男性の肌について

これが原因!肌荒れが起こってしまう6つの理由!


肌荒れが起こるメカニズム

かゆみやニキビ、吹き出物、カサつきなど様々な症状を引き起こす肌荒れ。

様々な原因によって肌荒れは起こります。

肌のバリア機能が失われてそこに雑菌が繁殖し吹き出物やニキビを作ってしまう肌荒れや、皮脂や水分量の現象により乾燥しカサついたり粉をふく肌荒れ、ホルモンバランスの乱れによる肌荒れなど様々な原因にあわせた対策が必要になってきます。

肌荒れの原因一覧

肌荒れにつながる主な原因として考えられるものは

  • アレルギー
  • ストレス
  • 乾燥
  • 食生活の乱れ
  • 間違ったスキンケア
  • 加齢


以上の6つがあげられます。

原因によって症状も異なるため、それぞれにあわせて対策をしていく必要があります。

アレルギーによる肌荒れ

アレルギーによる肌荒れは原因物質が肌に直接触れたり、食べ物として摂取したときに発生します。

そのためアレルギー反応の原因となっている物質を突き止めることがまず重要です。

肌荒れが起こるタイミングや時期をメモなどで残しておくとアレルギーを引き起こしている物質を特定しやすくなります。

症状は様々ですが、赤みが出てきたり、かゆみをともなうものが多いです。

アレルギー反応の原因としてよくあるものが

  • 花粉
  • ダニ
  • 食べ物
  • 大気汚染
  • 化学物質


これらの物質がアレルギー性の肌荒れを引き起こすこと原因としてよくあげられます。


大気汚染によるアレルギー

花粉や大気汚染物質(PM2.5など)が空気中に多く飛散している時期と肌荒れになってしまう人はこれらの物質が原因となっている可能性が考えられます。

ダニや化学物質が原因の場合はある時期から肌荒れが起こり、長期間にわたって続いてしまうことがあります。

これは枕や布団にダニが増えてしまい毎日そこに触れるためより症状がひどくなっていったり、新しく買った家具の木材などについた化学物質が原因だったりするためそれらの原因となっているものを取り除かない限りなかなか改善が難しいです。

食べ物による肌荒れは症状がでる直前の食事が原因として最も可能性が高いため、ある程度原因となっている物質を予想しやすいアレルギーです。

アレルギーによる肌荒れが発生した場合は自分の生活を振り返り、肌荒れが出る前と出たときに何かしらの変化があったかどうか、どういったタイミングで肌荒れが発生したか、一時的なものか長期間にわたって継続するのかをしっかりメモにとり覚えておきましょう。

また肌荒れによって乾燥肌になってしまうと肌のバリア機能が失われてしまうため、アレルギーの原因物質から身を守ることができなくなってしまい症状が悪化してしまうのでこまめに保湿することを心がけましょう。

アレルギーの原因となっている物質に触れることがなくなれば軽い症状であれば数日で改善することもあるため、原因物質の特定が最も効果的な改善策となるでしょう。

ストレスによる肌荒れ

ストレスによる肌荒れはニキビとなってあらわれることが多いです。

これはストレスが自律神経の乱れを引き起こすことが原因です。

自律神経が乱れることで皮脂分泌が増える、免疫力が低下する、肌への刺激に敏感に反応するようになることでニキビの原因となる雑菌が繁殖しやすい環境になるからです。

ストレスを受けると自律神経の乱れが生じ、皮脂分泌にかかわる男性ホルモンが多く分泌されるようになります。

これにより皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。

さらにストレスは内臓の機能を低下させてしまうため免疫力の低下につながります。

そして免疫力の低下により肌のバリア機能まで低下することで暖房による空気の乾燥や紫外線や摩擦によるダメージを受けやすくなり、肌表面の角質層が傷つきます。

そこにアクネ菌などの雑菌が入り込み繁殖することでニキビや吹き出物ができてしまいます。

普段あまりできないのに急にニキビができるようになった場合はストレスによる肌荒れの可能性が高いと考えられます。

ストレスによる肌荒れの改善には充分な睡眠、規則正しい生活、適度な運動など上手にストレスを解消が重要になります。

自律神経を整えるために規則正しい生活習慣、上手なストレス解消が肌荒れ改善に最も効果を発揮します。

乾燥による肌荒れ

肌がザラザラしたり、粉がぽろぽろ落ちてくるような肌荒れは乾燥が原因となって起こる肌荒れが非常に多いです。

乾燥を引き起こす原因は洗顔のしすぎや、間違ったスキンケア、気候によるものなどが代表的です。

肌がザラザラになってしまったり、粉が落ちてくるものは肌表面の角質層が剥がれ落ちてできているものです。

角質層が剥がれ落ちるとバリア機能が失われ、皮膚の表面が薄くなってしまうので下にある血管が透けて赤みがある肌になってしまいます。

また皮膚表面が薄くなってしまった皮膚はかゆみを引き起こす原因になります。

この状態の肌に服のこすれや髪の毛の接触、熱いお湯に触れた時などの刺激が加わるとかゆみが生じるようになっています。

乾燥による肌荒れの改善にはとにかくまず保湿することが重要です。

角質層に充分な水分を与えそれを保持する力を取り戻せば乾燥による肌荒れは改善します。

正しいスキンケア方法で保湿すること、部屋が乾燥しすぎないように充分に加湿をすること、入浴時に40℃以上のお湯に長時間つからないこと、暖房器具の近づきすぎて肌に直接熱が当たることを避けること、皮脂を落としすぎないこと。

