ライフスタイル

【海外旅行に行く前に知っておこう!】肌や髪の毛に悪影響を与える硬水とは?


皆さんが毎日浴びているシャワーの水。

あまり気にしたことがない人は多いと思いますが、

実はシャワーから出る水の質は

肌や髪の毛に大きな影響を与えているのです。

硬水が引き起こす現象

フランス南部は、

水質が硬水(水に含まれているミネラル、特にカルシウムやマグネシウムの濃度が高い)で有名です。

普段使っている水道水が硬水であるとどんなことが起きるのかというと、

まず蛇口に結晶化したミネラル成分で詰まることがあります。

また、湯沸かしポットの内部にある熱線は、特にミネラル成分が結晶化しやすいようで、

数日使うと貝殻くらいの厚さの結晶が出来てしまいます。

コーヒーメーカーなど、細いチューブに水を通すような機械の場合、

かなりの頻度でカルキ取りの薬品を入れて

結晶化したミネラルを取り除かなければ故障の原因になってしまいます。

また、硬水で洗濯をすると、

洗い上がりがゴワゴワした感じになってしまい、

柔軟剤を入れてもふんわりとした手触りにはなりません。

特に困るのが、水垢が付きやすくなるということ。

特に水道周りは、撥ねた水がそのまま乾くと、

水に含まれていたミネラル分だけが残り跡になってしまいます。

なぜ硬水になるのか

それには、南仏の土壌の特殊な点を知る必要があります。

実は、南仏を含めた地中海沿いの一帯は、

西はスペインから、東はギリシャのあたりまで、遥か昔は海に沈んでいたのです。

(ギリシャ文明やローマ文明が栄えるよりも、遥か昔の話です)

そのため、今でもここら辺の土を少し掘れば

巨大な牡蠣の貝殻の化石(20~30cmほど)などが出てくるのです。

そして、こういった貝殻の化石に含まれるミネラル成分が、

雨によって大地に降り注ぎ、地面にしみ込んだ水のなかに徐々に溶け出して、

ミネラル豊富の水になるのです。

体への影響は?


ミネラル

こんなにいろいろなものに影響を与えている硬水は、

もちろん体にも影響を及ぼします。

硬水で体を洗うと、

軟水(含まれているミネラル分の濃度が低い水)の時に比べて、

洗い上がりの肌の乾燥が感じられるのです。

それは何故なのかという理由を海水で説明すると、

海水には塩が多く含まれているので、塩というミネラルを大量に含む海水は硬水となります。

人体より海水のほうが遥かに塩の濃度が高いため、

海水に入った人間の体からは、

浸透圧の影響で水分が一方的に海水へ流れ出てしまうのです。

これと同じ理由から、人体より多くのミネラルを含む硬水で体を洗うと、

水分が流れ出し肌の乾燥が感じられるのです。

シャワーの水の場合は、

そこまで浸透圧の影響は受けないので皮膚の乾燥は海水ほどではないのですが、

それでも数日間南仏の水で体を洗っていると肌がカサついてくるのです。

酢で髪を洗うフランス人

肌に悪影響を及ぼす硬水は、

同じくタンパク質でできている髪にも良くない影響を起こします。

つまり、硬水で洗った髪の毛は乾燥して傷んだ、ゴワゴワとした手触りになってしまうのです。

この問題を解決するためにフランス人の考えだした策はスゴイです。

硬水、つまりミネラルを多く含んだ水というのは、アルカリの性質を持っています。

アルカリ性の水を中和させるには酸性の液体を加えればいい。

ということで、フランス人の中には髪の毛が傷んだと感じたときには、

まず酢で髪を洗って、お酢の持つ酸性の力でシャワーの水を中和するのだそうです!

臭くならないんでしょうか…

日本の水は肌にやさしい?

そんな南仏の水に比べて、

日本の水はとても肌にやさしいのです。

その証拠に、欧米の人と日本人の肌質を比べてみてください。

個人差はありますが、比較的日本人の肌は年の割にキメの細かさを保っていると思います。

欧米の場合、大体どこでも硬度の高い水が流れているため、

一般的に肌にダメージを受けやすい生活環境となってしまうのです。

日本の水の落とし穴

でも、気を付けてください。

確かに水質は柔らかくて肌にやさしい日本の水ですが、

意外なところに落とし穴があります。

それは水道水に含まれる消毒薬などです。

日本の水、特に東京の水道水の浄水設備というのは、

一昔前と比べて格段に改善されたため、

今では水道水から塩素の強いにおいがするということはなくなりました。

それでも私たちが日々口にしている水道水には微量ながらも

しっかりと肌にダメージを与える物質が含まれているのです。

家庭のシャワーでできる対策としては、

シャワーヘッドにイオンの力で有害物質を取り除くものなどが売られているので、

簡単に対処法が見つかると思います。

毎日浴びるシャワーだからこそ、水質にはしっかり気を配りたいものです。