ライフスタイル

【人見知りでもできる】コミュニケーションスキルを身に着けよう


人と話すのが苦手、人見知りでうまく話せないといった悩みを持つ人は多いと思います。

きちんと話せなければ相手から嫌われてしまうと思ってしまうと自然体で話すことができなくなってしまい、コミュニケーションを
うまく取れなくなってしまいます。

これらは理想とする自分の姿が完璧すぎることや他人から見た自分の評価を気にしすぎていること等の原因が考えられます。

何も考えていなくても人の懐に自然と入り込める生まれつきのコミュニケーション強者もいますが、そのような特別な才能がなくても誰とでもコミュニケーションを楽しく、自分のペースで進めていくことができます。

コミュニケーション能力を向上させるために必要なのはちょっとした技術を知ることだけです。

慣れないと少し難しい技術もありますが簡単なものから習得していけば相手の反応は大きく変わっていくので、できるところからやってみてください。

話す技術よりまず見た目を整えることから始める


身だしなみを整える

話し方や表情についての技術を習得する前にまず最初に取り組むのは見た目整えることです。

人は外見から得られる情報で相手の第一印象のほとんどを決めつけます。

そのため見た目を清潔にすることは話す前から相手にいい印象を与えることができます。

反対に汚い見た目をしていると話す前から相手に悪い印象を与えてしまうため、相手と円滑にコミュニケーションをとることが一気に難しくなります。

身だしなみを整えるだけで大幅に不利な状況から脱することができるので真っ先に取り組みましょう。

表情に注意しないと心の距離は縮まらない


表情に注意しよう

見た目を清潔に整えたら次は相手と話す時の表情に注意していきましょう。

表情には話さなくても感情が出てしまいます。

昔からの有名なことわざに「目は口ほどに物を言う」という言葉があります。

これは話さなくても相手の感情が目から読み取れるという意味のことわざです。

そのため自分の表情に気を遣うことと相手の表情を見ることはコミュニケーションにおいて非常に重要な要素になります。

コミュニケーションが苦手だと感じている人は無表情であったり、楽しくなさそうだと感じとれる表情をしていることが多いです。

余裕がなかったり、相手との間に壁を作っていたりと理由は様々なものがあると思いますが、相手はあなたの表情から敵意や焦燥感、無関心などのマイナスなイメージを敏感に感じ取ります。

コミュニケーションの基本はやはり笑顔です。

楽しくなさそうな相手と話し続けるのは誰でもすごく苦痛に感じるのです。

まずは相手に対して笑顔で接し、コミュニケーションを楽しんでいることを示すことから始めましょう。

対等な立場で話すことを心がける


対等な立場で話す

コミュニケーションを円滑に進めるためには基本的に対等な立場で話すことを意識しましょう。

上下関係ができてしまうと上には自分の意見、考え方が全て正しいと思いこんでしまい下が異なる意見や考えだと認めることができません。

下の立場になった人間は上の立場をとる人間に対して「なんでちゃんと話を聞いてくれないのか」「なんで理解しようとしてくれないんだ」とその相手に対して心を完全に閉ざしてしまいます。

「最近の若者は~でダメだ、自分の若い時は~」というよく聞くセリフは分かりやすい例と言えます。

このセリフでは、年長者が上の立場となり「正しいと思っている自分」と異なる若者を考え方を否定します。

それに対して下の立場の若者は心を開くことはなく「自分を理解しようとしない年長者」と距離を置くようになります。

このように上下がはっきりした関係性はお互いが相手を理解しようとしないためコミュニケーションが成立しません。

対等な立場を築くことができないと相手を理解すること、認めることが難しいのです。

しかし意識をしないと対等な立場で話すのは案外できません。

対等な立場で話すために気を付けるべきポイントは

  • 相手を理解しようとする
  • 自分の考えを押し付けない
  • 全てに優劣をつけようとしない

この3つです。

無意識でやってしまいがちなポイントなので注意しておきましょう。

受け答えがスムーズにできるようになるためには


受け答えをスムーズにするには

話をしていると質問や自分の意見を求められることが必ず出てきます。

それらに対する受け答えがスムーズにできなければ会話が途切れてしまいます。

コミュニケーションが苦手だと感じている人はおそらくこの部分を苦手としているのではないでしょうか。

話すのが苦手であれば聞き上手になるのがよいとかオウム返しをすればよいと言われますが、グループでの会話であればそれで乗り切ることもできますが、1対1の会話ではよほど相手が話し好きでなければすぐに話が途切れてしまいます。

