男性の肌について

【ベタつき、テカリはもういらない!】男の脂性肌を治す方法!


男性は脂性肌になりやすい

皮脂の分泌が過剰になりベタつきやテカリが気になる脂性肌。

男性は女性に比べて脂性肌になりやすい特徴があります。

これは男性のほうが女性よりも皮脂分泌量が男性ホルモンの影響で多くなりやすいからです。

また女性は年齢とともに皮脂の分泌量が減少していくのですが男性は20代から60代くらいまで皮脂分泌量があまり変化しません。

つまり男性は脂性肌になりやすく、対策なしでは長年にわたって改善されにくいのです。

食生活と脂性肌


脂性肌と食事

食生活の乱れによって皮脂分泌量は増えてしまいます。

中性脂肪になる食材と血糖値をあげる食べ物は皮脂分泌を過剰にしてしまいます。

中性脂肪は皮脂の主成分になるため取りすぎると皮脂分泌量が増えてしまいます。

脂っこいものをよく食べる人やアルコールをよく飲む習慣がある人、甘いものをよく食べる人は要注意です。

血糖値が上がると皮脂腺を刺激してしまい、皮脂を大量に分泌するようになってしまいます。

パンや米などの体内で糖に変化する炭水化物や甘いものなどを取りすぎる人は血糖値が上がりやすく注意が必要です。

中性脂肪になりやすい食品や血糖値を上げやすい食品を摂取しすぎると脂性肌になるだけでなく、ニキビができやすくなるのでとりすぎは控えましょう。

生活習慣と脂性肌

ストレスや睡眠不足といった生活の乱れは脂性肌の原因になります。

生活習慣が乱れると体内でホルモンバランスや自律神経が乱れてしまい、皮脂分泌量が増えてしまいます。

ストレスや睡眠不足は交感神経を刺激し、男性ホルモンを増やしてしまうため皮脂の分泌量が増えてしまいます。

生活習慣の乱れによって生じた脂性肌は原因であるストレスや睡眠不足を解消しなければどんどん悪化していくので生活習慣を改善することが必要です。

乾燥肌の人は脂性肌になりやすい

肌が乾燥していると水分を逃さないようにするのと外部の刺激から肌を守るために皮脂を過剰に分泌するようになります。

乾燥肌が進行していくと中が乾燥していて外側は皮脂でべたつく肌になってしまいます。

この状態になってしまった肌に強い洗顔料を使って皮脂をがっつりと落としてしまうだけのケアをしてしまう人がいますが、肌の乾燥がより進行してしまうので脂性肌が悪化してしまいます。

暖房や外気の影響で乾燥しやすい冬場に皮脂が大量に分泌されてしまって悩んでいる人は肌が乾燥していることが原因で脂性肌になっている可能性が高いです。

脂性肌は遺伝する


脂性肌の遺伝

親が脂性肌の場合は子供も脂性肌になる可能性が高くなります。

これは皮脂を分泌する皮脂腺の大きさが遺伝することが原因です。

両親に聞いてみて思春期のころにニキビに悩んだ経験があったり、ベタつきに悩んだ経験がある場合は自分も脂性肌になりやすい可能性があります。

子どものころから脂性肌に悩んでいる場合も同じく遺伝の影響による可能性が高いです。

脂性肌はニキビの原因になる

ニキビの原因となるアクネ菌は肌表面や毛穴につまっている皮脂を栄養として繁殖します。

アクネ菌が異常に増殖することで肌が炎症を起こし、ニキビができてしまうのです。

食生活や生活習慣が乱れた時期にニキビができやすいのは皮脂の分泌が過剰になってしまい、アクネ菌が繁殖しやすい環境の肌になってしまっているためです。

正しいケアでニキビ対策をしないとニキビ跡が残ってしまい肌がデコボコになってしまうこともあるので注意しましょう。

ニキビ跡の正しいケアは ニキビ跡を完全に消す!今日からできるたった1つの方法!をご覧ください。

脂性肌は毛穴の黒ずみの原因になる

過剰に分泌された皮脂が毛穴につまり酸化することで毛穴の黒ずみができてしまいます。

脂性肌と毛穴の黒ずみは関連性が深い肌トラブルで、毛穴の黒ずみを治しても皮脂分泌が過剰なままだとすぐにまた新しく毛穴の黒ずみができてしまいます。

顔の中でも鼻は特に皮脂分泌が過剰なので黒ずみができやすく、皮脂がつまって角栓ができて毛穴が広がってしまい「いちご鼻」になってしまいます。

毛穴の黒ずみを治すには脂性肌を改善する必要があります。

毛穴の黒ずみに悩んでいる方はしつこい毛穴の黒ずみを消す3つの方法!をご覧ください。

脂性肌をほっておくと顔がクサくなる!?

