男性の肌について

これだけは知っておきたい!肌にいいこと、悪いこと


普段の生活で肌は変わる

普段の生活の中で何気なくやっていることにも肌に対していいことと悪いことがあります。

1回ではそれほど影響を感じないのですが毎日繰り返している習慣であれば年齢とともに肌に大きな変化をもたらす原因になってしまいます。

自分の毎日の生活習慣を思い返しながら無意識にしていることが肌にとってどのような影響を与えているのか確認していきましょう。

肌に影響を与えるものとは

肌に対して影響を与えるものには

  • 食生活
  • 生活習慣
  • 外気
  • 摩擦などの刺激

などがあげられます。

これらは取り組み方次第で肌がきれいになったり、反対に肌荒れや老化を早めてしまう原因になります。

肌にいいことを実践しよう!

食生活と生活習慣が規則正しければ肌はきれいになっていきます。

具体的に肌にいい食べ物はビタミン類やタンパク質を豊富に含むものがあります。

ビタミン類は肌をきれいにするのに欠かせない栄養素で、老化予防や肌荒れ、ニキビの予防、肌質の向上などビタミンの種類によって肌に様々な好影響を与えます。

緑黄色野菜や果物にビタミンは多く含まれます。

次にタンパク質は肌の原料となる栄養素です。

タンパク質がなければ新しい肌を作ることができないため、肌の新陳代謝や健康的な肌を保つために必要不可欠な栄養素です。

肉、魚、卵などにタンパク質は多く含まれるため毎日摂取している印象がありますが、厚生労働省の調査によると現代の食生活では不足している栄養素の1つであるため意識的に摂取することが必要です。

生活習慣は規則正しい習慣であれば体内の機能が正常に働き、正しいサイクルで肌の新陳代謝が行われるようになります。

古くなった肌を落とし、新しいものへと生まれ変わるため必然的にきれいな肌を保ち続けることができます。

他にも洗顔やスキンケアに取り組むこと、運動や入浴などの血行促進につながることも肌に多くの好影響をもたらしてくれます。

スキンケアに関しては

肌に悪いことは意外と多い

肌に悪い影響を与えてしまう原因となるのは食生活と生活習慣の乱れや、普段何気なくしてしまう癖などまで様々なものがあります。

食生活の乱れは肌に必要な栄養分が充分に補給されず、肌荒れにつながったり、皮脂量が過剰に分泌されるようになってしまうなどのありとあらゆるトラブルにつながります。

生活習慣の乱れの代表的なものには睡眠不足やストレス、体を冷やしてしまう生活などがあります。

これらは体内の機能が低下してしまうことにつながり、肌の新陳代謝や修復機能まで乱れてしまい、どんどん肌の状態が悪化していきます。

食生活や生活習慣の乱れによる肌の不調は体内の機能が正常に戻るまで改善されないので要注意です。

次に肌は体の一番外側に位置することから紫外線や外気の影響を直接受けてしまいます。

特に夏場の紫外線と冬の乾いた空気は肌にとって大きなダメージを与える原因になってしまいます。

紫外線は老化に肌内部の細胞にまでダメージを与え、老化を加速させてしまいますし、乾燥した空気は肌の乾燥や肌荒れ、しわの増加といった深刻な肌トラブルになります。

夏場は日焼け止めを欠かさないこと、冬場はしっかりと保湿ケアに取り組むことを習慣にしておかないと年々ダメージが蓄積されていき、取り返しがつかなくなってしまうため今からすぐにでもケアしていきましょう。

紫外線に関する詳しい対策は【必見!】日焼け後の正しいケアで老化を防ぐをご覧ください。

最後に顔に触れる癖やタオルや枕などで強くこすってしまうことも肌にとっては大きな負担になってしまいます。

手には細菌が多く生息しているため、触れる機会が多くなるほどニキビや吹き出物ができてしまったり、摩擦が加わり続けるとシワができてしまいます。

これらは癖になってしまっていることが多く、同じ肌トラブルに悩み続けることになります。

癖をなくすことでしか解決が難しい問題なので意識して改善していきましょう。

まとめ

肌にとっていいこと、悪いことは積み重ねによって将来的に大きな違いとして表れます。

若いうちは変化を感じることは少ないかもしれませんが、30代ごろから急激に見た目に変化が表れて周りの友人よりも5歳以上老けて見られるといったことになる可能性もあります。

日々の何気ない習慣の恐ろしさを軽視せず、若く健康的な見た目を保ち続けましょう。