相手の話を聞きながら自分の中で話を整理をしていくと「もっと深く聞いてみたいポイント」や「自分はこう思うといった意見」が浮かんでくるようになります。

話を整理するときは5W1Hを当てはめていくとわかりやすいです。

  • いつ(when)
  • どこで(where)
  • 誰が(who)
  • なにを(what)
  • なぜ(why)
  • どのようにして(how)

これらは情報を正確に伝える、理解するための重要なポイントです。

これができるようになると話がかみ合わないということがなくなります。

また話が理解できてもとっさに返せない、挙動不審になってしまうという悩みは心理的に余裕がないことが原因だと考えられます。

会話のスピードについていけなかったり予想外の場面で話をふられた時など、ほとんどの人が焦って頭の中がパニックになりわけがわからない話を返してしまうか無言になってしまうといった経験をしたことがあるでしょう。

とっさに話を返せるようになるためには

  • 知識量を増やす
  • 人をよく観察する
  • とにかく場数を踏む

などが有効です。

まず知識量を増やすことは返しの数と質をあげることにつながります。

また知っていることを使って話を返すことができるので心に余裕ができます。

次に人を普段からよく観察することで相手が次に何をするか、何を考えているかの予想ができるようになってきます。

表情やしぐさからこれらを予想できるようになるにはある程度の経験が必要ですが慣れてくれば意識しなくてもわかるようになってくるので最初は常に意識する訓練を重ねましょう。

最後にとにかく場数を踏むことで嫌でも経験値が上がっていきます。

経験があれば自分の中である程度「このタイプにはこの返し」という風に型ができます。

型ができてしまえばあとは相手に合わせて当てはめていくだけなので余裕がうまれ、自然と話を返せるようになるでしょう。

心理的にデリケートな部分には踏み込みすぎない、踏み込ませない


デリケートな部分に踏み込まない

誰にでも入ってきてほしくないデリケート部分があります。

人とコミュニケーションをとっていくうえでこの部分に踏み込んでいしまうのが1番やってはいけないことと言えます。

いわゆる「人の心に土足で踏み込む」という状態です。

人それぞれ考え方も価値観も違うため、踏み込まれたくない部分も人によって全然違います。

なのでコミュニケーションを取りながらうまく距離感をはかっておかないといけません。

相手をよく見ていればデリケートな部分に踏み込んでしまったときに嫌そうなサインが何かしら出ています。

もし相手が嫌がるそぶりを見せたら直ちに話題を変えましょう。

また反対に相手が自分のデリケートな部分に踏み込んできた場合はその話はしたくないとはっきり意思表示をしましょう。

少し距離感をはかり間違えてしまっただけであれば、はっきりと伝えればわかってくれます。

それでもまだ踏み込んでくる、または何がダメなのかわからないといった反応をされた場合は直ちにその相手と距離を取ったほうが良いでしょう。

コミュニケーションではお互いにちょうどよい距離感を保つことを絶対に忘れてはいけません。

まとめ

人と話すのが苦手な人や人見知りをしてしまう人は今まで多くの人とコミュニケーションをとってきた人と比べて経験値の部分で差ができてしまっています。

また一部のコミュニケーション強者は感覚のみでこれらの技術を最高レベルでやってしまうのです。

しかし誰でもこれらの技術は身に着けることができますし、慣れてくれば意識しなくてもできるようになります。

最初はぎこちなくなってしまうかもしれませんが、少し我慢して続けてみてください。

何も意識しなくても自然に話ができるようになっているはずです。

男性の肌について徹底的に研究し
「保湿」「整肌」「エモリエント」「エイジングケア」に特化した「40種類以上の保湿美容液成分」をたっぷりと配合!!一本完結の【メンズオールインワン化粧水NOTOMANIA8(ノトマニア8)】を是非一度お試し下さい。