皮脂は酸化してしまうと臭いを発生させます。

この臭いが加齢臭となり周りに拡散する非常に厄介な臭いになります。

顔がテカテカに見えるほどの皮脂分泌量がある人はすでに臭いが発生している可能性が高いのでなるべく早めにケアする必要があるでしょう。

間違ったケアは脂性肌をひどくする




脂性肌の間違ったケアの中で最もしてはいけないのが洗顔の回数を増やしたり、強い洗顔料を使用して皮脂を落としすぎてしまうような方法です。

皮脂を落としすぎてしまうと人間の体は肌に皮脂が足りていないと勘違いして今までよりも大量に皮脂を分泌するようになってしまい、余計に脂性肌の症状がひどくなってしまいます。

さらに洗顔後のスキンケアを怠り、充分に保湿がされていない状態で放置してしまうと肌についた水分が蒸発し、もともと肌が持っていた水分まで連れて行ってしまうためより乾燥肌が進行してしまい皮脂の分泌が増えてしまいます。

脂性肌に間違った洗顔方法はより皮脂の分泌を過剰にしてしまうためニキビ、肌荒れまで引き起こしてしまい治すのにすごく時間がかかるようになってしまうので絶対にやめましょう。

脂性肌を改善する方法

脂性肌の症状を改善するには

  • しっかりとした保湿
  • 皮脂を抑える効果のある栄養を取る
  • 生活習慣の改善
  • 正しい方法での洗顔


この4つの方法が必要です。

これらの方法で、肌の水分と皮脂のバランスを正常にすること、ホルモンバランスを正常に戻すこと、自律神経を正常に戻すことの3つの効果が脂性肌の改善へとつながります。

保湿で脂性肌をうるおう肌へ


脂性肌は保湿で改善

肌をしっかりと保湿することで水分と皮脂のバランスを整えることができ、脂性肌を治すことができます。

肌がうるおうことで皮脂膜が正常に作られて皮脂の過剰分泌が収まります。

保湿をするためには化粧水、美容液、乳液またはクリームによるしっかりとしたスキンケアが必要不可欠です。

化粧水は水分補給と肌を整えて栄養分が浸透しやすい状態にする効果があります。

その後美容液で高濃度の保湿成分を肌に補給し、乳液やクリームでうるおいを閉じ込めることで水分と皮脂のバランスの取れたきれいな肌へと導きます。

脂性肌には保湿力の優れたもの、ベタつきがひどい場合は収れん作用のあるものがおススメです。

特に脂性肌に有効な成分はセラミド、エラスチン、リピジュアといった保湿力の高いもの、ビタミンC誘導体、レチノイン酸(ビタミンA)、クエン酸などの収れん作用を持つものがおススメです。

食事で脂性肌を改善

食事には皮脂分泌を過剰にするものと皮脂の分泌を抑えるものがあります。

栄養素でいえば

  • ビタミンC
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6


これらのビタミンを意識的に摂取することが効果的です。

ビタミンCには皮脂の分泌を抑えると収れん作用があり、皮脂の過剰分泌に対して効果があるだけでなく、抗炎症作用があるためニキビや吹き出物の改善や予防にも大きな効果を発揮します。

ビタミンCを食べ物から摂取するときは熱に弱く、壊れてしまうため生のままでとりましょう。

次にビタミンB2には体内にある中性脂肪を燃焼させることで皮脂の分泌を抑える効果と肌の新陳代謝を促進する効果があるためよく「美容のビタミンと呼ばれるほど肌にとって重要な栄養素です。

ビタミンB2が豊富に含まれる食品は豚肉、卵、大豆、乳製品などです。

最後にビタミンB6はビタミンB2の皮脂を抑える効果を助ける役割とホルモンバランスを整えて皮脂の過剰分泌を和らげる効果があります。

またビタミンB6は肌細胞を作る働きがあり、きれいな肌を作るには絶対に欠かせない栄養素です。

ビタミンB6が多く含まれるものにはマグロをはじめとした魚類、レバー、ニンニク、唐辛子があります。

バランスの良い食事の中にこれらのビタミンを取れるものを混ぜることで脂性肌は改善されます。

ただし一つの栄養素だけをとっても吸収率が悪かったり、栄養素は単独であまり効果を発揮しないのでしっかりと栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

