男性の肌について

男性のための化粧水の選びかたと使い方


男性の肌と化粧水

Tゾーンは脂っぽくなりやすく、口周りやアゴ周りはヒゲソリの影響で乾燥と角質層が傷ついてカサカサになりやすいのが男性の肌の特徴です。

化粧水は洗顔後の肌に一番初めにつけるものであり、肌に水分を与えて保湿する効果と、肌のキメを整える効果があります。

洗顔後の肌は水分が急速に蒸発して、肌にもともとある水分まで奪っていきます。

男性の肌はもともと女性の半分ほどの水分量しか保持していないためより乾燥しやすい状態になってしまいます。

つまり男性にとって化粧水は乾燥や脂性といった肌トラブル、シワやたるみといったエイジング現象を予防、改善するために絶対に必要なスキンケアアイテムと言えるでしょう。

男性の肌にあった化粧水とは


化粧水

男性用の化粧水は女性用のものと比べてまだまだ品質の高いものが少なく、アルコールが多く含まれていてさっぱり感をアピールしているが肌への刺激が強すぎて乾燥肌やニキビができている肌に相性が悪すぎるもの、スキンケア知識が少ない男性に対して香料で高級感を演出して価格が非常に高いものが多いため購入者側にも或る程度の知識が求められる状況です。

化粧水はほとんどの成分が水でできています。

そのため保湿し肌に潤いを与える能力は実はそこまで高くありません。

化粧水を選ぶ時に重要なのは水になじみやすい肌への栄養物質が多く含まれていることです。

ただし化粧水だけぬっても逆効果であると言われているのは水分が多いので放置してしまうと蒸発してもともと肌が持っていた水分も道連れにして奪ってしまうからです。

化粧水にピッタリの成分とは

効果的な成分でおススメなのはビタミンC誘導体、セラミドが含まれているものがいいでしょう。

ビタミンC誘導体は肌を整える、ニキビ予防、肌の老化予防、シミの予防改善など様々な効果を持つ優れた成分です。

ただしビタミンC誘導体は種類が多く成分表記には

  • リン酸アスコルビル酸ナトリウム
  • テトラへキシルデカン酸アスコルビル
  • アスコルビル酸グルコシド

といった難しい名前になっているためじっくり見ないとはいっているのかわかりにくい欠点があります。

セラミドは表皮の角質層(表面)をうるおす役割をもつため乾燥しやすい男性の肌には最適です。

この成分はもともと人間の肌に含まれていますが加齢とともに減少していく物質です。

セラミドの中でも最も保湿力があり、肌の乾燥と大きくかかわりがあるセラミド2が入っているものを選ぶのがおススメです。

セラミド2が肌に含まれている量が減少していくと肌は乾燥していくため補ってあげる必要があります。

スキンケアは化粧水から

保湿をするための工程は化粧水から始まります。

化粧水の成分が良くないと乳液、クリームを使用してもパフォーマンスを発揮しきれません。

自分にあった化粧水を選ぶことでスキンケアの質を上げることができます。

乾燥、脂性にお悩みの方は一度化粧水を含むスキンケア用品を一度見直してみましょう。