男性の肌について

保湿なしではアンチエイジングはできないわけ!


保湿の重要性とは

肌を保湿することは若々しさを保つうえで欠かせません。

これは若さを象徴する肌の柔らかさ、ハリ、キメの細かさは肌に含まれる水分により成り立っています。

年を重ねるにつれ肌は水分をキープすることができなくなっていき、シワやカサつきが目立つようになり老けた印象を与えるようになっていきます。

つまり肌の水分保持量をいかにキープし続けることができるのかがアンチエイジングの基本になってきます。

保湿とは何をすることなのか?

保湿
保湿とは皮膚表面に水分を与えてうるおいを保つことを言います。

角質層というわずか0.01~2mmほどの部分が肌の水分を保持する役割とバリア機能を担っています。

この角質層の保湿がうまくいっていないと水分を失い、バリア機能も働かなくなるため乾燥肌、敏感肌になってしまいます。

そして水分がどんどん失われていきシワが目立っていくようになります。

ちなみに化粧水だけで保湿できると考えがちですが、化粧水はほぼ水分なのでそのまま放置していれば蒸発するだけなので、保湿クリームなど油分のあるものでカバーしないことには保湿は完結しません。

正しい保湿の取り組み方

正しい保湿の順番は「洗顔⇒化粧水⇒クリーム」が基本です。

まず洗顔で汗や汚れ、余分な皮脂を落とします。

洗顔の際にゴシゴシとこすることや脱脂力の強すぎるものを選ぶことはNGです。

肌にダメージを与えてしまったり、乾燥を誘発してしまいます。

次に化粧水で肌を整えながら水分を与えます。

敏感肌の人はアルコール入りの化粧水など刺激物があり肌に合わないことがあるため、自分にあったものをしっかり選ぶことも大切です。

また化粧水をつけてスキンケアを終わらせてしまうと、蒸発するときに角質層にもともとあった水分までともに蒸発してしまうため過乾燥を引き起こすことになってしまうため注意しましょう。

最後にクリームです。

化粧水で補った水分を閉じ込める役割だけでなく、保湿成分やバリア機能を向上させる成分など肌に必要なものが含まれているためどんなものを選ぶのかが重要です。

アンチエイジング、乾燥肌対策、ニキビ予防など自分が最も必要としている成分の含まれたものを選びましょう。

美容液や乳液を使用する人は化粧水の使用後、クリームの前に使用しましょう。

まとめ

保湿はスキンケアの基本です。

見た目の衰えが気になってきたり、肌の調子が悪いと感じてきたらすぐに始めましょう。

何種類もつけるのめんどくさく感じる人は1本にすべてまとまったオールインワンタイプを使用しましょう。