済まさずにしっかりとお湯につかること、汗が出るたびにその都度しっかりとふく、朝出かける前にシャワーを浴びるといった対処法をとりましょう。

お湯につかり汗をしっかり流すことで汗腺を活性化させることで汗の臭いが改善されます。

また汗が出るたびにふくことで汗が雑菌に分解されて発生する臭いを未然に防ぐことができます。

朝にシャワーを浴びることで皮脂の分泌量が大きく低下します。

そしてその効果は1日にわたって持続するので非常に効果的です。

生活習慣の改善がすぐには難しい場合はこの3つから取り組むことを始めましょう。