これらの対策に取り組むことで乾燥肌は改善されます。

ただし乾燥肌になってしまう原因は他の項目であげているアレルギー、ストレス、食生活、加齢などが根本的な原因となって引き起こされていることもあるため注意が必要です。

食生活の乱れによる肌荒れ

食生活の乱れが肌荒れにつながる原因はビタミンやミネラルなどの栄養分が不足することが原因で起こります。

不足している栄養分や、逆に過剰に取りすぎているものによって肌荒れの症状もかわってきます。

まずはカサつきやひび割れといった乾燥による肌荒れを起こすのはビタミンA、C、Eが不足しているときに起こります。

ビタミンは補酵素と呼ばれる物質であるため熱に弱く48℃以上で崩壊が始まり70℃で完全に機能が失われる特徴があります。

そのため加熱処理をされていない状態で摂取する必要があります。

次にニキビや脂性を引き起こすのは糖質や脂質の取りすぎのときに起こりやすい肌荒れです。


ジャンクフードと肌荒れ

スナック菓子やジャンクフード、揚げ物などが多い食生活を続けていると皮脂の分泌を増加させてしまうので脂性や過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってニキビを作ってしまいます。

揚げ物以外でも炭水化物は体内で分解されて糖質になるので、米、麺、パンなども多く取りすぎるとニキビの原因になってしまいます。

また糖質を体内で分解するときにビタミンやミネラルを大量に消費するためビタミン、ミネラル不足の原因にもなります。

ターンオーバーの乱れによる肌の新陳代謝の低下ミネラルが不足していることが原因で起こります。

ミネラルは新しい細胞を作るのに欠かせない栄養です。

ミネラルが不足してくるとターンオーバーが乱れ、肌の表面に古い角質がたまってくるため肌荒れが起こりやすい状態になります。

ターンオーバーが乱れると毛穴のつまりによるニキビ、吹き出物ができやすくなってしまいます。

またミネラルにはカルシウム、鉄、亜鉛といった含まれ、これらが不足していると自律神経の乱れ、免疫力の低下をおこしてしまうので様々な形で肌荒れの症状がでてくる可能性があります。

皮脂分泌が過剰になったり、乾燥肌をひきおこしたりすることもあります。

ターンオーバーが乱れていると肌表面に古い角質がたまっている場所があるためデコボコになりザラザラした触り心地になるだけでなく、くすみの原因なってしまいます。

ミネラルは体内で生成できない栄養分なので食事からでないと摂取できません。

食生活に偏りがあると様々な肌荒れの原因になってしまうため注意しましょう。

栄養素は1種類だけを集中的に摂取しても効果がないのでバランスの良い食事を心がけその中で不足しがちなものをサプリメントで補うことが効果的です。

間違ったスキンケアによる肌荒れ

間違ったスキンケア方法を続けることも肌荒れの原因になります。

よくあるのが洗浄力の強い洗顔料を使用したり、1日で何度も洗顔をすると乾燥肌が進行し粉をふいてしまったり、皮脂が過剰に分泌されるようになりニキビができてしまうことがあります。

しかし普段から洗顔をする習慣がなかったり、洗浄力が弱すぎても古い角質を落としきれずに粉をふくことがあります。

他には洗顔のときやその後のタオルでゴシゴシとこすって肌を傷つけたり、化粧水のパッティングで強くたたいて刺激を与えすぎる、スキンケア用品が自分の肌に合わない場合なども肌荒れを引き起こす原因になります。

間違ったスキンケア方法は肌荒れを引き起こすだけでなく、老化のスピードを加速させるため正しいスキンケア方法で取り組むことが重要です。

加齢による肌荒れ

紫外線、乾燥、糖化、酸化など様々な原因で老化のスピードが加速していきます。

肌が老化することでセラミド、NMF、皮脂分泌量の減少により角質層の水分保持能力が低下することで乾燥肌になりひび割れや粉ふきといった肌荒れを引き起こします。

さらに老化による肌荒れはそのままにしておくと深いしわを作ってしまう原因になってしまいます。

また20代以降はターンオーバーのサイクルが長くなってきてしまうのでニキビや吹き出物できやすい環境になります。

若いころは何もしなくても肌がきれいなままだったかもしれませんが、30代以降は体内や肌の構成成分に大きな変化が出てくるため、少し夜更かしをしただけで吹き出物ができてしまうようになります。

これらの老化現象に効果的な対策はアンチエイジングに重点を置いたスキンケアへの取り組みです。

年齢とともに減少していく水分保持能力をカバーするために保湿力の高い成分を使用することや周期が長くなってしまったターンオーバーを正常に近づけるためにEGFやプラセンタといった成分を含んだスキンケア用品を使用することが効果的でしょう。

まとめ

見た目の印象にに大きく影響を与え、的確な対応をしないとなかなか改善されない肌荒れ。

一言で肌荒れと言ってもこのように様々な原因によって引き起こされるため、なにが原因になっているのか見極めなくてはなかなか治すことができません。

肌が少しピリピリしたり、かゆみがある、赤くなっている部分があるときなどは肌荒れの症状なので軽視せず対策が必要です。

放置してしまうとどんどん悪化していってしまうこともあるため早めに原因を突き止め改善していきましょう。

男性の肌について徹底的に研究し
「保湿」「整肌」「エモリエント」「エイジングケア」に特化した「40種類以上の保湿美容液成分」をたっぷりと配合!!一本完結の【メンズオールインワン化粧水NOTOMANIA8(ノトマニア8)】を是非一度お試し下さい。