男性の肌について

究極のアンチエイジングをもたらすEGFとは?


EGFとは


top1 [76673]

若返り効果があると言われNOTOMANIA8にも含まれるEGF(ヒトオリゴペプチドー1)。

2005年から化粧品への配合が日本でも許可されアンチエイジングを目的とした化粧品やエステなどで見かけることも多い成分の1つです。

発見当初は再生医療の分野で活躍し、新しい細胞を作る力があるためやけどや大きなけがをして失われた皮膚を再生するために活用されて、実用性が認められた後にノーベル賞を受賞しました。

当時は非常に希少な成分であったため1gあたり8000万円もする高価な成分でした。

もともとEGFは人体に存在する成分なのですが20歳以降はどんどん減少し、自分で作ることはできない特徴があります。

EGFがもたらす肌への効果

EGFは肌のターンオーバーを促進する効果があるため、肌の細胞を新しいものへと生まれ変わらせる効果があります。

肌表面が古い角質のままであると透明感が失われる、キメが粗くなり毛穴が目立ったり、老けた印象を与えることになります。

ターンオーバーの促進により古い角質を新しい細胞に生まれ変わらせシミやそばかすを薄くしていく効果も期待できます。

アンチエイジングにEGFは欠かせない

肌は見た目の印象を大きく左右します。

透明感やみずみずしさといった若さを感じる肌を実現するにはターンオーバーが乱れた古い角質が残った状態では不可能です。

古い角質の残った状態だと手触りが悪くなり、ザラザラしたりデコボコしていることを感じるほどになってきます。

老けた印象を与えないためにもEGFの含まれる化粧品を選ぶことはアンチエイジングには必須だと言えるでしょう。

ただし、ターンオーバーによる肌の入れ替わりは正常な状態で28日周期で行われます。

途中でスキンケアをやめてしまっては効果を見込むことはできません。

さらに30代で約40日、40代で約55日、50代で約75日と倍以上の期間がかかるようになっていきます。

年齢を重ねるにつれ傷やシミが残りやすいのは新しい肌ができるまでに2か月ほどかかるようになってしまうためです。

キレイな肌をつくるためのEGF。

EGFの含まれる化粧品に注目してみるのはいかがでしょうか?