男性の肌について

【男のニキビ跡を完全に消す!】今日から出来るたった1つの方法


ニキビ跡が出来てしまう原因

ニキビが出来た後に残ってしまう「ニキビ跡」。

ニキビが出来たまま放置してしまったり、無理やりニキビをつぶしてしまったりすると、ひどくなってしまいます。

特に男性に多くみられるこの「ニキビ跡」は、肌を汚く見せるだけでなく、老けて見られる原因にもなってしまいます。

これはニキビの炎症がひどくなることで「肌に大きなダメージ」を与えてしまい、その後ニキビが治ったとしても、肌にダメージの跡が残ってしまう事が原因です。

肌へのダメージが真皮層にまで到達してしまうと、ターンオーバーでの排出が出来なくなり「ニキビ跡」として残ってしまうのです。

ニキビ跡の種類


ニキビ跡

ニキビ跡には

  • 色素沈着によるもの
  • 赤みが残るもの
  • 皮膚表面がクレーターのようにへこんでしまうもの

など様々な種類が存在します。

「色素沈着によるニキビ跡」は、茶色や赤黒いような色で、その色がそのまま肌に残る事が特徴です。

茶色く残った色素沈着は、表皮と真皮の境目付近に「メラニン色素」が残る事が原因で起こります。

ニキビによる炎症が起こった際に、肌を守るために大量の「メラニン色素」が発生し、それが原因となって色素沈着してしまうのです。

赤黒く残った色素沈着は、血液に含まれる「ヘモグロビン」が真皮に残ってしまう事が原因で起こります。

これも、ニキビによる炎症が原因となり、真皮にある毛細血管から出血が起こってしまい、その血液が時間がたつと赤黒く変化していき「ニキビ跡」を作ってしまうのです。

「赤みが残るニキビ跡」は、

  • 肌の内部でまだ炎症が続いてる場合
  • 炎症を治すために毛細血管が集まっている場合
  • 皮膚が薄くなり血管が透けて見えている場合

この3パターンが原因として考えられます。

これら3つのパターンが、表皮でなく真皮内で起こってしまうと、なかなか消えにくい「ニキビ跡」になってしまいます。

最後に「クレーターのようにへこんでしまうニキビ跡」ですが、こちらもへこみ方によって種類があり、

  • アイスピック型
  • ローリング型
  • ボックスカー型

の3種類に分けられます。

まず「アイスピック型」と呼ばれるものですが、針で突き刺したように幅が狭く、深い穴が開いているのが特徴で、真皮よりも奥深いところまで到達しています。

次に「ローリング型」ですが、こちらは幅が広く、真皮のあたりまで半円状に深めの穴が開いているのが特徴で、ファンデーションやコンシーラーで隠すことが出来ないくらい、大きく陥没している事が特徴です。

最後に「ボックスカー型」は、「ローリング型」と同じように幅が広い穴ですが、底が平らになっており、他の2種類と比べると、最も目立ちやすいニキビ跡となっています。

※「クレーター状のニキビ跡を治す方法」は、色素沈着や赤みのあるニキビ跡と異なり、完治させるには自力のケアだけでは非常に難しく、専門的な治療が必要となるケースが多いため、後で分けて説明をしていきます。

ニキビ跡を消す方法

ニキビ跡を消すために「最も効果的な方法」は、ターンオーバーを正常にし、ニキビ跡のある角質をはがして、新しい細胞にすることです。

ターンオーバーが正常に行われていれば、本来ならば古い角質が剥がれ落ちるのと同時に、ニキビ跡はだんだん薄くなっていくのですが、ターンオーバーが乱れていると、ニキビ跡のある角質層が肌内部にいつまでも残ってしまい、ニキビ跡がなかなか消えないようになってしまうのです。

つまり色素沈着や赤みのあるニキビ跡は「ターンオーバーを正常にすれば完全になくすことが可能」なのです。

そして、ターンオーバーを正常に戻すためには「正しい生活習慣」「スキンケア」が重要となります。

ターンオーバーが乱れやすい人の特徴として、

  • 慢性的な寝不足
  • 血行不良
  • 運動不足
  • ストレスがたまっている
  • スキンケア方法が間違っている
  • 食事が脂っこいものばかり

などの特徴が考えられます。

ですので、これらの特徴に当てはまる人は注意が必要です。

ストレスについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

【やられる前にやる!】最も効果的なストレス解消方法とは

ターンオーバーには睡眠が重要

ターンオーバーは寝ている間に行われるため、充分な睡眠時間を取らないと乱れが生じます。

ターンオーバーが始まってから、だいたい6時間ほどで終わるといわれているため、最低でも6時間以上の睡眠時間が必要です。

睡眠時間の中でも就寝後3時間が特に重要で、眠ってから3時間の間に「成長ホルモン」が最も分泌されるため、ターンオーバーの質がグンと上がります。

そのため「寝る直前の食事」「アルコール」「スマートフォンやパソコン」は、睡眠の質を著しく低下させてしまうので控えましょう。

睡眠についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

【しっかり寝れてますか?】質の良い睡眠は健康な肌を作る秘密!

