男性の肌について

【あなたは何で洗ってますか!?】肌に良いマルセイユ石鹸がすごい!


今、あなたは本当に体に優しい

シャンプー、ボーディーソープを使っていますか?

植物性とか、低刺激性とか、保湿成分配合などと書かれていても、

実際シャンプーやボディーソープのボトルに表示されている内容物を見ると、

決して肌には優しくなさそうな

化学的な薬品の名前がズラリと書いてあります。

特に、天然成分だけで作られた石鹸であれば

泡立ちはそこまで良くないのが普通です。

どんなに汚れて整髪料がついている頭髪でも

泡立ちが持続するようなシャンプーであれば、

肌へのダメージが大きい界面活性剤などが多く含まれているという事になります。

体は食器じゃない

食器洗い用の洗剤であれば、

油落ちが良いものを選びたくなる気持ちは分かります。

水と油をなじませる界面活性成分が強い食器用洗剤であれば、

鍋に残った油のヌルヌルも簡単に落としてくれます。

しかし、私たちの肌は食器ではありません。

私たちの肌を覆っている皮脂は、

肌から水分が逃がさないようにする役割を担っているのです。

そこに泡立ちを良くする為に

界面活性成分が多く含まれたボディーソープを使うとどうなるでしょうか?

簡単に想像できると思いますが、

肌は食器のように油を洗い流されてしまい、

結果、潤いをとどめておけない肌になるのです。

どんなに食生活や生活リズムを気を付けて、肌の細胞の再生を促したとしても、

外側から乾燥の脅威にさらされてしまえばすぐに乾燥肌、

つまりハリのない肌になってしまうのです。

殺菌力はほどほどに

また、市販のボディーソープの高い殺菌力も問題です。

私たちの体には、外側にも内側にも、

驚くほど多くのバクテリアが住み着いています。

一見するとちょっと気持ちの悪い話ですが、

その多くのバクテリアは私たちの体を、

その他の有害なバクテリアやウイルスの攻撃から守ってくれているのです。

なので、ボディーソープですべての菌を殺してしまうと、

体の自然のバリアーも失ってしまう事になるのです。

適度に皮脂を残すことが大切


石鹸

なんとなく全ての汚れ、皮脂を取り除かないと

すっきりしない感じはしますが、

シャワーを浴びる時に必要なのは「汚れを落とす」という事。

毛穴に詰まった皮脂などは、

規則正しい生活と適切な食生活を送っていれば、

自然と肌の代謝の中で老廃物となって棄てられます。

では、どんな石鹸が体を洗うのに適しているのでしょうか?

南フランスのマルセイユに、

伝統的な手法でつくられる「マルセイユ石鹸」というものがあります。

マルセイユ石鹸の歴史は古く、

始まりは太陽王・ルイ14世の命令にさかのぼります。

その当時、国内の石鹸の製造技術をより良いものにしようとしたルイ14世は、

石鹸作りの新しい基準を定めました。

このときの命令がおおもととなり、

今日まで伝統的なマルセイユ石鹸づくりが続いているのです。

マルセイユ石鹸の何がいい?

まず、この石鹸の一番の魅力は、

肌に可能な限り負担をかけないよう天然成分のみで作られているという点でしょう。

科学的な薬品が山ほど入ったボディーソープでは、

先ほど書いたように、泡立ちなどの改良の為に、

多くの体への配慮を犠牲にしてきました。

それに対して、天然成分のマルセイユ石鹸であれば、

肌の皮脂を必要以上に取り除くことなく、

反対にマルセイユ石鹸に含まれるオリーブオイルを始めとする植物性油脂の効果で、

肌にさらりとした植物性のオイルコーティングをしてくれます。

もちろん石鹸なので泡立ちますし、

肌の表面に押し出された老廃物(垢や角質など)を優しく洗い落としてくれるので、

洗い上がりもさっぱりとして心地が良いのです。

乾燥肌の予防だけでなく、

もともと肌の弱い方やアトピー性皮膚炎のある方でも使える可能性が高く

(初めて使用するときには専門医に相談するようにしてください)

フランスでは赤ちゃんの体を洗う石鹸としてもマルセイユ石鹸は定着しています。

フランス人はマルセイユ石鹸がお好き

もちろん、健康な肌質の成人男性にもマルセイユ石鹸は人気。

というのも、南仏の観光名所などに行くと、

いろんな場所でこのマルセイユ石鹸をお土産に買うからです。

お土産品と言っても、その品質は何百年もの間守られてきたものなので、

質の高さはお墨付き。

また、似たようなオリーブオイル主体の石鹸は世界中にあるのですが、

このマルセイユ石鹸は南仏で採れたハーブの

フローラルな香りが楽しめるのもうれしいポイント。

特に、南仏名産のラべンダーの香りがたっぷり詰まったマルセイユ石鹸でシャワーを浴びれば、

心も体もリフレッシュできることでしょう。