ライフスタイル

【5分でわかる!】老けて見える原因と若く見える人になる方法!


あなたは何歳に見られますか?


見た目年齢

自分の年齢を相手に明かした時にあなたはどんな反応をされますか?

若く見られる、老けて見られる、年相応に見られるといった3つの反応のどれかでしょう。

男性の場合は年齢が上がるにつれて、同じ年齢でも見た目年齢に劇的な差が生まれます。

20代後半から30代になってくると、どちらの意味でも同い年に全く見えない人に出会う機会も増えてくると思います。

では相手は自分の年齢をどこで判断しているのか考えたことはありますか?

また自分はどこで相手の年齢を判断しているのか考えたことはありますか?

本日は男の見た目年齢を決める基準老けて見られないための方法について解説していきましょう。

肌は年齢を判断するための要素が多い


肌の年齢

肌は年齢を判断するための要素が多く、男性はメイクをしないためありのままの状態を見て判断されることになります。

年齢を判断するための情報として

  • 毛穴
  • シワやたるみ
  • 肌質
  • シミやくすみ

などがあります。

肌の老化が進行していれば当然実年齢よりも老けて見られるようになり、肌がきれいであれば若く見られることになります。

老けて見られてしまう肌の老化現象は、清潔感がなくだらしない印象も与えてしまい、実年齢より10歳も20歳も上に見えてしまうことがあります。

年齢とともに毛穴の広がりや、深く刻まれたシワ、顔全体のたるみやくすみ、消えないクマやシミといった肌トラブルが目立つようになります。

スキンケアに取り組んでいる人と何もしなかった人では老化スピードが大幅に変わるので、すぐにでもスキンケアの習慣を身につけましょう。

詳しいスキンケアや老け顔改善に効果的な方法はこちら

髪型で見た目年齢は10歳変わる


髪型

髪型も見た目年齢を大きく左右する要素の1つです。

見た目年齢を左右する要素は

  • 前髪
  • 分け目
  • 流す方向
  • 動き
  • シルエット

これらの組み合わせです。

若く見えるヘアスタイルは前髪があり、くっきりとした分け目を作らない、毛流れが前に向いていて毛束に動きがある、トップが高くハチ周りを抑えたひし形のシルエットになります。

これらの条件を満たす髪型は、雑誌やヘアカタログに多数載っているので髪型を選んでいるときに見かけることが多いと思います。

反対に老けた印象を与えてしまうヘアスタイルはオールバックをイメージするとわかりやすく、おでこがすべて出ていて、毛流れが後ろに向かっていて毛に動きがない状態は老けて見えやすくなります。

最もしてはいけない髪型は、シルエットが四角形でトップにボリュームがなく、しっかりと前髪を分けてしまうと代表的な中年のおじさんの髪型になってしまうので絶対にやめましょう。

どんな髪型にするのかは美容師さんに相談することが一番確実です。

スタイリング方法やワックスの付け方なども聞いて普段から理想のヘアスタイルを作れるようになりましょう。

体系は年齢があらわれる


若く見える体型

姿勢や体型も年齢を判断するための情報が多く、見た目年齢を判断される基準の1つです。

引き締まった体や、背筋がきれいな姿勢は若々しく活発な印象を与え、反対に太っていたり、痩せすぎ、猫背は体の衰えを印象付けるため老けて見られやすくなります。

30代の中盤ごろから男性は曲がり角を迎えると言われており、代謝が急激に落ち始め、体力がなくなってきたことも実感する時期になります。

このころから体型が急激に変化して、年齢が同じでも見た目年齢に大きな差が付きます。

体型のキープは老けて見られないために必須です。

筋肉量を落とさず、脂肪を余分にため込まないために運動する習慣を身に着けることや、食べ過ぎと飲みすぎには充分注意することで若く活力のある印象を手に入れましょう。

痩せるための運動方法は効率よくダイエットするには正しい知識で運動しよう!を、体全体のアンチエイジングは【老化を感じるようになったあなたへ】周りと差がつくアンチエイジング法

服装があってないのは致命的


若く見える服装

服装のセンスが古いことやサイズ感があってないのは老けて見えてしまう原因の1つです。

30歳を超えてくると外見に気を使わなくなり、楽だからという理由で自分の体系にあっていない大きめの服を選んでしまう人が多くなります。

大きすぎる服はだらしなく見えてしまい清潔感がなくなります。

しかし服のサイズ感と体型さえあってれば老けて見えることもダサく見えることもなくなります。

またトレンドに無頓着すぎるのもよくありません。

自分が興味がなくなって流行を追わなくなっても毎年トレンドは変化していきます。

あまりにも時代遅れなファッションは周りから浮いてしまいます。

古臭すぎないセンスをキープするのも若く見えるためには必要な要素です。

身だしなみに気を配るのは仕事でも必要なスキルです。

気を抜かないように気をつけましょう。

内面は外見に表れる


内面を表す光

性格や趣味嗜好、話す内容や考え方にも年齢を判断するための情報は多くなります。

行動力があり、活力にあふれている人は何歳になっても若く、魅力的に見えまし、反対に活力がなかったり、新しい物や文化になじみがない、熱中していることがないと老けて見えてしまいます。

内面が若々しい人は明るく表情が豊かな人が多く、老けた印象の人は元気がなく無表情な人が多いといった風に外見にも影響を与えます。

若々しくいるためには自分の内面から若く保つことが必要です。

新しいことに挑戦したり、若い人と話す機会を持つことで内面の若々しさを保ちましょう。

また新しいものを生活に取り入れることで趣味嗜好や価値観に最新のものを取り入れましょう。

まとめ

男性が老け込む瞬間はいきなり訪れます。

同窓会で久しぶりに会った友人がまるで別人のように老け込んでいて驚いたことのある人は大勢いるでしょう。

しかし同じ年齢なのに10歳以上若く見える人は世の中に数え切れないほど存在します。

早くからオジサン化しないためにも常に自分を若く保つ努力をしておきましょう。

周りに圧倒的な差をつける男を目指しましょう。