生活習慣を見直せば脂性肌も治る

生活習慣によるホルモンバランスや自律神経の乱れによる脂性肌は生活習慣を改善しなくては改善されません。

充分な睡眠時間を確保することやストレスをためないことはもちろんですが他にも効果的な方法があります。

  • 湯船につかるようにする
  • 寝る直前までスマホを見ない
  • 禁煙を始める


これらの習慣も皮脂の過剰分泌を改善するのに効果的です。

湯船にゆっくりとつかることで副交感神経を刺激し男性ホルモンの分泌を抑えることができます。

さらに普段あまり汗をかくことがない人は湯船につかることで、弱っている汗腺を刺激し、皮脂が過剰に分泌されてしまっている肌のバリア機能を正常にするため皮脂分泌量が抑えられます。

脂性肌を治すための入浴のコツは入る前に水分をとって汗をかきやすい状態にして38℃~40℃くらいのお湯に30分ほどゆっくりつかるのが効果的です。

次に寝る直前までスマホを見ているとブルーライトによる影響を受け続けてしまいます。

ブルーライトには男性ホルモンを抑えてくれるメラトニンというホルモンの分泌をジャマしてしまう効果があります。

メラトニンが不足していると男性ホルモンが活発になり、皮脂の分泌量が増えてしまうようになります。

この男性ホルモンを抑えるメラトニンは周りが暗くなっているときに多く分泌される特徴があり、電気をつけたまま寝たり、明るい場所で寝てしまうとメラトニンが不足してしまうので、寝る1時間前には周りを暗くしておくことが必要です。

最後に禁煙を始めることも皮脂の分泌を抑えるのに効果的です。

タバコは体内で皮脂を抑える役割のあるビタミンCを破壊してしまいます。

さらにタバコは血管を収縮させて血行不良を起こしてしまい、肌に栄養が充分にいきわたらなくなり乾燥肌になり、皮脂分泌量が増えてしまいます。

そのため喫煙習慣のある人は禁煙を始めることで脂性肌を治すことにつながります。

生活習慣をすぐに変えることは難しいですがスキンケアや食事で脂性肌を改善してもまた脂性肌になってしまうので少しずつ改善していきましょう。

正しい洗顔方法で皮脂を落とす

皮脂を正しい洗顔方法で落とすことで脂性肌は改善されます。

皮脂が顔に残ってしまうとさまざまな肌トラブルの原因になるため不要な分はしっかりと落とさなくてはいけません。

まず洗顔料はある程度の洗浄力があるものが必要です。

脂性肌の場合はマイルドすぎて皮脂を落としきれないのも、強すぎて肌の乾燥を悪化させるものも脂性肌を悪化させてしまうのでよくありません。

脂性肌の場合は角栓が毛穴につまっていることも多いので肌荒れがなければ弱アルカリ性のものを使用することをおススメします。

次に洗い方ですが、男性の顔には皮脂がたくさん出る場所と乾燥によりカサツキやすい場所があります。

おでこから小鼻にかけてのTゾーンと言われる部分は皮脂が非常に分泌されやすく、口周りやアゴ周りの毎日ヒゲソリをしている部分は皮脂が少なく、乾燥とヒゲソリによるダメージでカサツキや粉っぽくなりやすい特徴があります。

そのため洗顔料をしっかりと泡立てた後におでこや鼻に泡をのせて洗い始めます。

次に頬を優しく洗い、口周りやアゴ周り、皮膚の薄い目の周りは最後に洗っていきます。

こうすることで皮脂の多い部分はしっかりと、皮脂の少ない部分はマイルドに洗うことができるので脂性肌に効果的な洗顔方法になります。

より詳しい洗顔の説明は正しい洗顔をすればニキビや肌荒れといった肌トラブルは防げる!にまとめているので脂性肌以外にも使える方法なのでぜひご覧ください。

まとめ

テカりやニキビなどの肌トラブルを起こしてしまう脂性肌。

肌が汚い男がきれいな肌を手に入れるための方法!でも触れましたが男性にとって清潔感のある見た目を作ることは仕事や恋愛を含めた対人関係で有利に働きます。

肌のトラブルは生活習慣を正しくしたり、スキンケアに真面目に取り組むことで案外あっさり解決することもあります。

自分の脂性肌になった原因を分析し、うるおいのある肌を手に入れましょう。