ビタミンを多く含むものを食べる


pexels-photo-68899
ビタミンには「ターンオーバーを整える効果」があります。

ビタミンを多く含む食べ物には野菜類が多いため、意識して普段の食事に野菜メニューを追加するか、難しい場合は「サプリメント」で取り入れる方法もあります。

ただし加熱処理をしてしまうと、ビタミンは効果を失ってしまうため、サラダなどの「生の状態」で摂取しましょう。

さらにビタミンには「肌荒れを抑える効果」もあるため、新しくニキビが出来ないように意識して食事に取り入れましょう。

ビタミンについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

【ビタミンについて知ってますか?】肌を良くするビタミンの効果

血流を良くすることが重要

ターンオーバーを行うためには、新しい細胞を作らなくてはいけません。

細胞を新しく生成するには「栄養」と「酸素」が必要になります。

そのため、血流を良くして「栄養」や「酸素」をより多く運べる環境を作ることが、ターンオーバーの促進に大きく影響するのです。

逆に言えば、血流が悪いままだと、いくら食事で「栄養」を取り入れたとしても、体中にいきわたらなくなってしまうため、ターンオーバーに乱れが出てしまいます。

血行を悪くしてしまう原因は「疲労」「寝不足」「ストレス」「喫煙」「冷え」があり、これらは交感神経を優位にしてしまうため、血管が収縮してしまい、血流が悪くなってしまいます。

これらのことに注意をして「ターンオーバーを促進」し、ニキビ跡対策に取り組みましょう。

喫煙についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

喫煙者こそスキンケアが必要な理由!タバコが与える肌への影響!

クレーター状のニキビ跡の治し方

クレーター状のニキビ跡は他のニキビ跡と症状が異なり、底の浅いクレーター状のニキビ跡以外は「ターンオーバーでは治すことが出来ません」

ターンオーバーで治すことが出来るのは「表皮」までで、クレーター状のニキビ跡は「真皮」や、その下にある「皮下組織」までダメージが到達しているため、自力で完璧に治すことはほぼ不可能です。

しかし皮膚科で専門的な治療を行うことで、ニキビ跡を消すことが可能です。

破壊されてしまった真皮の細胞を再び増やすことで、クレーター状のニキビ跡は消すことが出来ます。

実際に皮膚科で受けられる治療には、

  • レーザーを細胞にあてることで活性化させる方法
  • クレーターになった部分にFGFを直接注射する方法

などがあります。

「レーザーを細胞にあてて治す方法」は、クレーターになってしまった細胞を1度破壊し取り除くことで、ニキビ跡周辺の細胞を入れ替えて、クレーター状のニキビ跡を治す方法です。

レーザーの種類やクレーターの深さ、範囲などによって大きく治療にかかる料金が変わってくる事や、治療後に腫れやかさぶたが出来てしまうので、1週間ほど患部を清潔にし、ガーゼを付けておかなくてはいけないこと、肌を大きく傷つけてしまうこと、などがあるので注意しましょう。

次に「クレーターになっている部分にFGFを注射で直接うつ方法」は、細胞を増やす能力をもつ「FGF」を直接ニキビ跡に打ち込むことで、細胞が増殖し、へこんでいたクレーター部分に新しい細胞を作りニキビ跡を治す方法です。

副作用が少なく、効果もほぼ永久的に続く方法ですが、必要以上にニキビ跡がふくらんでしまい、しこりのようになってしまうような失敗が起こった例もあるため、FGF治療の経験が多い医師を探すなど「信頼できる医師選び」が必要です。

こういった専門的な治療なしでは「クレーター状のニキビ跡を完全に治すことはかなり難しい」ので、自分自身でクレーター状のニキビ跡を治そうとしていた方は、1度専門医に相談してみましょう。

治療を受けたい範囲が広くなってくると、完治までに100万円以上の治療費がかかってしまうこともあるため、ニキビができた時点で間違ったケアをしないことが最も重要です。

間違ったケアはニキビ跡を悪化させる

ニキビ跡のケアを間違ってしまうと、肌を傷つけてしまいクレーター状のニキビ跡になったり、全くニキビ跡が改善されないといったことが起こってしまいます。

ニキビ跡がひどくなってしまうのは「刺激を与えてしまい、炎症がひどくなってしまった場合」がほとんどです。

洗っていない手で触りすぎて「雑菌が繁殖」してしまう、無理やりニキビをつぶしてしまう、といった「間違ったケア」を行ってしまうと、肌の真皮までダメージが到達してしまい、自分のケアだけでは消すことが出来ないニキビ跡を作ってしまいます。

洗顔やタオルで顔を拭くときの「こすれ」も、ニキビに強い衝撃を与えてしまうので、優しくこすりすぎないように細心の注意を払う必要があります。

ニキビが出来てすぐのケアを間違えると、肌に大きなダメージを与えることになり、クレーター状のニキビ跡が出来る原因になるので「正しいケア」を行うことが重要です。

その他ニキビケアについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

【男のニキビ】治す方法まちがってませんか!?

まとめ

いつまでも残って「コンプレックス」になってしまうニキビ跡。

しかし、時間がかかってしまったとしても「正しい対策」をすればニキビ跡は消すことが出来ます。

諦めて悩み続けるだけでなく、今からすぐにでも対策を始めましょう。

男性の肌について徹底的に研究し
「保湿」「整肌」「エモリエント」「エイジングケア」に特化した「40種類以上の保湿美容液成分」をたっぷりと配合!!一本完結の【メンズオールインワン化粧水NOTOMANIA8(ノトマニア8)】を是非一度お試し下さい。